看護師の転職時期とは?有利な月やタイミング知ろう!

087_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

看護師の転職を考える際、「いつが最適なタイミングなのか?」という疑問は、多くの方が抱える共通の悩みです。特に以下のような声がよく聞かれます。

  • 「年末年始に転職活動を始めるのは良い選択?」
  • 「病院の人員補充が多い春先に動くべき?」
  • 「夏場の求人は本当に少ないの?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

転職のタイミングは、単に個人の都合だけでなく、看護業界の採用トレンドや市場の状況にも大きく影響されます。また、間違ったタイミングでの転職は、希望の職場に就けない、条件が思うようにならないといったリスクを伴います

この記事では、看護師が転職を検討する際に直面するタイミングの悩みや、月別の採用状況に関する課題、そしてそれに伴うデメリットを詳細に掘り下げています

具体的には、以下の内容について解説していきます。

  • 看護業界の月別採用トレンドと最適な転職タイミング
  • 年間を通じた採用状況とそれに合わせた転職計画の立て方
  • 転職のベストタイミングを見極める方法
  • 施設・診療科別の転職時期の特徴と対策

転職を考えている看護師の方々は、この記事を参考にして最適なタイミングでの転職計画を立ててみてください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. 看護師の転職でおすすめの時期

087_1-0_おすすめ転職時期

看護師の転職におけるおすすめの時期は、個々のキャリアプランと市場の需要によって異なります。

看護師としての基本的な経験を積んだ後、キャリアアップを目指すなら、5年目から10年目の間が適しています。この期間は、看護技術や人間関係の構築、チームマネジメントなど、看護師としての基本スキルが身についていることが期待されます。

年末年始や春先は病院側の人員補充が活発になる時期であり、転職市場も活況を呈します。一方で、夏場は求人が少なくなる傾向にあり、転職活動が難しくなることもあります。したがって、自身のキャリアステージを考慮しつつ、市場の動向にも目を光らせて転職計画を立てることが重要です。

転職を考える際は、ただ市場の状況に合わせるだけでなく、自身のキャリアプランと合致しているかどうかをじっくり考えることが大切です。

2.【月別】看護業界の採用状況

087_2-0_看護師業界の採用状況

看護業界において、採用状況は月ごとに大きく異なります。

この章では、看護師の転職市場における月別の採用動向を詳しく解説し、転職活動を計画する上での重要な指針を提供します。

2-1. 転職活動を有利に進められる月

看護業界における採用トレンドは、年間を通じて変動が見られます。特に、★年度末の3月★や4月には、病院の人員補充が活発になるため、この時期は転職活動に最適です。また、新しい施設や診療科の開設が多い1月や7月もチャンスと言えるでしょう。

一方、夏場や年末年始は、採用活動が比較的落ち着く傾向にありますが、☆急募求人☆などのチャンスも存在します。重要なのは、自分の希望条件に合ったタイミングで動くことです。

定期的な求人情報のチェックを心がけることが、転職成功の鍵となります。

病院ごとに採用方針や時期が異なるため、自分が希望する施設の動向を把握しておくことが重要です。

2-2. 1月

1月は看護業界において、新たな採用の波が始まる時期です。

年末年始の休暇明けに、多くの医療機関が新しい人材を求め始めます。これは、年度末に向けた人員計画の見直しや、新年度に向けての準備のためです。

特に、★即戦力となる経験豊富な看護師への需要が高まる★ため、経験者にとっては大きなチャンスと言えます。また、1月は新卒採用の動きが落ち着いているため、☆求職者の競争率が比較的低く☆、転職に有利な状況が期待できます。

この時期に活動を開始することで、春先の採用シーズンに向けて適切な準備を行い、理想の職場を見つけることが可能です。

1月の転職市場は新年のスタートとともに動き出すため、前年の終わりから準備を始めることをお勧めします。

2-3. 2月

2月は看護業界の採用市場において、年度末に向けた最終調整の時期となります。

多くの医療機関が年度末の人員計画を見直し、★必要な人材を確保するための積極的な採用活動★を行います。このため、転職を考えている看護師にとっては、チャンスの時期です。特に、即戦力として活躍できる経験者には☆採用の門戸が広がっています☆。

しかし、3月末に退職を予定している看護師の動きも活発になるため、医療機関によっては採用計画が変更される可能性もあります。そのため、求職者は柔軟に対応し、複数の選択肢を検討することが重要です。

2月は年度末の採用ラッシュに乗じて、希望の職場を見つける好機です。ただし、採用方針の変更に備え、複数の医療機関への応募を考えると良いでしょう。

2-4. 3月

3月は看護業界における採用市場の重要な転換期です。

多くの医療機関が、年度末を迎えるにあたり退職する人材の欠員を補充するため、新しい求人を出します。これは、特に経験豊富な看護師にとっては☆良い転職の機会☆となり得ます。

しかし、新年度に向けた動きとして、多くの看護師が転職を考えるため、競争が激化する傾向にあります。特に、★新卒の看護師が4月からの入職を控えているため、中途採用の枠が限られてくる★こともあります。

この時期に転職活動を行う場合は、自身の強みや経験をアピールすることがより重要になります。

3月の採用市場は競争が激しいため、転職活動を行う際は、自己PRに工夫を凝らし、差別化を図ることが成功への鍵です。

2-5. 4月

4月は看護業界の採用市場において、新卒ナースの入職が最も目立つ時期です。

このため、多くの医療機関では新卒ナースの教育と研修に力を入れ、中途採用は控えめになりがちです。また、1月から2月に入職した中途採用者が試用期間を終え、本格的に業務に取り組む時期でもあります。

このような状況から、4月は中途採用の求人が減少し、転職市場は比較的静かな時期と言えます。したがって、この時期に転職活動を行う場合は、☆求人の選択肢が限られる可能性が高い☆ことを理解しておくことが重要です。

4月の転職市場は新卒の入職に注力するため、中途採用のチャンスは限られます。この時期は、市場の動向を観察しつつ、自身のスキルアップに時間を使うのも一つの方法です。

2-6. 5月

5月は、新卒ナースの育成が本格化し、医療機関のフォーカスが教育と定着に向かっている時期です。

このため、中途採用の求人はそれほど多くなく、転職市場は比較的静かです。また、大型連休の影響で医療機関の採用活動も一時的に落ち着きを見せます。

この時期に転職活動を開始する場合は、10月や11月の採用シーズンに向けての準備期間と捉えると良いでしょう。市場の動向を見守りつつ、★じっくりと自分のキャリアプランを練るには最適な時期★です。また、秋の転職市場に向けて、☆情報収集やスキルアップに励む☆ことも重要になります。

5月は転職市場が落ち着く時期ですが、次の動きに向けて自分を見つめ直す良い機会です。キャリアプランの見直しやスキルアップを図ることをお勧めします。

2-7. 6月

6月は看護業界において、賞与支給後の動きが活発になる時期です。

多くの看護師が、賞与を受け取った後に退職を検討し、新たな職場を探し始めます。これは、新卒ナースが初めての職場を離れるタイミングでもあり、そのために採用市場は再び活性化します。さらに、夏季の勤務シフト調整や臨時の需要に応じて、☆短期の採用も増加する傾向☆にあります。

この時期に転職を考えている看護師は、賞与の支給時期を考慮しつつ、新たな職場を探すチャンスと捉えると良いでしょう。また、★短期契約やパートタイムのポジションも積極的に探る★ことで、より多くの選択肢が見つかります。

6月は賞与後の動きが活発なため、転職市場はチャンスに満ちています。しかし、短期間のポジションも多いため、自分のキャリアプランに合った職場を選ぶことが重要です。

2-8. 7月

7月は、6月末に退職した看護師の欠員補充のために、医療機関が積極的に採用を行う時期です。

この月の採用数は6月ほどではありませんが、条件の良い求人が見られることが多いです。看護師が転職を考える際、この時期は☆妥協せずに条件の良い求人を探すチャンス☆となります。また、8月の盆休みに向けて、医療機関は夏季休業に入るため、7月中に採用活動が完了することが一般的です。

特に、子育て中の看護師が夏休み対応で勤務シフトを変更することが多く、★急性期病院や高次医療機関では中途採用に力を入れる★傾向にあります。

7月は条件の良い求人が集まる時期ですが、盆休み前に採用が集中するため、早めの行動が成功の鍵となります。計画的に転職活動を進めることをお勧めします。

2-9. 8月

8月は、看護業界において夏季休暇の影響を受ける時期です。

多くの看護師が休暇を取るため、一時的に看護現場が手薄になることがあります。このため、夏の暑さによる患者数の増加と合わせて、臨時の募集や急募の求人が出やすくなります。

しかし、この時期は経験豊富な看護師が求められることが多く、技術や経験が浅い場合、十分な指導を受けるのが難しいこともあります。そのため、研修制度が充実している医療機関を選ぶことが重要です。また、★夏季休暇明けの9月以降に向けての転職市場の動向も見据えつつ、☆計画的に転職活動を進める☆ことが求められます。

8月は夏休みにより臨時の需要が高まりますが、研修やサポート体制の整った医療機関への転職が望ましいです。また、秋の転職市場に向けて準備を始めるのにも適しています。

2-10. 9月

9月は看護業界において、年末年始や厳寒期のシフトに備えて中途採用を強化する医療機関が増える時期です。

これにより、採用枠を多めに設定し、積極的に求人を出す傾向が見られます。また、新設される外来や増床準備のために看護師を確保する動きも活発化し、次年度に向けた準備が進められます。

9月末での退職を考える看護師も多いため、その欠員補充のための募集も増え、☆キャリアや経験を持つ看護師にとっては良い転職のタイミングとなります☆。加えて、年齢を理由に転職が難しいと感じている看護師にとっても、この時期は★転職活動に適した時期★と言えるでしょう。

9月は採用市場が活発化するため、転職活動を考えている看護師は積極的に情報を収集し、早めの行動を心掛けることが重要です。

2-11. 10月

10月は看護業界の採用市場において、比較的求人数が少なくなる傾向にあります。

これは9月に採用活動が盛んに行われるためです。しかし、年末年始のシフト増強や12月末の退職者のフォローのための求人も出現します。

この時期には既に翌年4月の新卒者が内定していることが多く、中途採用に関する計画が進められ始めます。そのため、4月入職を目指す看護師にとっては、☆転職に向けた準備を始める好適なタイミングとなります☆。

転職エージェントへの登録を含め、万全な体制で入職を検討する看護師にとっては、★この時期が転職活動を開始するのに適しています★。

10月は求人数は減りますが、年末年始に向けた採用計画が進むため、積極的に情報収集をすることが大切です。転職サイトを利用して市場動向を把握し、効果的な転職活動を行いましょう。

2-12. 11月

11月は看護業界において、年末年始の忙しい時期を前に、医療機関が人員補充のための求人を増やす傾向にあります。

特に、即入職が可能で、急患や感染症対応に即戦力となる経験豊富な看護師にとっては、この時期が転職の好機です。また、年末退職者の人員補充のため、☆医療機関は積極的に採用活動を行います☆。

看護学生向けの翌々年4月の新卒採用要綱の準備も始まる時期で、医療機関の看護体制を知る上で有益な情報が得られる可能性があります。したがって、時間をかけて転職活動を行いたい人は、この時期に新卒向けサイトのチェックを始めると良いでしょう。

11月は年末に向けての採用が活発化する時期です。ただし、年末の忙しい時期に入職することになるため、事前の準備と情報収集が重要です。

2-13. 12月

12月は看護業界において、年末年始の繁忙期を迎える時期です。

このため、医療機関では長期休暇に入る職員の代わりとなる看護師のニーズが高まります。しかし、救急や外来の受診率が高まる中での転職は、即戦力としての期待が大きく、厳しいデビューとなる可能性があります。

この時期は、先輩からのフォローを受けにくいため、転職するには慎重な判断が求められます。また、求職者の動きも少ないため、★求人自体の数も減少する傾向★にあります。したがって、万全な体制で転職を検討する場合は、1月以降のチャンスを待つことがおすすめです。

12月は求人数が少なく、新たな職場でのスタートが難しい時期です。年末年始の忙しさを考慮し、転職活動は新年に向けて計画的に進めることをお勧めします。

3.【年代別】転職時期を決めるポイント

087_3-0_転職時期決めるポイント

年代によって転職市場での価値は大きく変わります。

この章では、20代から40代までの年代別転職時期の決定要因に焦点を当て、それぞれの年代に合った転職のアプローチを提案します。

3-1. 20代の転職は慎重に

20代の転職は、キャリア形成の初期段階にあたるため、特に慎重な判断が必要です。

この時期は、看護師としての基本的なスキルや経験を積む重要な時期であり、勤務先の選択が将来のキャリアに大きな影響を与えます。

早期に転職することで多様な経験を積むことは可能ですが、一方で専門性を深めるためには一定期間、同じ職場での勤務が望ましい場合もあります。特に、専門性を高めたい場合や、特定の分野での経験を積みたいと考えている場合は、じっくりと自分のキャリアプランを考え、それに合った職場選びをすることが肝心です。

20代の転職では、将来のキャリアビジョンを明確にすると共に、メンターや先輩看護師のアドバイスを積極的に求めることが有効です。

▼20代の転職については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-2. 30代は即戦力として期待される

30代の看護師が転職を考える際、重要なのは即戦力としての期待に応えることです。

この年代の看護師は、豊富な経験と確かなスキルを持ち、ルーティンワークを一人でこなせる能力があります。また、ヒヤリハットの対応や新人指導など、指導者としての役割も期待されるようになります。

転職市場では、この年代の看護師は即戦力とみなされ、受け入れられやすい傾向にあります。特に、子育てが一段落し、看護師としてのキャリアに再び集中できるタイミングで転職を考える方も多いです。

患者とのコミュニケーション能力やチーム内の人間関係構築能力も高く、再離職のリスクが低いと言えます。このような背景を踏まえ、30代の転職では即戦力としての自己アピールが重要になります。

30代の転職では、これまでの経験を活かせる職場選びと、即戦力としての自己アピールが成功の鍵です。転職活動では、自身のスキルと経験を明確に伝えることを心掛けましょう。

▼30代の転職については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-3. 40代はマネジメント職の求人が増える

40代の看護師にとっての転職は、キャリアの方向性を見直す絶好の機会です。

長年の経験と知識を活かし、マネジメント職や専門職へのシフトが可能になります。この年代では、指導実績が豊富であり、新人ナースの育成やチームのマネジメント能力が期待されることが多いです。また、現職場での昇進の見込みがない場合、転職を通じて地位向上を目指すことも一つの選択肢です。

しかし、40代での転職は給与面での不安も伴うことがあります。給与が下がるリスクを考慮し、転職先を慎重に選ぶ必要があります。看護師資格は終身資格であり、病院看護以外の分野、例えば介護や保育など、新たなフィールドへの挑戦も視野に入れることができます。

40代の転職では、これまでの経験を活かしつつ、新しい分野への挑戦も検討することがおすすめです。キャリアの多様性を追求することが、より充実した看護師人生を送る鍵になります。

▼40代の転職については、こちらの記事で詳しく解説しています。

4. 転職のベストタイミングを見極める方法

087_4-0_転職ベストタイミング

転職を成功させるためには、タイミングが鍵を握ります。

この章では、転職のベストタイミングを見極める方法について詳しく解説します。

4-1. 転職にかかる平均期間

転職活動の期間は個人差が大きいものの、平均的には約2~3ヶ月程度とされています。

この期間には、求人の検索、応募、面接、そして内定までのプロセスが含まれます。ただし、転職先が決まった後、現職を円満に退職するための準備期間も考慮する必要があります。

特に看護師の場合、職場の人員配置や引き継ぎの都合を考えると、転職先が決定してから実際に職を移るまでにさらに時間がかかることも少なくありません。そのため、転職を考え始めたら早めの行動を心がけ、余裕を持ったスケジューリングをすることが肝心です。

転職活動は思いのほか時間がかかる場合があります。焦らず、じっくりと自分に合った職場を探すことが大切です。余裕をもって準備を進めることをお勧めします。

▼退職手続きのポイントについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-2. 転職活動の流れ

転職活動の流れを理解することは、成功への第一歩です。

まず、自己分析を行い、何を求めて転職するのか明確にします。次に、求人情報の収集と応募。ここでは、自分の希望条件に合った求人を見つけることが重要です。

面接は転職活動の中核であり、ここで自己PRと希望条件をしっかり伝えます。面接後、内定が出れば、現職の退職手続きに移ります。退職日や新たな職場の入職日の調整もこの段階で行います。

最後に、新しい職場でのオリエンテーションや研修に参加し、新たな環境に順応していきます。この一連の流れをスムーズに進めるためには、計画的な行動と準備が必要です。

転職活動は一つ一つのステップが重要です。特に面接では、自己PRと希望条件の明確な伝達がキーとなります。準備を怠らず、自分を最大限にアピールしましょう。

▼転職活動の流れについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-3. 転職活動は退職日から逆算して始める

退職日を決定したら、その日から逆算して転職活動を開始することが重要です。

例えば、退職を予定している日が12月末なら、その3ヶ月前の10月初旬には活動を開始すると良いでしょう。この期間は、応募書類の準備、求人の検索、面接の実施など、転職に必要な一連のプロセスを落ち着いて進めるのに適しています。さらに、内定が決まった後の引き継ぎや退職の準備にも余裕を持つことができます。

転職活動は、計画的に行うことが成功への鍵となりますので、退職日の設定と逆算して活動を始めることが推奨されます。

退職予定日が近づくにつれ、希望する求人が既に埋まっている可能性が高まります。早めの行動で、より多くの選択肢を確保しましょう。

▼転職活動のスケジュールの立て方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

5. 施設・診療科別転職時期の特徴

087_5-0_職場別転職時期の特徴

護師の転職市場において、施設や診療科によって最適な転職時期は異なります。

この章では、総合病院、クリニック、訪問看護など、様々な職場タイプに応じた転職のタイミングについて詳しく探ります。

5-1. 総合病院への転職適時

総合病院への転職は、年間を通じて様々なタイミングでチャンスがありますが、特に注目すべき時期がいくつかあります。

一つは新年度の始まりである4月です。この時期は新卒ナースの入職が多く、人員配置の見直しに伴う募集が見られます。また、年度末の3月も退職者が多いため、欠員補充のための求人が増加する傾向にあります。さらに、医療機関の予算計画に沿って年間を通じて定期的な採用が行われることもあります。

ただし、総合病院では看護師のキャリアや専門性を重視する傾向があるため、専門分野の経験や資格が転職成功のカギとなります。

総合病院への転職では、自分の専門性やキャリアプランを明確にすることが重要です。また、応募前に病院の特色や部門の情報を収集することで、より適切な転職先を見つけることができます。

5-2. クリニックや訪問看護への転職時期

クリニックや訪問看護への転職を考える場合、その時期は非常に重要です。

これらの施設は、大規模な病院に比べて採用枠が限られているため、年間を通じて求人が出るタイミングに敏感である必要があります。特に、春先や秋口は新しいスタッフを迎え入れる機会が多くなります。

これは、年度の始まりや中期にあたる時期で、人員の再編成が行われやすいためです。また、クリニックや訪問看護の求人は、地域や施設の特性によって大きく異なることもありますので、事前のリサーチが不可欠です。

小規模施設への転職は、狭い採用枠の中で競争が激しいことがあります。早めに情報収集を始め、適切な時期に応募することが成功のカギです。

5-3. 特殊な職場への転職戦略

特殊な職場、例えば緩和ケアセンターや専門クリニックなどへの転職では、通常の病院とは異なる戦略が求められます。

まず、専門知識や特定の技能が必要とされることが多いため、事前に関連する研修や資格取得に励むことが重要です。また、そのような職場は求人が少ないかもしれませんが、専門性を活かせるポジションであれば、より充実したキャリアを築くことができます。

職場の環境や文化についても、事前に詳しく調べ、面接時には具体的な質問を準備しておくことが肝要です。特殊な職場は特有の働き方や雰囲気があるため、自分に合った職場を見つけることが成功のカギとなります。

特殊な職場への転職は、通常の病院よりも競争が激しい場合があります。そのため、応募前に専門性を高めるための準備をしっかりと行い、自分の強みをアピールできるようにしましょう。また、職場の環境や文化に適応できるかどうかも考慮することが重要です。

6. 転職成功のためのポイントとコツ

087_6-0_転職成功のポイント

転職はキャリアにおいて大きな一歩です。

この章では、転職を成功させるためのポイントとコツについて詳細に解説します。

6-1. 転職理由と目的の明確化

転職を成功させるためには、自分の転職理由と目的を明確にすることが非常に重要です。

転職理由には、キャリアアップ、職場環境の改善、ワークライフバランスの調整など様々ありますが、これらを明確にすることで、どのような職場が自分に適しているかを判断しやすくなります。また、明確な転職の目的は面接時に自己PRや志望動機を伝える際にも役立ちます。

自分の価値観やキャリアプランに合った職場を選ぶことで、長期的な職場定着やキャリアの充実につながります。転職活動を始める前に、じっくりと自己分析を行い、具体的な目標設定をすることが成功への第一歩です。

転職理由と目的の明確化は、職場選びの基準を定める上で非常に役立ちます。自分にとって何が重要かを考え、それを基に転職先を選ぶことで、満足度の高い転職が実現します。

▼自己分析については、こちらの記事で詳しく解説しています。

6-2. 転職先の条件設定と優先順位付け

転職先を選ぶ際、自分にとって最も重要な条件を明確にし、優先順位を付けることが成功の鍵です。

条件としては、給与、勤務地、労働時間、職場環境、キャリアアップの機会などが考えられます。これらの中から何を最優先にするかを決めることで、転職活動がより効率的かつ目的に沿ったものになります。

例えば、家庭とのバランスを重視する場合は、勤務地や労働時間を優先順位の高い条件と設定すると良いでしょう。自分の価値観や目標に合った転職先を選ぶことが、満足度の高い転職につながります。

優先順位を決める際は、現在の不満点や将来のキャリアプランも考慮に入れると、より納得のいく転職先選びが可能です。

6-3. 転職サイトのサポートの利用方法

転職サイトのサポートは、転職活動を効率的かつ効果的に進めるための重要な手段です。

これらのサービスは、求人情報の提供から履歴書・職務経歴書の作成支援、面接対策、条件交渉まで幅広いサポートを提供します。特に看護師の転職市場は専門性が高く、個々の希望や条件に合った求人を見つけるのは一人では困難な場合があります。

転職サイトを利用することで、非公開求人へのアクセスやキャリアコンサルティングなど、より専門的なサポートを受けることが可能です。

ただし、複数のサービスを同時に利用する場合は、各エージェントへの対応も考慮し、効率的に活動を進めることが重要です。

転職サポートのサービスを利用する際は、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。また、エージェントとのコミュニケーションを密にすることで、より良い転職先を見つけることができます。

7. 円満退職とキャリア移行の進め方

087_7-0_円満退職進め方

転職を成功させるためには、現職場からの円満退職が不可欠です。

この章では、正しい退職手順と適切なタイミングの選び方、退職理由の伝え方、そして新しい職場へスムーズに移行するための計画について解説します。

7-1. 正しい退職手順とタイミング

円満退職を実現するためには、正しい退職手順とタイミングの理解が重要です。

まず、退職を決意したら、可能な限り早めに上司に直接伝えることが望ましいです。これにより、職場では人員計画や後任の手配に必要な時間を確保できます。通常、退職の意向を伝えた後、約1ヶ月から2ヶ月の在籍期間が一般的ですが、職場の規定や業務の引き継ぎ状況によって異なる場合があります。

退職の意思を伝える際には、感謝の気持ちを表し、可能な限り協力的な態度を示すことが大切です。また、引き継ぎの計画をしっかりと立て、後任のスムーズな業務開始をサポートすることも円満退職への重要なステップです。

退職時には、感情的にならずに冷静かつ礼儀正しく対応することが重要です。プロフェッショナルな態度で退職を進めることで、将来的な人脈の損失を防ぎ、キャリアにプラスとなります。

▼退職を伝える時期については、こちらの記事で詳しく解説しています。

7-2. 退職理由の伝え方と退職届の提出

円満退職を実現するためには、退職理由の適切な伝え方が重要です。

退職理由は、できるだけポジティブかつ具体的に伝えることが望ましいです。例えば、キャリアアップやスキルアップのため、家庭の事情など、前向きな理由を挙げることで、相手に理解を求めやすくなります。また、退職届は、退職の意思が固まったら速やかに提出することが大切です。

退職日の少なくとも1か月前には提出し、余裕を持った退職準備を行うことがスムーズなキャリア移行につながります。

退職の意向を伝える際には、直属の上司にまず話をし、その後に書面で正式に通知することが基本です。円滑な退職のためにも、この手順を守りましょう。

▼退職理由の伝え方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

7-3. 新しい職場へのスムーズな移行計画

新しい職場へのスムーズな移行は、計画的なアプローチが鍵です。

まず、新しい職場の始業日が決まったら、現職の退職日をそれに合わせて設定します。通常、2週間から1ヶ月の余裕を持って退職することが望ましいです。

退職と入職の間には、自分の時間を確保し、リフレッシュや新しい職場への心の準備をすることが重要です。また、新しい職場でのスタートに向けて、必要な資格の更新や専門知識のブラッシュアップを行うのも良いでしょう。

新しい職場の文化やルールを理解するために、事前に情報を収集し、入職初日には積極的にコミュニケーションを取る姿勢を見せることがスムーズなキャリア移行につながります。

新しい職場への移行は、心理的な準備も大切です。前職との区切りをつけ、新たな環境に期待を持って臨むことで、ポジティブなスタートを切ることができます。

8. 退職時期の見極めに強い転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

転職を考える際、最適なタイミングや条件選びに迷うことはありませんか?

転職活動は計画的に進めることが成功の鍵です。そのためには、最新の求人情報や市場の動向、キャリアアドバイスが必要不可欠です。

こうした豊富な情報を手に入れるためには、専門の転職サイトへの登録がおすすめです。特に「看護roo!」では、幅広い求人情報と個々のキャリアプランに合わせたサポートが受けられるため、転職の時期を見極めるのに最適です。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

8-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

8-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

8-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

9. 転職に関するよくある質問と回答

087_9-0_看護師転職するQ&A

転職に関する疑問は、多くの方が持っているものです。

この章では、転職に関するよくある質問とその回答を紹介します。

Q1:転職のタイミングはいつがいいですか?

転職のタイミングは個々の状況や市場の動向によって異なりますが、いくつかのポイントを押さえることが大切です。

一般的に、年度末や年度初め、つまり3月~4月は求人が多く出る時期とされています。これは、医療機関やクリニックが新年度の人員計画を立てる時期であり、新しい人材を積極的に採用するためです。また、賞与の支給後を狙う看護師も多く、この時期は転職者も増える傾向にあります。

自身のキャリアプランやライフステージに合わせて、市場の動向を見ながら転職活動を進めることが重要です。ただし、急ぐ必要はなく、自分のペースで計画的に進めることをお勧めします。

転職活動は焦らずに、自分のキャリアプランに合ったタイミングで進めることが大切です。また、市場の動向を把握し、求人の多い時期に活動を集中することも有効な戦略です。

Q2:中途採用はいつから受け付けが始まりますか?

中途採用の受け付け開始時期は、病院や施設によって異なりますが、多くの場合、年間を通じて随時行われています。特に、人員補充の需要が高まる春先や、年度末の人事異動が多い時期には、採用活動が活発化する傾向にあります。

しかし、それ以外の季節でも、病院や施設の状況に応じて求人が出ることがありますので、常に市場を注視することが大切です。

転職活動を始める際には、自分の専門分野や希望する職場環境に合った求人を見つけるため、市場の動向をしっかりと把握しておくことが重要です。また、求人が少ないとされる夏場や年末年始でも、積極的な採用を行っている施設は存在するため、季節に関係なく転職のチャンスはあります

Q3:転職時期によって待遇や条件が変わりますか?

転職時期によって待遇や条件が変わることは十分にあり得ます。特に看護業界では、年度末や年度始めに求人が多くなりますが、この時期は新卒者の採用も重なるため、待遇面での競争が激しくなることがあります。

一方で、年末年始や夏季などの繁忙期には、急募の求人が出ることがあり、こうした求人は比較的待遇面で優遇されることもあります。

しかし、繁忙期には業務の負担が大きくなる可能性もあるため、待遇だけでなく、勤務条件や業務内容も慎重に検討する必要があります。また、オフシーズンには求人数が減少しますが、それだけに好条件の求人が出た際の競争率は低くなる可能性があります。

転職を考える際には、待遇だけでなく勤務条件やキャリアプランに合致するかどうかも重要です。市場の動向を見極めつつ、自身の価値観に合った選択をすることが重要です。

Q4:看護師の転職活動を成功させるためには、どんな準備が必要か?

看護師の転職活動を成功させるためには、まず自分の転職理由と目標を明確にすることが大切です。現在の職場での不満点やキャリアアップの目的など、転職に至る背景を整理しましょう。

次に、履歴書や職務経歴書の準備を行い、自己PRや志望動機を明確にすることも重要です。また、資格やスキルのアップデートに努めることで、より良い条件の職場を獲得する可能性が高まります。さらに、面接対策としては、自分の強みや経験を効果的に伝える練習をしましょう

情報収集も重要で、希望する職場の評判や労働環境をリサーチすることで、実際の職場とのギャップを減らすことができます。必要であれば、転職エージェントを利用するのも一つの手段です。

転職はキャリアの大きな転機です。焦らずじっくりと準備し、納得のいく転職を目指しましょう。自分自身のキャリアプランに合った職場選びが、長期的な職業生活の充実につながります。

Q5:転職時期によって求人数や選択肢が異なることはあるのか?

看護師の転職時期によって、求人数や選択肢が変わることは確かにあります。例えば、一般的には春先、特に4月や5月は新卒の看護師が多く入職する時期のため、求人数は比較的少なくなります。また、年末年始や夏季は医療機関が閑散期に入るため、この時期の求人も限られがちです。

逆に、秋口から年末にかけては、年度末の退職者の補充や新たなプロジェクトの開始に伴い、求人が増える傾向にあります。また、急性期病院や専門的な診療科では、年間を通じて一定の求人が出ることもあります。

転職活動を始める際は、季節や時期の影響を考慮に入れつつ、自分の希望する条件やキャリアプランに合ったタイミングで行動を起こしましょう。さまざまな時期に応じた求人の特性を理解することが、効果的な転職活動の鍵となります。

5. まとめ

今回の記事では、看護師の転職タイミングに関して解説しました。

看護師の転職における最適な時期や月別の採用状況についてのポイントは次のとおりです。

転職タイミングのポイント
  • 年間を通じた採用状況の把握
    例えば、3月や4月は病院の人員補充が活発で転職に最適な時期です。
  • 自身のキャリアステージと市場の動向を考慮
    経験豊富な看護師への需要が特に1月や7月に高まります。
  • 転職成功のための戦略的計画
    求人情報の定期的なチェックと市場の動向に合わせた計画が重要です。
  • 季節や月による採用の変動を利用
    例えば、夏場や年末年始は求人が少なくなる傾向がありますが、急募求人のチャンスも存在します。

最も重要なのは、自分のキャリアプランに合ったタイミングで動くことです。また、看護師転職サイトの利用が転職活動を効率化し、成功に導くために重要とされています。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。迷ったらこの3社を併用することをおすすめします。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました