情報収集6つのやり方|看護師の転職活動で必要な理由とは?

019_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前
  • 「今の自分の生活に合った仕事が見付からない」
  • 「また人間関係が悪い職場だったらどうしよう」

転職活動をする看護師さんで、このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、これらの悩みは転職先の情報収集をしっかり行うことで解決できます

情報収集には多くのメリットがあります。

例えば、職場の情報を収集することで、自分に合った仕事が見つかりやすくなります。また、仕事内容や環境、待遇などを知ることで、今後のキャリアアップのための計画が立てやすくなるでしょう。

この記事では、情報収集のやり方について詳しく解説しますので、看護師の転職を考えている方は是非参考にしてください!

駒田
駒田

最適な転職先を見つけ、志望する職場とのマッチングを図るためには適切な情報収集が欠かせませんので、最後まで是非ご覧ください。

この記事を書いた人

駒田 太一

▶市立病院の総務課へ5年間出向し、医師・看護師の給与支給、福利厚生業務などを担当した。
▶現在は出向元に戻り、人事部で職員採用、定員管理、研修の立案・実施などを担当している。

駒田 太一をフォローする

1. 転職活動で情報収集が必要な理由4つ

019_1-0_情報収集必要な理由

この章では、転職活動で情報収集が必要な理由を4つご紹介します。

1-1. ①希望する職場に転職するため

情報収集は、自分が希望する職場に転職するために必要な作業です。

気になる職場の情報を事前に入手すると、病院の雰囲気や仕事内容、待遇などを知ることができるため、希望条件に合った職場を選ぶことができます。

情報収集は望む職場に転職するための準備であり、自分自身のキャリアアップにも繋がる重要な作業なのです。

1-2. ②転職後のギャップを防ぐため

なんとなく転職した結果、自分が望むものと異なる状況に直面し、仕事上のストレスや不満から転職活動をやり直すケースが多く見受けられます。

転職活動における情報収集は、転職後のミスマッチを防ぐ大切な作業です。情報収集がしっかりできていれば、自分自身が抱いている期待値と実際の職場のギャップが少なくて済みますので、長く務めることができます。

駒田
駒田

転職前に情報収集を行い、自分が望むものが揃っているかどうか必ず確認しましょう!

1-3. ③面接選考を突破するため

情報収集をすることで、転職先の病院の経営理念や治療方針、設備などが明確になります。これらの情報は、面接対策に非常に有効なものとなります。

面接官からの質問に対して、病院の特長や強みを正確に伝えることができますし、自分がどのように病院に貢献できるかを具体的に説明することもできます。また、面接官とのコミュニケーションもスムーズになります。

このように、情報収集をすることは面接対策において大変重要なことであり、看護師の転職成功に向けた作業として欠かせません。

1-4. ④転職候補の職場を絞り込むため

転職先の候補が複数あった場合、何も情報がなければどの職場に転職するか選ぶことは難しいでしょう。一方、職場の雰囲気や環境、待遇などについて把握していれば、希望条件を軸に転職先を絞り込むことができます

素早く希望する職場を特定することができれば、あとは面接の準備などに集中することができます。これにより、転職活動にかかる時間を大幅に短縮することも可能です。

駒田
駒田

情報収集を通じて希望する職場を明確にすることは、転職活動を効率的かつスムーズに進めるための重要なステップと言えます。

2. 転職先の情報を収集する方法6つ

019_2-0_johoshus_huhoho6

この章では、職転職先の情報を収集する方法を6つご紹介します。

2-1. ①看護協会(ナースセンター)

【メリット】

  • 看護職経験者による転職相談を受けられる
  • 病院の労働環境を知ることができる
  • 教育支援やキャリアアップ支援を受けられる

【デメリット】

  • 転職サイトと比べると求人数が少ない
  • 応募や必要書類の作成を自分で行う必要がある
  • 窓口が平日に限られてい

ナースセンターは、日本看護協会・都道府県看護協会が運営している職業紹介サービスです。

看護師資格があれば、手数料無料で何度でも求人を紹介してくれます。また、ナースセンターは働き続けられる職場環境づくりに取り組んでいる団体であるため、入職前に知ることができない転職希望先の労働環境ついて知ることができます

さらに、ナースセンターの職員の多くは看護師経験者なので、転職活動をする上での不安や悩みについても的確なアドバイスをしてもらえます

デメリットとしては、転職サイトと比べると求人数が少ないことや、求人の応募は全て自分がやらなければならない点があります。

2-2. ②看護師転職サイト

【メリット】

  • 転職のプロがアドバイスや情報を提供してくれます
  • 病院の内部情報を知ることができる
  • 面接対策や履歴書の添削支援が受けられる

【デメリット】

  • 転職エージェントによって情報の質が異なる
  • キャリアアドバイザーによる介入が煩わしいと感じる
  • 非公開求人情報に偏る可能性がある

看護師転職サイトは、病院の「内部情報」をよく把握しています

内部情報とは

病院の内部情報とは、職場の給与福利厚生人間関係離職率残業時間有休取得率などの情報のことです。内部情報は、本来であれば実際に働かなければ分からない情報であり、事前に把握することで入職後のミスマッチを防ぐことができます。

これは、これまで積み重ねた転職サポートの経験と、日頃からキャリアアドバイザーが直接病院に足を運び情報収集を行っているためです。

そのため、無料の会員登録をすると、転職活動全般を無料でサポートしてくれるだけではなく、「職場環境」「残業の多さ」「離職率」「人間関係」などを知ることができます。

また、転職エージェントには一般には公開されていない「非公開求人」がある場合が多く、好条件の求人を見つけられるメリットもあります。

非公開求人とは

一般に公開されている求人と比べて条件が良いため、非公開にしている求人のこと。実際にネットに公開してしまうと、「応募者が殺到してしまう」「現職の職員より高待遇になってしまう」など、非公開求人は非公開にすべき理由を持つ高待遇な求人が多いです。

デメリットを上げるとしたら、「自分のペースで転職活動を進めたい」という方には、キャリアアドバイザーによる介入が煩わしいと感じることがあるかもしれません。

2-3. ③ハローワーク

【メリット】

  • 地元の求人が見つかりやすい
  • 雇用保険の手続きなども行える
  • ハローワークの職員に転職相談できる

【デメリット】

  • 窓口が平日に限られている
  • 求人数が少ないことがある
  • 看護業界に詳しくない

ハローワークは全国各地で設けられている公的機関で、中小規模の病院の求人情報を扱っているのが特徴です。

しかも求人紹介だけではなく、応募書類の書き方や面接対策など就活全体に対してアドバイスを行い、内定までサポートしてくれます。

ただ、ハローワークの職員は看護職に詳しくないため、質問してもその転職先について詳しく知っている訳ではありません。

また、平日の日中しか営業していないため、働きながら転職活動をしている看護師さんにとっては使いにくさを感じるかもしれません。

2-4. ④病院の公式ホームページ

【メリット】

  • 隙間時間を使って簡単に情報収集できる
  • 病院の方針や理念などを知ることができる
  • 病院の施設や設備について詳しく知ることができる

【デメリット】

  • 求人情報が更新されない場合がある
  • 職場環境や雰囲気については掲載されていない
  • 実際に働いている看護師の声や意見を知ることができない

病院のホームページは、採用情報以外に委員長挨拶、事業内容、職員インタビューなどさまざまな情報を得ることができます。

患者様との向き合い方や看護体制が自分の考えとマッチしているか、ここである程度判断できると思います。

ただ、どの病院のホームページも採用情報が掲載されている訳ではありませんし、タイムリーに更新されていないケースもあるため、求人情報はあまり参考にならないかもしれません。

2-5. ⑤友人・知人の紹介

【メリット】

  • 実際に働いている人の生の声を聞くことができる
  • 内定をもらえる可能性が高くなる
  • 経験やスキルアップのアドバイスがもらえる

【デメリット】

  • 偏った情報を得る可能性がある
  • 噂や誤った情報が含まれる場合がある
  • 友人や知人の意見に流される恐れがある

先輩や元同僚、看護学校の友人・知人に、働いている病院の情報を教えてもらう方法です。

業務内容や人間関係、休暇の取りやすさなど、実際に働いている人の生の声を聞くことができるところがポイントです。また、友人・知人がその病院で評価されていればいるほど、「あの人の紹介なら」と内定をもらえる可能性も高くなります

しかし、もし実際に働いてみて自分には合わず辞めたいと思っても、友人の顔がちらついて辞めにくいというデメリットがあります。

2-6. ⑥口コミ・掲示板

【メリット】

  • 病院の内情を知ることができる
  • 多数の口コミから病院の様々な側面を知ることがでる
  • 匿名で投稿できるため正直な意見が得られる

【デメリット】

  • 噂や誤った情報が含まれる場合がある
  • 個人的な主観や偏見による評価がある
  • 評価が極端に高いまたは低いものがある

口コミ・掲示板はタイムリーな情報を得ることができます。

急に1名だけの採用枠が出た場合など、日頃から掲示板をチェックしておくと見逃さずに済みます。しかし、口コミについては内情を知る手立てになる一方で、書き込んだ人の思い込みや被害者意識が反映されていることが少なくありません。

すべて鵜呑みにするのではなく、「このように感じた従業員もいたんだな」という程度に捉えるようにしましょう。

口コミサイトでおすすめは「ナスコミ」

ナスコミ
画像出典:ナスコミ

口コミサイトで最もおすすめななのは「ナスコミ」です。

ナスコミは病院、クリニックなどの医療機関の口コミの投稿、閲覧ができるほか、ハローワークや人材紹介会社が提供する求人情報を閲覧、応募することもできます。

利用には会員登録(無料)と職場の口コミ投稿が必要ですが、10万件近いリアルな声を見ることができますので、転職で気になる病院があれば、口コミを投稿した上で覗いてみましょう。

「ナスコミ」の特徴
  • 会員登録・利用料は無料
  • 口コミの投稿・閲覧には無料の会員登録が必要
  • 閲覧には一つの施設につき100ポイントが必要
  • 口コミを一つ投稿すると100ポイント獲得できる

3. 転職先の情報を収集する方法(まとめ)

ここまでご紹介してきた情報収集のやり方をまとめると、以下の表のようになります。

情報収集のやり方(まとめ)
  病院の内部情報 地元の求人情報 転職相談 病院の方針・理念 評価
看護師転職サイト 14点
ナースセンター
看護協会
12点
ハローワーク 11点
病院のホームページ 5点
友人・知人 5点
口コミ・掲示板 5点

※◎=5点 ○=3点 △=1点 ☓=0点

この表からも分かるように、転職活動で行う情報収集の方法として最もおすすめな方法は、看護師転職サイトの活用です。

看護師転職サイトは、プロのアドバイザーが転職を成功させるために必要な情報を提供してくれますし、サービスは完全無料で利用できますので、活用することをおすすめします。

4. 情報収集で転職サイトを活用すべき理由3つ

019_4-0_tenshokusaito_kakuninriyu4

この章では、情報収集で転職サイトを活用すべき理由を3つご紹介します。

4-1. ①数多くの求人情報に触れることができる

転職サイトは、求人情報を多数抱えているため、個人で探すよりも多くの求人情報に触れることができます。また、キャリアアドバイザーは看護師が希望する条件に合わせた求人情報を提供するため、自分自身で求人情報を探す場合よりも選択肢が多いことが多いです。

これにより、より自分自身の希望に合った求人情報を見付けることができるようになります。

4-2. ②求人情報のマッチングをしてくれる

キャリアアドバイザーは看護師が希望する条件や希望する職種などをヒアリングしたうえで、求人情報をマッチングしてくれます。そのため、自分自身で探す場合よりも、より自分自身の希望に合った求人情報に出会える可能性が高くなります

また、エージェントが介入することで、求人先との交渉においてより有利に進めることができます。

駒田
駒田

転職サイトでは非公開求人も多数保有していますので、これらを含めた幅広い求人情報を提供してくれる点もメリットの一つです。

4-3. ③病院の内部情報を入手できる

転職サイトを通じて病院の内部情報が得られることは、他の情報収集方法にはない非常に重要なメリットです。

例えば、病院の内部情報を知ることで、給与面や福利厚生が充実しているか、人間関係が良好か、残業時間が少ないか、有休が取りやすいかどうかを事前に把握することができます。

これにより、転職後のギャップやストレスを抱えることを防ぐことができるため、新しい職場でスムーズに業務をこなすことができるでしょう。

4-4. ④求人情報に関するアドバイスが受けられる

転職サイトは、求人情報に関する豊富な知識や経験を持っているため、求人情報に関するアドバイスを受けることができます。

求人情報に関する疑問点や不安点がある場合は、キャリアアドバイザーに相談することで、より正確な情報を得ることができます。また、キャリアアドバイザーは面接対策や履歴書の書き方についてのアドバイスも行ってくれるため、転職活動全般についてのアドバイスを受けることもできます。

5. 転職サイトで確認したい内部情報4つ

019_tenshokusaito_kakunin_naibujoho4

求人票には「業務内容」「契約期間」「勤務場所」「勤務時間」「休日」「給与」「保険」などの情報が記載されています。

この情報は、転職先を探す際の有益な情報となりますが、実は転職作を成功させるためには、求人票に記載されていない4つの内部情報を、転職サイトを活用して確認する必要があります。

5-1. ①職場の人間関係

人間関係は職場の雰囲気に直結するので、働きやすさを左右します。職場の人間関係は、入職前に良し悪しを測ることは難しいですが、できる限りの手を尽くして確認すれば、転職後に辛い思いをしないで済みます。

例えば、面接や病院見学の機会があれば、面接官の人柄や態度、スタッフ同士の挨拶やコニュニケーションの様子で、病院の雰囲気の良し悪しが分かることが多いです。

また、知人でその病院に入通院している人がいれば、積極的に話を聞きに行ってください。

駒田
駒田

入通院が長ければ長いほど、看護師同士のいじめや人間関係などの「内部情報」を持っている可能性が高いです。

5-2. ②残業の多さ

特に古い体質の病院では、残業はそれなりにあるのに「全てサービス残業…」というところも少なくありません。

昨今は、看護師のサービス残業が問題視され、看護協会でも職場環境の改善に取り組んでいるため、前残業・後残業に対して残業代をきちんと支給する病院が増えてきています。

それでもサービス残業が横行する病院は、長く働き続ける職場としてはおすすめできません。

残業については、看護師転職サイトやそこで働く職員を通じて、前残業・後残業がどの程度なのか、サービス残業はあるのかを必ず確認しましょう。

5-3. ③有給休暇の取得率

有給休暇は心身をリフレッシュするために労働者に与えられた権利ですので、病院は看護師に有給を取得させなければなりません。

それなのに有給取得率が極端に低い職場は、看護師を単なる労働者としか見ていない可能性があります。

そのため、有給取得率の低い病院への転職は、是が非でも避けたいところですが、個人で確認するのは簡単ではありません。

有給休暇の取得率は、病院の「内部情報」に精通している看護師転職サイトで確認しましょう。

5-4. ④中途採用者のキャリアアップ

スキルアップやキャリアアップを目指す看護師さんは、教育制度が整っている職場を選ぶのもおすすめです。

例えば、看護師の教育制度には次のようなものがあります。

看護師の教育制度
  • プリセプターシップ
    3~5年目の看護師が新卒看護師をマンツーマンで指導する教育システム
  • ジョブローテーション
    所属以外の部署を数日~数ヶ月の期間で配置転換を繰り返し、看護師の能力開発を行うす制度

看護師転職サイトや就職説明会などで教育制度の内容を確認し、自分がなりたい看護師像に近づける教育制度が組まれた職場を選ぶとよいでしょう。

6.【ランキング】病院の内部情報に強い転職サイト3選

おすすめ看護師転職サイト3選

看護師さんの転職では、病院の内部情報に精通している看護師転職サイトの活用をおすすめします

ただ、看護師転職サイトは50社を超えますので、どの転職サイトを選んだら良いのか困る方も多いと思います。

そこで、JOBANUSでは独自の評価項目に基づいて、看護師転職サイトを比較してランク付けしました。

下記の看護師転職サイトは、ランクインした12社の中から○○○の求人に強い3社を厳選したものです。

こちらの転職サイトは、キャリアアドバイザーによるサポートも充実しており、あなたにピッタリな求人を紹介してくれます。

また、一般には公開されていない非公開求人も応募者の希望条件に応じてどんどん紹介してくれるので、好条件・高待遇の求人を探している方は会員登録必須と言えます。

転職サイトを上手に利用するポイント

初めて転職する看護師さんは、複数の転職サイトに登録して比較しながら利用しましょう。なぜなら、看護師転職サイトの併用には、次のようなメリットがあるからです。

  • 豊富な求人案件を見ることができるため選択肢の幅が広がる
  • 自分と相性の良いコンサルタントに出会える確率が高まる
  • 各転職サイトの「独占案件」や「非公開求人」を数多く見ることができる
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる

仮に「利用する価値がないかな…」と感じたらメールで簡単に退会することが出来ますので、最低でも2~3社は登録して比較しながら利用しましょう

1位:看護roo!|利用者満足度96.3%、人気№1転職サイト

03_1-0_レーダーチャート2
こんな人におすすめ
  • 初めて転職活動で手厚いサポートを必要とする方
  • 自分に合った応募先を沢山の求人の中から選びたい方
  • 好条件の非公開求人をたくさん見たい方
  • 派遣求人を探している方

看護roo!」は、看護師さんの中では「お決まり」と言われるほど人気がある看護師転職サイトで、利用満足度は96.3%を誇ります。

常に5万前後の求人を掲載し、「非公開求人」も業界トップクラスの求人数を保有しています。

また手厚いサポートが評判で、特に面接対策(模擬試験や面接同行)に力を入れています。

そのため面接に不安を持っている方は登録必須の転職サイトと言えます。

JOBANUSが行った調査でも「A:求人の質・量」「C:サポート力」「D:サイト利便性」は満点の5.0点総合順位は全12社中1位を獲得するなど、非常に高い評価結果となりました。

2位:レバウェル看護|友達に勧めたいサービス№1の転職サイト

01_1-0_レーダーチャート3
〈こんな人におすすめ〉
  • 初めて転職する方
  • さまざまな求人を見たい方
  • 条件が良い非公開求人を見たい方
  • 派遣求人を探している方

レバウェル看護」は公開求人だけでも5万件以上、全国の求人をバランスよく取り扱っています。

2019年9月に行われた調査では、「友達に勧めたいサービス№1」に輝くなど、利用者の満足度が高い転職サイトです。

最大の魅力は、転職を成功させるための圧倒的なサポート力です。

電話やオンラインによる個別相談や履歴書・職務履歴書の添削、病院の内部情報の提供など、転職活動を手厚く支援してくれます。

JOBANUSが行った調査でも「C:サポート力」は満点の5.0点全12社中2位を獲得するなど、求職者に対するサポート力に強みがあることが分かりました。

3位:医療ワーカー|求人とサポートのバランスに優れた転職サイト

07_1-0_レーダーチャート2
〈こんな人におすすめ〉
  • 地方で仕事を見つけたい方
  • 手厚いサポートを受けながら転職したい方
  • 幅広い看護求人を比較して選びたい方
  • 短期間でガッツリ稼ぎたい方

医療ワーカー」の最大の特徴は、求人数多さにあります。非公開求人を含めて5.7万件の求人を扱っており、全国どの地域に住んでいてもサービスを利用することができます。

正社員から派遣・アルバイトまで幅広い求人案件を扱っているため、ライフスタイルに合った働き方を選ぶことが可能。

また、全国民営職業紹介事業協会の「紹介従業者講習」を受けたアドバイザーが転職活動を支援するため、「利用満足度97%」と非常に高い評価を得ています。

JOBANUSが行った調査でも「A:求人の質・量」「B:交渉力」「C:サポート力」は満点の5.0点「E:総合」は全12社中3位を獲得するなど、質の高いサービスを提供することが分かりました。

7. まとめ

今回は、看護師の転職活動における情報収集のやり方について説明しましたが、いかがだったでしょうか。

情報収集には以下の6つの方法があります。

  • 3-1.看護師転職サイト
  • 3-2.ハローワーク
  • 3-3.ナースセンター(看護協会)
  • 3-4.病院の公式ホームページ
  • 3-5.友人・知人
  • 3-6.口コミ・掲示板

この中で、最もおすすめする方法が看護師転職サイトの活用です。

看護師転職サイトは、病院の内部情報を把握しており、求人情報だけではなく病院の雰囲気や働き方、給与水準など非公開情報も提供してくれます。

そのため、転職に必要な情報を網羅的に収集できますので、自分に合った求人を見つけやすくなるでしょう。

JOBANUSでは、転職前の情報収集を徹底して、素敵な職場とのご縁があることを願っています。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました