転職回数が多い看護師が知りたい!転職の影響と成功の秘訣

091_0-0_アイキャッチ画像 転職知識

PR 当サイトはマイナビ・リクルート等複数の企業のサービスを紹介しており、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「看護師としてのキャリアに転職回数が影響するの?」
  • 「転職を繰り返すと、どんな不利益があるの?」
  • 「転職回数が多いと面接で不利になるの?」

こうした疑問や不安を感じたことはありませんか?

看護師の仕事は非常に重要でありながら、時には職場環境や人間関係、キャリアアップのための転職を考えることもあります。

しかし、転職を重ねることによって、自分のキャリアに悪影響を与えかねないという不安も伴います。特に、転職回数が多いと「トラブルメーカー」「人間関係が築けない」「すぐに辞める」といったマイナスイメージを持たれがちです。

本記事では、以下の内容について詳しく解説していきます。

  • 看護師の平均転職回数とその原因
  • 転職回数が多いことが再就職に及ぼす影響
  • 転職回数が多い看護師の面接対策
  • 転職が多い人が仕事を続けるコツと原因解決法

この記事を読むことで、転職回数が多い看護師が直面する問題についての理解を深め、面接時の対策や長期的なキャリア形成のためのヒントを得ることができます

看護師としての道を歩むうえで、悩みや不安を解消し、より良いキャリアを築くために、是非最後までお読みください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選l看護師ワーカー2

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする

1. 看護師の転職回数とその影響

091_1-0_転職回数の影響

看護師のキャリアにおいて、転職回数は重要な要素です。多くの看護師が経験するこの現象の背景には、さまざまな理由があります。

本章では、看護師の転職回数とその影響について探求します。

1-1. 看護師の平均転職回数とその原因

看護師の平均転職回数は様々な要因によって異なります。その主な理由には、職場環境人間関係給与面キャリアアップへの志向などが挙げられます。これらの要因は看護師自身のキャリア形成や生活状況と密接に関連しています。

看護師としてのスキルアップや専門性を高めるための転職は、キャリアパスにおいてポジティブな影響を与えることもあります。しかし、転職が多過ぎると、再就職の際に不利になるケースも少なくありません。特に、採用担当者は転職回数を基に、候補者の安定性やコミットメントを評価することがあります。

転職を考える際は、今後のキャリアビジョンと照らし合わせ、長期的な視点で検討することが重要です。

1-2. 短期離職を繰り返す看護師の特徴

短期離職を繰り返す看護師には、特定の特徴が見られます。多くは職場の人間関係や勤務条件に満足できず、次の職場を求めてしまう傾向にあります。また、新しい環境への適応が難しい、あるいは期待と現実のギャップに悩むことも一因です。

これらの理由から、短期間で複数の職場を経験することになり、転職履歴にネガティブな印象を与えかねません。しかし、これは必ずしも看護師個人の問題だけではなく、職場環境やマネジメントの問題も関連しています。

転職面接では、過去の短期離職について正直かつ建設的に説明することが重要です。面接官は、その理由やあなたが学んだ教訓に興味を持つでしょう。

1-3. 転職回数が多いことが再就職に及ぼす影響

転職回数が多い看護師が再就職に際して直面する影響は、多岐にわたります。まず、履歴書上の多数の転職は、採用担当者に不安定さやコミットメントの欠如といったネガティブな印象を与えることがあります。特に、転職理由が明確でない場合、次の職場でも長続きしないと見なされるリスクがあります。

しかし、これは必ずしも個人の能力や資質の問題ではなく、職場環境やキャリアプランの不一致が原因であることも多いです。そのため、適切な転職理由の説明と、今後のキャリアプランについての明確なビジョンを示すことが、再就職の成功に繋がります。

転職回数が多い場合、面接での説明には特に注意が必要です。過去の経験から学んだことや成長した点を強調し、将来の職場でどのように貢献できるかを伝えることが重要です。

1-4. 採用担当者が抱くマイナスイメージ

転職回数が多い看護師に対する採用担当者のマイナスイメージは、様々な要因で形成されます。一般的には、頻繁な転職を経験した看護師は、職場へのコミットメントが低いと見なされがちです。また、定着しない原因として、人間関係の構築が困難であるとか、仕事に対する適応力が不足しているといった印象を持たれることもあります。

これらのイメージは、看護師自身の能力や資質とは別に、採用側の先入観に基づくものであることが多いです。しかし、これらのマイナスイメージを払拭するためには、転職の動機や経験から得た教訓を明確に伝えることが肝要です

転職回数が多いことを前向きに捉え、職場での多様な経験や獲得したスキルをアピールすることで、マイナスの印象を払拭する努力が重要です。

2. 採用担当者が転職回数の多い人に抱くマイナスイメージ

091_2-0_転職回数マイナスイメージ

転職回数が多い人材に対する採用担当者の懸念は、多岐にわたります。彼らはどのようなマイナスイメージを持ち、それが応募者の評価にどのように影響するのでしょうか。

この章では、採用担当者の視点から見た転職回数の多さに関する見解を探ります。

2-1. トラブルを起こしそう

転職回数が多いというだけで、採用担当者は応募者に対し「トラブルを起こしやすいかもしれない」との懸念を抱くことがあります。これは、頻繁な転職が職場内での人間関係や業務上の問題を引き起こす可能性があると見なされるためです。

しかし、実際には多くの転職が職場環境やキャリアアップへの志向によるものであり、トラブルの存在を直接的に示すものではありません。面接では、過去の転職がトラブルの原因ではなく、積極的なキャリア形成の一環であることを明確に伝えることが重要です

面接においては、転職がキャリア形成の一部であることを具体的な経験や学びを交えて伝え、ポジティブな印象を与えることが大切です。

2-2. 人間関係をうまく築けなそう

転職回数が多いと、採用担当者は「人間関係をうまく築けないかもしれない」と感じることがあります。頻繁な転職は対人関係の不和や職場適応力の不足を示唆すると受け取られがちです。特に、短期間での転職が目立つと、問題から逃避する傾向があると見なされる恐れも。

しかし、多くの場合、キャリアアップや労働条件改善のための転職です。面接では、過去の問題解決や対人関係構築の事例を話すことで、トラブル回避能力をアピールしましょう

面接時には、過去の職場で築いた良好な人間関係やチームワークに関する具体的なエピソードを共有することが有効です。これにより、人間関係の構築能力をアピールし、誤解を解消することができます。

2-3. すぐに辞めてしまいそう

転職回数が多い人に対して、採用担当者は「すぐに辞めてしまうのではないか」と懸念することがあります。これは、頻繁な職務変更が、職場への長期的なコミットメントや耐久性の不足を示唆すると考えられるためです。

しかし、多くの転職は個々の事情やキャリアの志向に基づくものであり、必ずしも職務への不適合を意味するわけではありません。面接では、適切な説明を行うことで、このような誤解は解消される可能性があります

面接時には、過去の転職が自分のスキルアップや専門性の向上にどのように貢献したかを具体的に説明することが重要です。これにより、単なる転職ではなく、意図的なキャリアの発展として捉えてもらえるでしょう。

2-4. スキルが無さそう

転職回数が多いという理由だけで、採用担当者から「スキルが不足しているのではないか」と疑われることがあります。短期間で職を変えることが多いと、一つの職場で深いスキルや経験を積む時間が不足していると見なされがちです。

しかし、これも必ずしも正確な判断ではありません。多くの転職者は、様々な環境で多様なスキルを習得しており、それが自身の強みとなっています

面接時には、転職を通じて得た多様なスキルや経験を具体的に示すことが重要です。特に、異なる職場での学びや成果を強調することで、スキルが豊富であることをアピールしましょう。

3. 転職回数が多い看護師の面接対策

091_3-0_転職回数の面接対策

転職回数が多い看護師が面接において直面する課題は多岐に渡ります。自己紹介の方法から、退職理由の伝え方まで、適切な対策は重要です。

この章では、転職回数が多い看護師の面接対策について詳しく探ります。

3-1. 自己紹介は前向きな思いで締める

転職回数が多い看護師が面接で成功するためには、自己紹介を前向きに終えることが重要です。転職の理由を説明する際、過去の職場の否定的な点を強調するのではなく、新たな挑戦やスキルアップを目指す積極的な姿勢を示すことが大切です。

採用担当者は前職を否定する姿勢よりも、成長を望む姿勢を評価します。また、妊娠希望を含めたキャリアプランについても、将来への明確なビジョンを持っていることをアピールすると良いでしょう。

転職回数が多いことをネガティブに捉えず、さまざまな経験から得たスキルや視点を前面に出しましょう

3-2. 即戦力をアピールする

転職回数が多い看護師が面接で成功する鍵は、即戦力としての能力をアピールすることです。これまでの経験から得たスキルや知識を具体的に話し、どのようにそれが新しい職場で役立つかを明確に伝えましょう。特に、緊急時の対応能力やチームでの協働経験は、採用担当者に強い印象を与えます。

以前の職場での成功事例や改善活動への参加経験も有効です。その職場特有のニーズにどう応えられるかを示すことが重要です。

自分の強みを自信を持って伝えることが大切ですが、過剰な自己アピールは避け、謙虚さも忘れないようにしましょう。

3-3. 転職理由(退職理由)の伝え方に注意

転職理由(退職理由)を伝える際は、特に注意が必要です。多くの転職を経験している看護師の場合、面接官はその理由に注目することが多いです。ポジティブな表現を使い、新しい職場での成長やキャリアアップを目指す意欲を示しましょう

過去の職場に対する否定的なコメントは避け、転職は自分の成長のための選択であったことを強調すると良いでしょう。転職の動機は、将来のビジョンと結びつけることがポイントです。

面接では、退職理由を聞かれた際にも、ポジティブなアプローチを心がけましょう。ネガティブな印象を与えることは避けるべきです。

3-4. 転職理由を正直に言っても大丈夫?

転職面接での理由説明は、正直さと表現方法のバランスが重要です。過去の職場への不満や批判を避け、キャリアアップや自己成長を目指すポジティブな動機を強調することが肝心です。

特に看護師の場合は、スキル向上や新しい挑戦への意欲を示すと効果的です。正直に自分の希望や状況を伝えることで、適切な職場とのマッチングが可能になります

転職理由は正直に伝えるべきですが、過去の職場に対する否定的なコメントは控え、将来へのポジティブな意向を強調しましょう。

3-5. 全ての転職を履歴書や職務経歴書に書かなくてもいい?

転職回数が多い看護師の場合、履歴書や職務経歴書に全ての転職を記載するかどうかは慎重に判断する必要があります。一般的には、履歴書には全ての職歴を正確に記入することが求められますが、短期間の雇用やあまり関連性のない職歴は省略することも検討してください。

重要なのは、職務経歴書でのアピールポイントです。ここでは、看護師としての経験やスキル、特に強みとなる経験を強調しましょう。面接では、省略した職歴についても質問される可能性があるため、正直かつポジティブな説明を準備しておくことが重要です。

履歴書の職歴は正確に記載することが基本ですが、職務経歴書でのアピールはより戦略的に行いましょう。また、面接で職歴について質問された際は、正直に回答することが信頼を築く上で重要です。

4. 転職が多い人が仕事を続けるコツと原因解決法

091_4-0_転職回数の原因解決法

転職は、キャリアの一部として捉えられることが多いですが、頻繁に転職を繰り返すことには様々な背景があります。

この章では、転職が多い人が直面する課題と、それを乗り越えるためのコツを探ります。

4-1. 辞める理由の自己分析と要因把握

転職が多い人が仕事を続けるための一つのコツは、辞める理由の自己分析と要因の把握です。自分が何故辞めたいと感じるのか、その背景にはどのような要因があるのかを理解することが重要です。

これには職場環境、人間関係、仕事内容、キャリアプランの不一致など様々な要素が関わっています。特に、自分の価値観と仕事の相違を見極めることが、次の職場選びにおいて役立ちます。

自己分析は転職の成功に不可欠です。自分の価値観やキャリア目標を明確にし、それに合った職場を探すことが重要です。

4-2. 仕事と生活の「妥協点」を見つける

転職が多い人が仕事を長く続けるためのコツは、仕事と生活のバランスを見つけることです。理想と現実の間で妥協点を探し、自分にとっての「最適な環境」を定義することが重要です。

例えば、給与や職場の雰囲気、勤務地、勤務時間など、優先順位を明確にし、それに基づいて職場を選ぶことです。完璧な職場は存在しないかもしれませんが、自分に合った環境を見つけることが、長期的なキャリア形成につながります。

転職を考える際は、今の職場で満たされていないニーズが何かを明確にすることが重要です。それにより、次の職場選びで同じ問題を繰り返さないようになります。

4-3. 趣味や交友関係を充実させる

転職が多い人にとって、趣味や交友関係の充実は、仕事外での満足感を得るために重要です。趣味を通じてストレスを解消し、友人や家族との時間を大切にすることで、仕事のプレッシャーから一時的に解放されます。

これはメンタルヘルスを保ち、仕事に新鮮な気持ちで取り組む助けになります。また、趣味や交友関係は新たな視点やアイデアをもたらし、仕事のパフォーマンス向上にも寄与することがあります。

定期的に趣味の時間を設け、オフを充実させることで、仕事へのモチベーション維持にもつながります。バランスの取れたライフスタイルが、長期的なキャリア形成をサポートします。

5. 転職回数が多い看護師におすすめな転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

転職を考える際に、過去の転職回数が多いことに不安を感じたことはありませんか?

看護の道は多様で、時には何度も転職が必要になることもあります。ですが、その一歩を踏み出す前に、看護師転職サイトのサポートを得ることで、より明確で満足のいく転職が可能です

中でも「看護roo!」は、その質の高いサポートと豊富な求人から、多くの看護師に選ばれています。適切な職場の選択やキャリアプランの相談を通じて、あなたの転職を丁寧にサポートします

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

5-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

5-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

5-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

6. 看護師の転職回数に関するよくある質問Q&A

091_6-0_転職回数の質問

看護師としての転職は一筋縄ではいかないものです。特に転職回数が多い場合、様々な疑問や懸念が生じます。

この章では、転職回数に関する疑問に対する答えをQ&A形式で分かりやすく解説していきます。

Q1: 転職理由は正直に言っても大丈夫?

転職理由は、正直に伝えることが基本です。ただし、表現の仕方には注意が必要です。過去の職場での不満や批判は避け、キャリアアップやスキルアップなど、前向きな動機を強調することが重要です

看護師としてさらなる成長を目指す、新しい環境での挑戦を求めているといったポジティブな理由を伝えましょう。自分のキャリアプランに合った職場を見つけるためにも、正直なコミュニケーションは欠かせません

転職理由を伝える際は、将来のビジョンを明確にし、どのようにその職場が自分のキャリアに寄与するかを強調しましょう。

Q2: 全ての転職を履歴書や職務経歴書に書かなくてもいい?

履歴書や職務経歴書に全ての転職経験を記載する必要はありません。特に、短期間の勤務や職務内容が現在応募している職種と関連性が低い場合は省略可能です。

重要なのは、キャリアの流れが理解しやすく面接時に適切に説明できることです。ただし、経歴に空白期間がある場合は、その間の活動を簡潔に説明する必要があります。職務経歴の整合性と論理的な流れを保つことが重要です。

職務経歴書は自分のキャリアを最適にアピールするためのツールです。関連性の高い経験や成果を中心に記載し、自己PRに繋げましょう。

Q3: 不利になる「短期間の転職」の長さは?

短期間の転職が不利とされるのは、一般に6ヶ月未満の職務経験です。この期間は、新しい職場での適応やスキルの習得に十分ではないと見なされることが多いためです。

しかし、転職の理由が明確で、次の職場への貢献をアピールできれば、短期間の転職でも不利にはなりません。

転職を考える際は、短期間の職務でも学んだことや成果を具体的に記述すると良いでしょう。ポジティブな面を強調することで、短期間の職務経験も価値あるものとして伝えられます。

Q4: 転職回数が多いと年収が下がりますか?

一般に、転職回数が多いと経歴が不安定と見なされ、新しい職場では年収が下がる可能性があります。しかし、これは必ずしも全ての場合に当てはまるわけではありません

例えば、スキルや経験が豊富で、専門性が高い看護師の場合、転職回数が多くても年収が下がらないこともあります。また、転職市場の状況や個々の職場のニーズによっても変わります。

転職回数が多いと年収は下がる可能性がありますが、専門性が高い看護師は別です。また、市場や職場のニーズによっても☆変わります☆。

7. まとめ

本記事では、転職回数が多い看護師に関する課題と解決策について解説しました。

多くの看護師が直面する悩みとして、「キャリアに影響する転職回数」「転職を繰り返すことによる不利益」「面接での不利な扱い」などが挙げられます。

この記事では、これらの問題に対処するための具体的なアドバイスとして、本記事でお伝えしたポイントは次のとおりです。

本記事でお伝えしたポイント
  • キャリアビジョンとの整合性を考慮した転職を心がける
  • 短期離職の背景を理解し、正直かつ建設的に面接で説明する
  • 過去の経験と学びを強調し、将来のキャリアプランを明確に伝える
  • 転職回数をポジティブに捉え、多様な経験やスキルをアピールする

転職成功のために最も重要なことは、自己のキャリアビジョンに基づいた意図的な転職を行うことです。さらに、看護師転職サイトの利用は、適切なアドバイスと職場のマッチングを求める看護師にとって有益です。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました