看護師に年齢制限があるって本当?転職活動における影響とは

031_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「30代後半や40代以上だと看護師の転職は難しいのでは?」
  • 「年齢制限があって採用されにくいのでは?」
  • 「今の経験やスキルを活かせる職場はあるの?」

このような疑問や不安を抱えている看護師の方も多いのではないでしょうか。

看護師の転職では、職場によって年齢の好みがあることは事実です。新卒や若手を積極的に採用する職場もあれば、ベテランの経験を重視する職場もあります。

そのため、自分の年代では転職が難しいのではないかと不安になる看護師も少なくないでしょう

本記事では、下記の点について解説します。

  • 看護師転職に年齢制限はない
  • 年代ごとの看護師の転職事情と成功のポイント
  • 20代・30代の看護師が転職しやすい職場
  • 40代・50代の看護師が転職しやすい職場と転職成功のコツ

本記事を読むことで、自分の年代に合った転職先の選び方や、転職活動で自身の強みを活かす方法がわかるでしょう

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. 看護師転職の年齢制限について

031_1-0_看護師転職の年齢制限

看護師の転職には年齢制限が存在しない一方で、実際に年齢が採用に影響することがあります。

この章では、その事例について詳しく解説します。

1-1. 看護師の転職に年齢制限はない

看護師の転職において、年齢制限は設けられていません

2007年の「雇用対策法」改正以降、第9条に「募集や採用の際は、年齢に関わらず求職者に均等な機会を与えなければならない」と定められているためです。

また、厚生労働省も、事業所向けに「年齢制限禁止パンフレット」を配布して、応募者を年齢で判断しないよう周知しています

一部例外を除いて、求人や採用に年齢制限を設けることは禁止されています。年齢を理由に求人に応募できないというケースは、ほとんどないといえるでしょう。

なお、看護師の免許に有効期限はないため、一度資格を取得すれば年齢に関わらず定年まで看護師として働くことが可能です。

厚生労働省の調査によれば、看護師養成校の入学者の約16%は25歳以上の社会人であり、准看護師養成課程においてはその割合が50%を占めています

これは、年齢に関わらず看護師になることが可能であり、子育てを終えた30~40歳の女性が看護師資格を目指す傾向が増えていることを示しています。

1-2. 看護師の年齢が採用に影響することがある

求人や採用において年齢制限は禁止されているものの、実際に看護師の年齢が採用結果に影響を及ぼすことはあります。

年齢は求職者のスキルや経験を判断する一つの要素として考慮されることがあるからです。

求職者の年齢は、その人の経験やスキルを示す指標として使われることがあります。

例えば、経験豊富な看護師を求める職場はベテラン看護師を好む傾向がありますし、逆に学習意欲が高く成長見込みのある看護師を求める職場は若手看護師を選ぶことがあります。

駒田
駒田

ただし、これらはあくまで一部の事例であり、全体としては年齢による差別は禁止されています

2. 20代・30代の看護師が転職しやすい職場

031_2-0_20代30代が転職しやすい職場

この章では、20代・30代の看護師が転職しやすい職場や職種をご紹介します。それぞれの職種に適した看護師の特徴も解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1. 急性期病院

20~30代の看護師にとって、急性期病院は転職しやすい職場と言えます。

急性期病院では、以下の理由から若い看護師が求められています。

  • 重症患者の対応が多く、体力が必要とされるため
  • 夜勤ができる看護師が必要とされるため
  • 長く働いてもらいたいという考えから、若い看護師が好まれるため

急性期病院は緊急対応が必要な患者が多く、ベッドの回転率も高いため、体力やスピード感が求められます。このような環境では、若い看護師が有利になります。

また、急性期病院では最新技術を導入する職場も多く、若手看護師が経験を積むには適した環境です。

以上の理由から、20~30代の看護師が転職しやすい職場として急性期病院が挙げられます。若手看護師は、急性期病院で経験を積んでスキルを磨くことができるでしょう。

2-2. 美容クリニック

20~30代の看護師は、美容クリニックでの転職が有利となることが多いです。

美容クリニックでは以下の理由から、若い看護師が転職で有利となります。

  • 患者層が若いため、同年代の看護師が親しみやすさを感じさせることができる
  • 接客が重要であり、若い看護師のコミュニケーション力が求められる
  • 皮膚科や手術室の経験を積んでいる若い看護師は、即戦力として重宝される

美容クリニックの求人には、年齢制限が禁止されていますが、それでも若いスタッフが多い職場と表記されている場合があります。これは、採用側が若い看護師を求めていることを示しています。

ただし、実質的なスキルを重視している美容クリニックもあり、30代・40代の看護師でも転職が可能な場合があります

▼美容クリニックの仕事内容・平均収入・向いているタイプについては、次の記事をご参照ください。

2-3. 大学病院

20~30代の看護師は、大学病院での転職が有利となることが多いです。

大学病院で若い看護師が転職で有利な理由は以下の通りです。

  • 教育機関であり、新人教育や若手の育成に力を入れている
  • 多忙であり、体力のある若手が求められる
  • 休日や時間外の研修が多く、拘束時間が長いため、体力のある若手が望ましい

大学病院では、患者に医療を提供するだけでなく、人材育成に力を入れています

通常の業務に加えて、研修や勉強会なども頻繁に開催されるため、転職してスキルや知識を高めたいという成長意欲の高い看護師は採用されやすいでしょう。伸びしろへの期待から、比較的年齢の低い看護師が選考の場で優遇される場合もあります。

また、大学病院は診療科ごとに専門性の高い医療を提供しているので、20代・30代の中でも転職してスキルを高めたい分野が明確にある看護師に向いています。

2-4. 治験コーディネーター

20~30代の看護師は、治験コーディネーター(CRC)の職に転職しやすいです。

治験業界で若手看護師が有利な理由は以下の通りです。

  • 治験業界では新しい知識や技術の習得が重要であり、若手看護師の学習能力が評価される
  • 若い看護師は適応力が高いため、異なる業界や環境への移行が容易である
  • 若手看護師はキャリア形成の初期段階であり、組織の将来を担う人材として期待される

治験のサポートをする治験コーディネーターの仕事は、病院やクリニックなど一般的な医療機関の仕事とは異なるため、未経験者には育成が必要です。

そのため、治験業界では、臨床経験がありつつも、吸収力のある若手看護師を求める傾向にあります。

20代・30代のうちに経験を積んで、将来長く活躍してくれそうな看護師は重宝されるでしょう。

ただし、30代半ば以上の看護師は管理職を担えるレベルの実績がないと転職が難しい可能性も。未経験で治験コーディネーターを目指すなら、できるだけ若いうちがおすすめです。

▼治験コーディネーターの仕事内容・平均収入・向いているタイプについては、次の記事をご参照ください。
\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

3. 40代・50代の看護師が転職しやすい職場

031_3-0_40•50代が転職しやすい職場

この章では、40代・50代の看護師が転職しやすい職場や職種をご紹介します。また、それぞれ解説していくので、転職先を検討する際の参考にしてください。

40代・50代の看護師が転職しやすい職場

3-1. 介護施設

40代・50代の看護師は、介護施設での転職が有利となることが多いです。

介護施設で年齢が高い看護師が転職で有利な理由は以下の通りです。

  • 豊富な経験と知識が求められる職場に適している
  • 幅広い年齢層の患者や利用者とのコミュニケーション能力が高い
  • 危機管理や問題解決スキルが優れている
  • 他職種との連携やマネジメント能力が身についている

介護施設やデイサービスでは、状態の観察や日常生活の介助がメイン業務であり、観察力や判断力、熟練した介助技術が必要です。

また、利用者が高齢であることから、伝えたいことをくみ取れる、コミュニケーション能力も求められます。

さらに、介護士や作業療法士と一緒に働く機会もあるため、今までに培った協調性や他職種と連携した経験が活かせるでしょう。

3-2. 訪問看護

40代・50代の看護師は、訪問看護の職場で転職が有利です。

訪問看護において、ベテラン看護師が求められる理由は次のような点です。

  • ベテラン看護師は長年の経験から利用者とその家族に安心感を提供できる
  • 訪問看護での様々な状況に対して経験に基づいた適切な判断ができる
  • 豊富な人脈やコミュニケーション力を活かしてケアマネジャーや地域担当者と連携を図ることができる

訪問看護は、利用者の自宅へ訪問し、健康状態の観察やリハビリのサポートをする仕事です。

基本的に1人で対応するため、的確な判断力、臨機応変な対応が必要となります。

また、ケアマネジャーや地域の民生委員と連携する場面も多く、他職種と連携する力も求められるため、経験豊富な看護師が必要とされます。

利用者は高齢者が多く、柔らかな態度で接する必要があります。

訪問看護師は医師の指示を理解し、利用者とその家族が穏やかな毎日を過ごすためのサポートをします。年齢を重ねた看護師は利用者や家族からの信頼を得られやすい傾向があります。

駒田
駒田

訪問看護はケアマネジャーや地域の担当者とも、緊密に連携していく必要があります。コミュニケーションスキルの高いベテラン看護師の持ち味が活かせる現場といえるでしょう。

3-3. 精神科

40代・50代の看護師は、精神科での転職が有利となることが多いです。

精神科でベテラン看護師が必要とされる理由は以下の通りです。

  • 長年の経験を活かした病状の理解と対応が求められる
  • 患者や家族との信頼関係を築くための高い対人スキルが重要
  • 患者や家族に寄り添い、適切なアドバイスや指導ができる豊富な経験が求められる

精神科は、身体的な疾患ではなく、「心のケア」を必要とする患者をサポートする診療科です。

患者の病状としては、「統合失調症」や「うつ病」「拒食症・過食症」「PTSD」「パニック障害」「アルコール・薬物依存症」「老人性認知症」などがあります。

精神科の看護師の業務内容としては、患者の容態観察、投薬・服薬の管理、日常生活のサポートなどがメインです。

患者一人ひとりとじっくり向き合うことを必要とされている診療科であり、傾聴力やコミュニケーションスキルが高く患者の変化に気付くことができる看護師に向いています。

3-4. 慢性期病棟

40代・50代の看護師は、慢性期病棟での転職が有利です。

慢性期病棟で年齢が高い看護師が採用されやすい理由は以下の通りです。

  • 教育体制が充実していない病院が多いため、即戦力のベテラン看護師が歓迎される
  • 患者さんに寄り添える深い洞察力が必要
  • 高い観察力やアセスメント力、ケア技術が求められる

慢性期病棟では、長期的な療養や治療を必要とする患者さんが多く、症状は比較的落ち着いているのが特徴です。

長期入院になる方や入退院を繰り返す方も多いため、看護師は患者さんが安心して入院生活を送れるようサポートしたりコミュニケーションを取ったりする必要があります。

さまざまな場面に対応して経験を積んできた40代・50代看護師の転職に向いているでしょう。

駒田
駒田

緊急度や重症度が高くないため、病棟勤務を続けたいけれど、緊急対応の多い職場は年齢的に体力が不安というベテラン看護師にもおすすめです。

4.【20代】看護師の転職事情|成功のポイント

031_4-0_20代看護師の成功ポイント

20代の看護師にとって、転職はキャリアアップやライフスタイルの変化など、様々な理由から行われることがあります。

そこで、この章では20代看護師の転職事情や成功のポイントについて、3つの視点から解説していきます。

4-1. 20代看護師の転職事情

20代の看護師は、キャリアのスタート地点に立ち、未来に対する可能性が広がっています。

転職を考える人が多くなるこの時期では、競争が激しいものの、体力や柔軟性、長期勤務が見込めることから、採用側にとって魅力的な人材となります。

主な転職理由はキャリアアップ待遇改善人間関係の悩みなどが挙げられます。

転職活動では、自分の理想に合った職場を見つけることが重要です。

4-2. 20代看護師が期待される役割

20代看護師は、新人看護師として以下の役割が期待されています。

  • 基本的なスキル習得
  • チーム内での円滑なコミュニケーション
  • 最新の医療知識や技術の習得と貢献

20代看護師は、基本的な看護スキルを習得し、チーム内で円滑なコミュニケーションを取りながら働くことが求められます。

また、若い世代として、最新の医療知識や技術を積極的に学び、その能力を活かしてチームに貢献することが重要です。

駒田
駒田

20代看護師は、柔軟な発想やエネルギーを持ち、患者さんや同僚と向き合いながら日々の業務に励む姿勢が期待されています。

4-3. 20代看護師が転職活動でアピールすべきこと

20代看護師が転職活動でアピールすべきポイントは、以下のとおりです。

  • 若さと柔軟性を活かした能力
  • 成長意欲
  • チームワークやコミュニケーション能力

これらのポイントは、20代看護師が新しい職場環境や技術に迅速に適応し、学び続ける姿勢を示すことができるため、採用側にとって魅力的です。

特に、若い看護師に求められるチームワークやコミュニケーション能力は、職場で円滑な人間関係を築く力を持っていることを示す重要な要素です。

▼20代看護師の転職のポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

5.【30代】看護師の転職事情|成功のポイント

031_5-0_30代看護師の成功ポイント

30代の看護師が転職を考える理由は、様々です。

転職先でのスキルアップや将来的なキャリアアップのため、ライフスタイルの変化や家庭の事情など、個人的な理由から転職を決断する人もいます。

そこで、この章では30代看護師の転職事情や成功のポイントについて解説していきます。

5-1. 30代看護師の転職事情

30代の看護師は、自身のキャリアとライフスタイルを見直す重要な時期であり、多くの看護師が転職を考えます。

この年代は、結婚や出産、子育てなどのライフイベントが増えることから、働き方を変更する必要が出てくることが多いです。

30代の看護師は、すでに豊富な経験とスキルを持っているため、これをどのように活かすかを考慮した転職を望む傾向があります。

例えば、治験業界や美容系クリニックなど、年齢を重ねると難しくなる分野に挑戦するチャンスがまだ開かれていることも、転職を考える理由となります。

さらに、30代の看護師は気力や体力が充実していることから、これまでとは違う職場環境や役割に挑戦しやすいとされます。

5-2. 30代看護師が期待される役割

30代看護師は豊富な経験とスキルを持っているため、以下の役割が期待されています。

  • 新人看護師の指導や教育
  • チームのリーダーやサブリーダー
  • 若手と上級看護師の橋渡し役

これらの役割に加えて、30代看護師は専門性を高めることが求められる時期でもあります。

病棟や外来だけでなく、専門的な知識を活かしたケアマネジメントや在宅医療、リハビリテーションなどの分野で活躍することが期待され、患者さんに質の高い看護を提供することが求められます。

5-3. 30代看護師が転職活動でアピールすべきこと

30代看護師が転職活動でアピールすべきポイントは、以下の3つです。

  • 経験と実績を活かした専門性や独自のスキル
  • チームワークやリーダーシップを発揮した実例
  • 柔軟な働き方や新しい環境への適応力

30代看護師は、これまでの経験と実績を活かし、自身の専門性や独自のスキルをアピールすることが重要です。

チームワークやリーダーシップを発揮した実例を示すことで、職場での円滑なコミュニケーション能力をアピールできます。

また、柔軟な働き方や新しい環境への適応力を強調することで、多様な職場環境で活躍できることを示すことが求められます。

▼30代看護師の転職のポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。
\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

6.【40代】看護師の転職事情|成功のポイント

031_6-0_40代看護師の成功ポイント

40代の看護師が転職を考える際には、自分自身の今後の人生設計や家庭環境の変化、キャリアアップのための意欲など、様々な要素が考慮されます。

そこで、この章では40代看護師の転職事情や成功のポイントについて解説していきます。

6-1. 40代看護師の転職事情

40代看護師の転職事情は、様々な要因から働き方や職場選びに変化が求められる時期となっています。

この年代では、家族や自身のキャリアの成長が転機となることが多く、それに伴い働き方や職場環境にも変更が必要となるケースが増えています。

例えば、子育てが一段落し、パートタイムからフルタイムへの移行を望む看護師や、管理職を目指す者もいます。

また、仕事に打ち込んできた看護師が、自分の健康や家族との時間を重視し、働き方を見直すこともあります。

6-2. 40代看護師が期待される役割

40代看護師は、経験とスキルを活かし、チームの中心的役割を担うことが期待されています。

具体的には、以下の役割が期待されています。

  • 若手看護師への指導や育成
  • 病棟の運営や管理
  • 専門知識を活かした患者ケアや治療

40代看護師は、自身の成長を続けるだけでなく、後輩の成長や職場環境の向上にも貢献することが期待されています。

コミュニケーション能力を駆使し、医師や他職種と連携してチーム医療を円滑に進める役割も重要です。

6-3. 40代看護師が転職活動でアピールすべきこと

40代看護師が転職活動でアピールすべきポイントは、以下の3つです。

  • 看護師としてのスキルや経験
  • 得意分野(管理能力や看護技術など)
  • 自分らしい働き方を実現する職場選び

これまでの臨床経験で積み重ねた実績や、専門分野の知識をアピールすることが大切です。

また、コミュニケーション力や管理能力などの強みを活かし、自分のライフスタイルに合った職場を選ぶことも重要です。

無理のない形で働くことができる職場を選ぶことで、自分らしい働き方を実現し、長く働ける環境を見付けることが出来るでしょう。

▼40代看護師の転職のポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

7.【50代】看護師の転職事情|成功のポイント

031_7-0_50代看護師の成功ポイント

50代になると、身体的にも精神的にも負担が大きくなってくるため、看護師としてのキャリアを見直す年代となります。

この記事では、50代看護師の転職事情や成功のポイントについて、3つの観点から解説していきます。

7-1. 50代看護師の転職事情

50代看護師は、一定の年齢を超えると職場での負担が大きくなりますが、一方で、豊富な経験や知識が評価されるケースもあります。

新たな職場では、熟練した技術や人間関係のスキルが求められることが多く、スムーズに転職できる可能性もあります。

また、50代の看護師は、生活や家庭の事情に合わせた働き方を選択することが重要です。

転職活動においては、自分のスキルや経験をアピールしつつ、柔軟な働き方や勤務形態を求めることが成功の鍵となります。

7-2. 50代看護師が期待される役割

50代看護師は豊富な経験と高い技術力として、以下の役割が期待されています。

  • 若手看護師への指導
  • リーダーシップの発揮
  • 安心感を提供するコミュニケーション
  • 業務改善や新サービス開発への取り組み

50代看護師は、豊富な経験と技術力で若手の指導やリーダーシップを発揮し、チームのスキルアップや患者のケアの質向上に貢献します。

また、柔軟で安心感のあるコミュニケーションを提供し、業務改善や新サービス開発にも取り組み、医療現場に継続的に貢献することが大切です。

7-3. 50代看護師が転職活動でアピールすべきこと

50代看護師が転職活動でアピールすべきポイントは、以下の3つです。

  • 豊富な経験と技術習得
  • 高度な専門知識活用
  • 優れた人間力と協調性

豊富な経験を活かして症例数や技術の習得をアピールし、高い専門知識をもとにチームでの協力やコミュニケーション能力を強調することが重要です。

また、メンターとして後輩育成に貢献できることや、年齢を活かした円滑なコミュニケーションもアピールポイントとなります。

これらのポイントを総合的にアピールすることで、50代看護師としての価値を高め、転職成功へと繋げることができます。

▼50代看護師の転職のポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

8.【60代以上】看護師の転職事情|成功のポイント

031_8-0_60代看護師の成功ポイント

60代以上の看護師の方々は、実績と経験を豊富に持っているため、転職活動においても高く評価されます。また、看護師は売り手市場であり、特に管理職としての期待も高まっています。

そこで、この章では60代看護師の転職事情や成功のポイントについて、3つの視点から解説していきます。

8-1. 60代看護師の転職事情

60代の看護師にとって、転職は成功のチャンスが広がる可能性があります。

その理由として、高齢化社会により、経験豊富な看護師が求められる傾向にあるためです。

特に、病院や介護施設などでの勤務経験がある場合、そのスキルが活かせます。

労働力人口の減少に伴い、看護師不足が深刻化しており、売り手市場の状況が続いていることも影響しています。

転職を検討する際には、自分の強みや市場状況を把握し、適切なアプローチで成功へと導くことが重要です。

8-2. 60代看護師が期待される役割

60代の看護師は、豊富な経験と知識を活かして、以下の役割が期待されています。

  • リーダーシップの発揮
  • 後輩の育成
  • 高齢者ケアや在宅医療、緩和ケアなどの専門的なスキルの発揮

60代看護師は、病棟管理やチーム運営において経験と判断力を活かすリーダーの役割を担います。

後輩看護師への技術指導や研修の企画・実施、メンターとしてのサポートを行い、看護師不足が続く中で業務継続が可能となるように後輩育成に力を注ぎます。

高齢者ケアや在宅医療、緩和ケアなど、専門的な知識と技術が求められる分野で活躍し、高齢者の医療ニーズに対応することが期待されています。

8-3. 60代看護師が転職活動でアピールすべきこと

60代看護師が転職活動でアピールすべきポイントは、以下の3つです。

  • 豊富な経験・実績
  • 高いコミュニケーション能力
  • メンターとしての役割

60代の看護師は、多くの症例や困難な状況に対応した経験があるため、その知識と技術を強みとしてアピールできます。

看護師は患者や医療スタッフと連携する職種であり、60代の看護師は人間関係やチームワークに優れたスキルを持っているので、高いコミュニケーション能力もアピールポイントです。

メンターとして若い看護師たちに指導やアドバイスを行い、後輩育成に力を発揮できることも魅力的な要素となります。

▼60代看護師の転職のポイントについては、次の記事で詳しく解説しています。

9. 40代・50代の看護師が転職成功させるコツ

031_9-0_40•50代が転職させるコツ

40代・50代の看護師が転職を成功させるためには、いくつかのコツがあります。年齢をアドバンテージに変え、自身の経験やスキルをアピールすることが大切です。

以下では、具体的な転職成功のためのポイントをご紹介します。

9-1. 実務経験やスキルをアピールする

40代・50代の看護師が転職を成功させるためのコツは、自分の持つ実務経験やスキルを積極的にアピールすることです。

豊富な経験とスキルをアピールすることで、採用側が自分の価値を理解しやすくなり、転職活動がスムーズに進むでしょう。

年齢を重ねることで、看護師としての経験やスキルが豊富になります。この経験とスキルは、新しい職場に貢献できる力として大変価値があります。

40代・50代の看護師は、患者のケアプランの立案や実施、チームワークを重視した業務遂行、若手スタッフの指導や育成など、幅広い分野で活躍できます。

これらの経験やスキルをアピールすることで、求人企業はその価値を理解し、採用に繋がる可能性が高まります。

9-2. 協調性やコミュニケーション能力をアピールする

40代・50代の看護師は、協調性やコミュニケーション能力をアピールすることが重要です。

これらの年代の看護師は、豊富な経験を持っており、新しい環境に適応しやすいという点が魅力的です。

そのため、協調性やコミュニケーション能力をアピールすることで、採用側はチーム内で円滑に働ける人材として評価する可能性が高まります。

例えば、過去にチームで協力して困難な状況を乗り越えた経験や、異なる職種のスタッフと連携して患者のケアを行った事例などを紹介することが効果的です。

40代・50代の看護師が転職活動で成功するためには、具体的な経験や実例を紹介することで、採用者に自分の価値を理解してもらいやすくなります。

9-3. 情報収集を徹底する

40代・50代の看護師が転職を成功させるコツは、情報収集を徹底することです。

看護師転職サイトを活用することで、最新の求人情報や非公開求人にアクセスでき、効率的な転職活動が可能になります。

また、病院や施設のウェブサイトをチェックし、その特徴を把握することが大切です。

さらに、SNSや口コミサイトを利用することで、現在働いている人や過去に働いていた人の経験談を参考にし、職場環境の理解を深めてください。

情報収集を通じて自分のスキルや経験を活かせる職場を見付けることは、転職後のミスマッチを防ぐ効果もあります。

そのため、転職成功のためには、情報収集を徹底し、自分に適した職場を見付けることが大切です。

▼情報収集のやり方については、次の記事で詳しく解説しています。

9-4. 看護師転職サイトを活用する

看護師転職サイトを利用すると、魅力的な求人紹介やプロのサポートを無料で受けられるため、転職成功に繋がります。

看護師転職サイトの利用には、他にも以下のようなメリットがあります。

非公開の求人にアクセスできる

転職エージェントを利用することで、一般には公開されていない求人情報にアクセスできます。

これにより、年齢制限を設けているものの公表が難しい求人や、40代・50代看護師を積極的に受け入れる転職先を効率よく見付けることができます。

病院の内部情報の入手

転職エージェントを利用することで、病院の内部情報にアクセスできます。

これにより、病院の実態や働きやすさ、40代・50代看護師に対する取組みなど、通常は知り得ない情報を得ることができます。

このような内部情報を元に、自分に適した職場を効率よく見つけることが可能となります。

充実したサポート

転職エージェントには、転職のプロであるキャリアアドバイザーが在籍おり、40代・50代の看護師に対して、年齢をアピールポイントに変える方法を具体的に指導してくれます。

転職サポートには、履歴書や職務経歴書の作成時に、豊富な経験やスキルを強調する方法、面接での自己アピールの仕方などが含まれており、これらの充実したサポートを無料で利用できます

10. 年齢が不安な方向け看護師転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選2

効率的な転職活動と成功の可能性を高めたい人は、看護師転職サイトの利用をおすすめします。特に「看護roo!」は幅広い年齢層の求人数とサポートが充実しているため、初めての転職サイト選びに最適です。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率よく進めたい方は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メール一つで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、おすすめの看護師転職サイトを3つご紹介します。

関連記事 特徴・職場・地域別おすすめ!看護師転職サイト3選

10-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

10-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

10-3. ナース人材バンク

ナース人材バンクの特徴
  • 年間10万人以上が利用し利用満足度97%
  • 地域専任の看護師専門キャリアパートナーが担当
  • 介護施設など病院以外の求人が豊富

ナース人材バンクは、年間10万人以上の利用者と97%の高い満足度で、看護師転職界の信頼性を証明しています。

地域専任の看護師専門キャリアパートナーが個々のニーズに合わせて最適なアドバイスを提供します。また、病院だけでなく、介護施設など多種多様な求人があり、全国どこでも活躍の場が見つかります。

転職を検討する看護師さんにとって、確かなサポートと多様な選択肢を提供するこのサイトは、一考の価値があります。

関連記事 ナース人材バンク口コミ評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

11. まとめ

今回の記事では、看護師の年齢による転職の悩みについて説明しました。

30代後半や40代以上の看護師は、本記事で紹介した下記の重要なポイントをおさえることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

本記事で紹介した重要なポイント
  • 自分の経験やスキルを積極的にアピールすることで、年齢をアドバンテージに変えられる
  • 協調性やコミュニケーション能力の高さを強調し、チームで働く力をアピールする
  • 病院や施設の情報収集を徹底的に行い、自分に合った職場を見つける
  • 看護師転職サイトを活用し、非公開求人へのアクセスや専門家のサポートを受ける

何より大事なことは、年齢に関係なく、自分の強みを活かせる職場を見つけることです

また、転職に不安を感じる看護師も多いでしょう。そのため、看護師転職サイトを活用してキャリアアドバイザーに悩みを相談したり、条件に合った職場を効率良く探すことをおすすめします。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。迷ったらこの3社を併用することをおすすめします。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました