のんびり働ける職場を探す方法!看護師転職のポイント

092_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「のんびり働くことで精神的な余裕を持てるのかな?」
  • 「体力的に楽な職場は存在するの?」
  • 「家庭と仕事の両立は本当に可能?」

これらは、看護師として日々懸命に働く中で抱える、多くの方々の疑問や不安ではないでしょうか。

看護師という仕事は、多くの献身と努力を要します。しかし、常に忙しさに追われ、心身の健康を犠牲にしてまで働き続けることは、本当に必要なのでしょうか?

看護師として働く上での過酷な現実を直視し、より良いワークライフバランスを求めることは、決して甘えではありません。それどころか、自分自身、そして患者さんへのより良いケアを提供するために必要なことです。

この記事では、以下の点について詳しく解説します。

  • 看護師としてのんびり働くための大切なポイント
  • のんびり働ける職場環境の選び方
  • 看護師におすすめののんびり働ける診療科・施設
  • 看護師のワークライフバランス重視の働き方

本記事を通して、看護師としての職業生活におけるバランスの取り方、ストレスを軽減し、より充実した日々を送るためのヒントを提供します

看護師としてのキャリアをより豊かなものにするために、ぜひ最後までお読みください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. のんびり働きたいと思う理由

092_1-0_のんびり働きたい理由

看護師の仕事は、日々の忙しさや夜勤の負担などから、多くの方がのんびりとした働き方を求めるようになっています。

この章では、看護師がなぜリラックスした職場環境を望むのか、その理由を深掘りしていきます。

1-1. 仕事量が多く毎日忙しくて疲れた

看護師がのんびり働きたいと思う大きな理由は、仕事量の多さと日々の忙しさにあります。

看護師の仕事は、患者の健康を守る重要な役割を担っており、その責任は大きいです。しかし、慢性的な人手不足により、一人ひとりの看護師が抱える業務量は増大し、長時間労働が常態化しています。これにより、体力的・精神的な疲労は蓄積しやすく、プライベートな時間も削られがちです

看護師として質の高いケアを提供するためにも、自分自身の健康と幸福を保つことが重要です

適切な休息と自己ケアは、長期的に看護師としてのパフォーマンスを維持するために不可欠です。定期的な休暇の取得やホビーの時間を大切にしましょう。

1-2. 夜勤が体力的に辛くなってきた

看護師がのんびり働きたいと思う理由の中で、夜勤が体力的に辛くなってきたという点は重要です。

夜勤は日中の勤務と異なり、体内時計に影響を及ぼし、睡眠不足や疲労感を引き起こすことがあります。また、夜間の緊張感や緊急事態への対応も精神的な負担を増やします。このような理由から、夜勤を避け、体力的な負担を軽減したいと考える看護師は多いのです。

日勤のみの職場や、夜勤のない診療科を選ぶことで、より快適な労働環境を手に入れることが可能です。

夜勤の頻度や長さは職場によって異なるため、転職や異動を検討する際には事前に確認が必要です。

1-3. 勉強会や委員会など仕事外の負担が大きい

看護師がのんびり働きたいと考える理由の中で、勉強会や委員会などの仕事外の負担は大きな要因です。これらは直接の医療業務ではないものの、看護師のスキルアップや職場の運営に不可欠であり、参加が求められることが多いです。

しかし、これらの活動には多くの時間と労力が必要で、プライベートな時間を削ることにもなりかねません。その結果、仕事とプライベートのバランスを取ることが困難になり、精神的なストレスが増大することもあります。

看護師がのんびり働くためには、これらの追加的な負担を減らすことが一つの方法となり得ます。

勉強会や委員会参加は自己成長に繋がりますが、無理のない範囲で参加することが大切です。

1-4. 命を預かる職場で精神的に疲れた

看護師がのんびり働きたいと願う理由として、命を預かる職場での精神的疲れは無視できません。

患者の生命を支える責任は大きく、精神的なプレッシャーが常に付きまといます。さらに、不測の事態に迅速に対応する必要があるため、心理的な負担が大きいのです。

こうしたストレスは、長期にわたると心身の健康を害する可能性もあります。そのため、精神的にゆとりを持つためには、ストレスの少ない職場環境や業務内容の選択が重要になってきます。

精神的な疲れを感じたら、早めに専門家の相談を検討することが大切です。自己ケアも重要ですが、必要に応じて専門的なサポートを受けることが、健康な働き方に繋がります。

1-5. 育児や介護など家庭を優先させたい

看護師がのんびり働きたい理由の中には、育児や介護など家庭を優先させたいという思いがあります。

看護師は時間に追われる職業であり、シフト制や夜勤など不規則な勤務体系が多く、家庭との両立は難しい場合があります。特に小さな子どもがいる場合や介護が必要な家族がいる場合、仕事の負担が家庭生活に影響を及ぼすことも少なくありません。

そのため、家庭の事情を考慮して、勤務時間や勤務形態を選べる職場を探すことが、家庭と仕事のバランスを取る上で重要になります。

家庭と仕事の両立を目指す際は、柔軟な勤務体系を提供する職場選びが鍵となります。また、職場の同僚や上司とのコミュニケーションも大切です。

2. のんびり働くための大切なポイント

092_6-0_のんびりおすすめ職場

看護師としての仕事は多忙であり、心身ともに負担が大きいことが多いです。

この章では、看護師がよりリラックスして働けるようになるためのポイントを探ります。

2-1. 現在の雇用形態を見直す

看護師がのんびり働くための第一歩は、現在の雇用形態を見直すことです。正社員として勤務している場合、高い責任感と共に多くの業務が求められますが、これがストレスの原因になることもあります。

一方で、パートやアルバイトとして働くことで、勤務時間や日数を調整し、プライベートな時間を確保しやすくなります。また、非常勤や派遣の働き方も選択肢の一つです。

これらの雇用形態では、個人のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能になるため、仕事と私生活のバランスを取りやすくなります。

雇用形態を変更する際は、給与や社会保険、キャリアパスなども考慮に入れる必要があります。自分にとって最適なバランスを見極めることが重要です。

▼派遣看護師については、こちらの記事で詳しく解説しています。

2-2.「のんびりポイント」を明確にする

看護師としてのんびり働くためには、「のんびりポイント」を明確にすることが大切です。これは、自分が仕事で何を最も重視し、何にストレスを感じるかを自己分析することを意味します。

例えば、夜勤が辛い、残業が多い、人間関係がストレス、といった具体的な要因を洗い出します。これらを明確にすることで、自分に合った職場環境や勤務形態を選ぶ際の指針となり、より効果的にのんびりとした働き方を実現できます。

自分にとっての快適な働き方を理解することが、ストレスの軽減に繋がるのです。

自分の「のんびりポイント」を見つける際は、日記やメモを取ることが役立ちます。日々の業務中に感じたストレスや満足感を記録し、分析することで、より自分に合った働き方が見えてくるでしょう。

2-3. 情報収集の重要性

看護師としてのんびり働くためには、情報収集の重要性を理解し、積極的に行うことが必要です。

職場環境や雇用形態、勤務地など、働く条件は多岐にわたります。これらの情報を得るためには、インターネット上の求人情報同僚や知人からの情報看護師専門の転職サイトの活用が有効です。

特に看護師専門の転職サイトは、個々の希望に合った職場を提案してくれるため、自分に合った働き方を見つける上で大きな助けとなります。充実した情報収集は、理想的なワークライフバランスを実現するための第一歩です。

情報収集する際は、自分の希望条件を明確にしておくと効率的です。希望する勤務時間や給与、勤務地などを事前にリストアップしておくことで、目的に合った情報を探しやすくなります。

▼情報収集については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3. のんびり働ける職場環境の選び方

092_3-0_のんびり働く職場環境選び方

のんびりと働くことは多くの職業人にとって理想的な状態です。特に看護師の職場では、勤務形態やワークライフバランスが重要な要素となります。

この章では、心身の健康を維持しつつ、良好な人間関係を築ける職場環境の選び方について、具体的な視点から解説していきます。

3-1. 勤務形態とワークライフバランスの考慮

のんびり働ける職場環境を選ぶ際、勤務形態とワークライフバランスの考慮は欠かせません。看護師として働く上で、フルタイムやパート、夜勤の有無など、勤務形態は多様です。自分のライフスタイルや家庭の状況に合わせて、最適な勤務形態を選ぶことが重要です。

例えば、子育て中の看護師であれば、日勤のみや時短勤務が可能な職場を選ぶことが家庭との両立に役立ちます。また、自分の時間を大切にしたい場合は、残業が少ない職場や有給休暇が取りやすい環境を選ぶことも大切です。

職場選びでワークライフバランスを考慮することで、仕事と私生活の充実を図ることができます。

勤務形態を選ぶ際には、自分の健康状態や家族の要望も考慮し、無理のない範囲で決定することが大切です。自分にとっての最適なワークライフバランスを見つけることが、長く働き続けるための鍵となります。

3-2. 心身の健康を維持できる職場の特徴

心身の健康を維持できる職場の特徴を理解することは、のんびり働ける環境を選ぶ上で重要です。

まず、適度な労働時間と休憩が確保されている職場は、過労を防ぐために必要です。また、職場内でのストレスを軽減するために、人間関係が良好で、コミュニケーションが円滑に行われている環境も重要な要素です。さらに、緊急時以外の残業が少なく、有給休暇を取得しやすい職場も、長期的に見て心身の健康を保つのに役立ちます。

これらの条件を満たす職場は、働きやすさと心身の健康を維持するためのバランスが取れていると言えるでしょう。

職場の特徴を知るためには、面接時に環境や労働条件について積極的に質問することが大切です。また、現在の職員からのフィードバック病院見学を通じて、実際の職場の雰囲気を感じ取ることも有効です。

3-3. 人間関係が良好な職場の見極め方

人間関係が良好な職場は、看護師がのんびりと働くために重要な要素です。

良い人間関係は職場でのストレスを軽減し、仕事の満足度を高めます。そんな職場を見極めるポイントとして、面接時の雰囲気や職場見学を重視しましょう。面接では、職場の方針やスタッフ間のコミュニケーションスタイルに注目することが大切です。また、職場見学を通じて、実際の職場環境やスタッフの様子を観察することで、実際の雰囲気を把握することができます。

職場の雰囲気やスタッフの様子が自分に合っているかどうかを見極めることで、人間関係が良好な職場を選ぶことが可能になります。

職場選びで人間関係を重視する場合、現在働いているスタッフ退職したスタッフの意見を参考にするのも一つの方法です。実際に働いた経験のある人の意見は、職場の雰囲気を知る上で貴重な情報源となります。

4. のんびり働けるおすすめの診療科・施設

092_4-0_のんびり働くおすすめ診療科

のんびりとした働き方を求める看護師にとって、職場選びは非常に重要です。

この章では、比較的落ち着いた環境で働ける診療科や施設を紹介し、それぞれの職場での働き方の特徴や魅力を探ります。

4-1. クリニック(手術なし)

のんびりと働きたい看護師におすすめの診療科の一つに、手術を行わないクリニックがあります。この種のクリニックでは、日帰り手術や重篤な症例の取り扱いが少なく、比較的落ち着いた勤務が可能です。

患者さんとじっくり向き合える時間が取れるため、看護師としての専門性を深めることもできます。また、夜勤がない場合が多く、日勤のみでの勤務が実現しやすいです。これにより、生活リズムを整えやすく、プライベートの時間を確保しやすい環境が整います。

のんびりとした勤務を求める看護師にとって、手術のないクリニックは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

手術のないクリニックを選ぶ際は、診療科の種類や患者層も考慮すると良いでしょう。自分が興味を持てる診療科や、対応したい患者層を事前に検討しておくことで、より充実した勤務が期待できます。

4-2. 眼科・耳鼻科・皮膚科

看護師にとってのんびり働ける環境を求めるなら、眼科、耳鼻科、皮膚科がおすすめです。

これらの診療科は、急性期治療や重篤な病状の患者が少なく、比較的穏やかな勤務環境が期待できます。また、定期的な検診や治療が主な業務のため、緊急事態に対応する頻度が低く、心身ともに負担が軽減される傾向にあります。

眼科、耳鼻科、皮膚科では日勤のみの勤務体系をとるクリニックも多く、ワークライフバランスを重視したい看護師には適しています。のんびりとした職場環境を求める看護師にとって、これらの診療科は理想的な選択肢と言えるでしょう。

眼科、耳鼻科、皮膚科を選ぶ際は、それぞれの科の専門知識や技術を身に付けることも重要です。専門性を深めることで、より充実したキャリアを築くことが可能になります。

4-3. 介護施設・デイサービス

介護施設やデイサービスは、看護師にとってのんびりとした働き方が可能な場所です。ここでは、患者さんの日常生活のサポートや健康管理が主な業務になります。

緊急性が高い医療行為が少ないため、精神的なプレッシャーが比較的低い環境で働けます。また、家庭と仕事の両立を考える看護師にとっても、シフトの柔軟性や勤務時間の調整がしやすいのが特徴です。

慢性期の患者さんと長期にわたって関わることで、人間関係を築きやすいという利点もあります。患者さんの生活の質を高める支援を行うことで、看護師自身も大きなやりがいを感じることができます。

介護施設やデイサービスでの勤務は、医療現場の緊張感から離れ、看護師としての新しいキャリアを築く機会にもなります。患者さんとのコミュニケーションを深めることで、より充実した看護を提供できるでしょう。

▼デイサービスについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-4. 保育園・幼稚園

保育園や幼稚園での看護師の役割は、子どもたちの健康管理と安全の確保です。こうした施設では、急患や緊急対応が比較的少なく、のんびりとした環境で働けることが多いです。

子どもたちの成長を間近で見守りながら、健康教育や保護者への相談対応も行います。これらの業務は、看護師として新たなスキルを磨く機会にもなります。また、家庭との両立がしやすいという利点もあり、子育て中の看護師にとっては特に魅力的です。

保育園や幼稚園で働くことで、新しいキャリアパスを開拓し、子どもたちとのふれあいを通じて心の充実を得ることができます。

保育園や幼稚園での勤務は、子どもが好きな看護師にとって非常にやりがいのある選択です。日々の子どもたちの成長に寄り添いながら、看護の専門知識を活かすことができます。

▼◯◯◯については、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-5. 健診センター・ドック室

健診センターやドック室での勤務は、看護師にとって比較的ゆったりとした環境を提供します。ここでは、定期的な健康診断や人間ドックの実施に関わり、患者の健康管理をサポートします。

緊急事態が少なく、計画的に業務を進めることができるため、精神的な余裕を持ちやすい職場です。また、健康教育の提供や予防医療のアドバイスなど、看護師としての専門知識を活かせる機会も多くあります

このような環境は、バランスの取れたワークライフを目指す看護師にとって理想的です。また、定期的な勤務時間という特徴は、家庭との両立を求める看護師にも適しています。

健診センターやドック室での勤務は、急性期の病棟とは異なる、新たなキャリアパスを提供します。予防医療の重要性が高まる中、この分野での経験は今後のキャリアにも大いに役立つでしょう。

▼健診センターについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-6. 療養型(慢性期)の病院

療養型(慢性期)の病院は、看護師にとってのんびり働ける環境としておすすめです。患者さんの病状が比較的安定しているため、緊急性の高い医療行為が少なく、落ち着いて働ける点が特徴です。

このような病院では、長期的なケアに重点を置いて、患者さん一人ひとりとじっくり向き合うことができます。また、家庭とのバランスを取りやすい勤務体系が多いため、家庭を持つ看護師にとっても理想的な職場環境と言えます。

療養型病院での勤務は、患者さんとの深い関係性を築きながら、ゆったりとしたペースで看護を行うことが可能です。そのため、精神的な余裕を持ちながら働くことができるでしょう。

療養型病院での勤務は、看護の基本に立ち返り、患者さんとの対話を大切にすることができます。のんびりとした環境で、看護師としてのキャリアを深める絶好の機会となるでしょう。

5. 看護師のワークライフバランス重視の働き方

092_5-0_のんびりワークライフバランス

看護師としてのキャリアを積む中で、ワークライフバランスの重視は重要なテーマです。

この章では、看護師がプライベートの時間を確保しながら働くための様々な働き方を紹介します。

5-1. 正社員・日勤のみ

正社員で日勤のみの勤務体系は、看護師のワークライフバランスを重視する働き方の一つです。この働き方は、夜勤がないため、生活リズムが一定し、体力的な負担を軽減できます。また、家庭と仕事を両立させやすく、プライベートな時間を確保しやすいのが大きな利点です。

特に、小さい子どもがいる看護師や家庭の事情で夜間勤務が難しい方にとって、日勤のみの勤務体系は非常に魅力的です。定時で帰宅できることが多く、余暇を楽しむ時間も増えます

このように、看護師としてのキャリアを継続しながら、家庭生活とのバランスを取ることが可能になります。

日勤のみの勤務体系を選ぶ際は、給与やキャリアアップの面でも慎重に検討することが大切です。ワークライフバランスを保ちながら、自分に合ったキャリアプランを描くことが重要です。

5-2. 時短勤務・パート勤務

時短勤務やパート勤務は、看護師のワークライフバランスを考慮した働き方の良い選択肢です。これらの勤務形態は、フルタイム勤務に比べて勤務時間が短く、家庭やプライベートな時間を大切にしたい方に適しています

特に育児や介護などの家庭の事情がある場合、時短やパート勤務は柔軟性が高く、ライフスタイルに合わせやすいです。さらに、看護師としての専門性を維持しながら、家庭や個人の時間を充実させることが可能です。これにより、仕事と私生活のバランスを取り、ストレスを軽減することができます

時短やパート勤務は、キャリアを長く続けるための一つの手段として考えることができます。

時短やパート勤務を選ぶ際には、給与やキャリアパスに影響があるかどうかも考慮することが重要です。柔軟な働き方を選択しながらも、長期的なキャリアプランを見据えた上で検討しましょう。

5-3. 保健室や医務室での勤務

保健室や医務室での勤務は、看護師がワークライフバランスを重視する際の適した選択です。学校や企業内の保健室では、緊急の医療行為が少なく、比較的穏やかな環境で働くことができます

こうした職場では、健康相談や健康教育、疾病の予防指導などが主な業務になり、忙しい病院勤務とは異なるペースで働けます。また、休日や勤務時間が一般の企業と同様であることが多く、家庭生活との両立がしやすいのも大きなメリットです

保健室や医務室勤務は、看護師としての専門知識を活かしつつ、プライベートな時間も大切にできる働き方と言えます。

保健室や医務室での勤務は、対人関係のスキルや健康教育に関する知識が求められます。看護師としての専門性を活かしながら、新たなキャリアの可能性を探る良い機会になります。

▼養護教諭については、こちらの記事で詳しく解説しています。

5-4. 非正規職員(派遣・パート)として働く

非正規職員(派遣・パート)として働くことは、看護師にとってのワークライフバランスを大きく改善する手段の一つです。派遣やパート勤務では、勤務地や勤務時間、勤務日数を自分のライフスタイルに合わせて柔軟に調整できることが最大の魅力です。

特に子育て中の看護師や介護が必要な家族がいる場合、このような勤務形態は大きな助けとなります。また、複数の職場で働くことで、様々な経験を積み、スキルアップにも繋がります。非正規職員としての働き方は、プライベートを重視しながらも看護師としてのキャリアを継続することを可能にします。

これにより、働きながら自分の時間も大切にできるバランスの取れた生活が実現可能です。

非正規職員として働く際は、雇用条件や福利厚生をしっかり確認することが重要です。安定した収入やキャリア形成の面で不安がある場合は、慎重な選択が求められます。自分のライフスタイルに合った働き方を見つけましょう。

6. キャリア別のんびり働きたい人におすすめの職場

092_6-0_のんびりおすすめ職場

看護師のキャリアには多様なステージがあり、それぞれに適した職場が存在します。

この章では、キャリアステージに合わせた職場選びを重視し、新人、中堅、ママナース、ベテランナースがのんびりと働ける場所を紹介します。

6-1. 新人1年目向けの職場

新人1年目の看護師におすすめの職場は、教育体制が整った環境です。例えば、初心者向けのプログラムが設けられている病院や、メンターシステムを導入している施設などが理想的です。

新人看護師は、実務経験が少なく、様々な状況に直面することが予想されます。そのため、経験豊富な先輩看護師から学べる環境が重要です。また、研修制度が充実しており、実践的なスキルアップが可能な職場も適しています。

こうした職場では、新人看護師が自信を持って業務に取り組めるようサポート体制が整っているため、ストレスを感じにくいという利点があります。

安心して働ける環境を選ぶことで、新人看護師は着実に成長し、長期的なキャリア形成を図ることができます

新人時代は基礎を固める重要な時期です。自分に合った環境でしっかりとスキルを身につけ、看護師としての基盤を作ることが大切です。環境選びには慎重に取り組みましょう。

6-2. 中堅ナース向けの職場

中堅ナース向けの職場として、のんびりと働ける環境を探すことは、キャリアとワークライフバランスを両立させる上で重要です

この段階では、看護師として基本的なスキルや知識が身についており、高度な専門性を求められる環境よりも、患者とじっくり関われる療養型の病院や診療所がおすすめです。また、クリニックや健診センターなど、定時で帰れる職場も魅力的です。

これらの職場では、急性期の病院勤務に比べて業務のペースが穏やかで、プライベートな時間を確保しやすい環境が整っています。

中堅ナースにとって、キャリアの継続と自身の生活スタイルを考慮した職場選びが、長期的な職業生活において重要になります。

中堅ナースとしてキャリアを積む過程で、自分に合った働き方を模索することは非常に大切です。家庭や趣味など、仕事以外の部分にも目を向け、バランスの良い働き方を見つけましょう。

6-3. ママナース向けの職場

ママナースにとっての職場選びは、家庭と仕事の両立を考慮する上で非常に重要です。特に、子育て中のナースには、柔軟な勤務時間や日勤のみの職場がおすすめです。

例えば、クリニックや健診センター、学校の保健室などは、定時で帰宅できることが多く、育児とのバランスを取りやすい職場です。また、託児所がある病院やパートタイムで勤務できる職場も、子育て中のナースにとっては大きなメリットとなります。

ママナースには、自身と家族のライフスタイルに合わせた、柔軟な働き方が可能な職場を選ぶことが重要です。

ママナースが職場を選ぶ際には、勤務形態だけでなく、職場のサポート体制や雰囲気も考慮することが大切です。子育てを理解し、支援してくれる職場を見つけることが、長期的なキャリア継続に繋がります。

6-4. ベテランナース向けの職場

ベテランナース向けの職場として、のんびりとした環境での勤務は、キャリアとライフスタイルのバランスを考える上で重要です。

長年の経験を活かせる場として、慢性期の病院や介護施設、在宅看護などが適しています。これらの場所では、緊急度が低く、患者とじっくり向き合う時間が取れるため、精神的な余裕を持ちながら働けます。また、メンター役や看護教育のポジションを担うことで、豊富な経験を後進に伝える役割も果たせます。

ベテランナースには、自分の経験を生かしつつ、ストレスの少ない落ち着いた勤務環境を選ぶことが、長く働き続けるための鍵となります。

ベテランナースの場合、経験を活かしたポジションを求めると同時に、身体的・精神的な負担の少ない職場を選ぶことが大切です。キャリアの後半戦は、自分にとって働きやすい環境で、看護の専門性を活かしましょう。

7. のんびり働きたい人におすすめな転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

効率的な転職活動と成功の可能性を高めたい人は、看護師転職サイトの利用がおすすめです。特に「看護roo!」は求人数とサポートが充実しているため、初めての転職サイト選びに最適です。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

7-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

7-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

7-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

8. まとめ

今回の記事では、看護師の転職において「のんびりと働ける職場を見つける方法」に焦点を当てて解説しました。

看護師としての負担が多く、プライベートの時間が確保しにくい現状を踏まえ、より快適なワークライフバランスを実現するためのポイントとして次の点を挙げました。

本記事で紹介した重要なポイント
  • 雇用形態の見直し
    パートやアルバイトとしての勤務が、時間の柔軟性を提供し、ストレス軽減に貢献します。
  • 「のんびりポイント」の明確化
    分が何に重きを置き、何にストレスを感じるかを自己分析することで、理想の職場を選ぶ手助けとなります。
  • 情報収集の重要性
    転職サイトやエージェントを活用し、多様な求人情報を収集することが、理想的な働き方を見つける上で重要です。
  • 勤務形態とワークライフバランスの考慮
    自分のライフスタイルや家庭の状況に合わせた勤務形態を選ぶことが、バランスの取れた職場選びに繋がります。

この記事で最も伝えたいことは、自分に合った勤務形態を見つけ、ワークライフバランスを重視することがなにより大事です。

また、看護師転職サイトの利用は、理想的な職場を効率的に見つけるために必須であり、強くおすすめします。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました