中途採用の看護師が仕事ができない理由と解決策

107_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「中途採用の看護師だけど、職場に馴染めない…」
  • 「前の職場とあまりにも違うから、仕事について行けない…」
  • 「即戦力を求められているのに、自分にはそんな力がない…」

このような不安や悩みを抱えている中途採用の看護師の方、多いのではないでしょうか。

新しい職場環境に適応することは容易ではありません。特に、前職との違いに戸惑い、職場のルールや人間関係に馴染めず、仕事のパフォーマンスを発揮できないことも少なくありません。加えて、即戦力としての期待に応えようとするプレッシャーから、ストレスを感じている方もいるでしょう。

しかし、このような状況に陥っている中途採用の看護師の方は、決して珍しいケースではありません。多くの先輩看護師たちも、同じような経験をしてきたのです。

本記事では、以下の点について詳しく解説していきます。

  • 仕事ができない看護師の特徴と、できる看護師の特徴
  • 仕事ができる看護師になるための具体的な対処法
  • 中途採用の看護師が抱える悩みの原因と解決策
  • 中途採用者に適した転職活動の進め方

これらの情報を得ることで、自分自身の現状を客観的に分析し、改善のための行動を起こすことができるでしょう

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. 仕事ができない看護師の特徴

no07_看護師が困っている姿(2)_A

医療現場において、看護師の役割は非常に重要です。しかし、中には期待される業務をうまくこなせない看護師も存在します。

この章では、仕事ができない看護師の特徴について詳しく見ていきます。

1-1. コミュニケーションが苦手

コミュニケーション能力の低さは、仕事ができない看護師の特徴として挙げられます。

患者さんや同僚とのコミュニケーションが苦手な看護師は、適切な情報収集や連携ができず、仕事の質の低下につながってしまいます。また、報告・連絡・相談といった基本的なコミュニケーションが不足すると、ミスや事故のリスクが高まるだけでなく、チームワークの悪化にもつながります。

コミュニケーション能力が低い看護師は、以下のような特徴があります。

  • 患者さんとの会話が少ない
  • 同僚や他職種との情報共有が不足している
  • 自分の意見を言えない、または言わない
  • 相手の意見を聞かない、または理解しようとしない

コミュニケーション能力を向上させるためには、積極的に患者さんや同僚とのコミュニケーションを図ることが重要です。また、自分の意見を伝える練習や、相手の意見を真摯に受け止める姿勢を持つことも必要でしょう。

コミュニケーション能力は、看護師にとって非常に重要なスキルです。日々の業務の中で意識的に磨いていきましょう。

1-2. 業務のスケジュール管理・時間管理ができない

仕事ができない看護師は、業務のスケジュール管理や時間管理が苦手な傾向にあります。

看護師の業務は多岐にわたり、限られた時間内で効率的に仕事をこなす必要があります。しかし、優先順位をつけられない、予定通りに業務を進められない、報告や記録に時間がかかりすぎるなど、時間管理ができない看護師は、業務に支障をきたしてしまいます。

時間管理ができない看護師には、以下のような特徴があります。

  • 業務の優先順位がつけられない
  • 予定通りに業務を進められない
  • 報告や記録に時間がかかりすぎる
  • 残業が多い

スケジュール管理や時間管理能力を向上させるには、業務の優先順位を明確にし、計画的に仕事を進めることが大切です。また、先輩看護師のタイムマネジメントを観察し、自分なりのスケジュール管理方法を確立することも有効でしょう。

時間管理ができない状態が続くと、業務の質の低下だけでなく、自身の心身の健康にも影響を及ぼしかねません。無理せず、少しずつ改善していきましょう。

1-3. 学習意欲や向上心が不足している

仕事ができない看護師は、業務のスケジュール管理や時間管理が苦手な傾向にあります。

看護師の業務は多岐にわたり、限られた時間内で効率的に仕事をこなす必要があります。しかし、優先順位をつけられない、予定通りに業務を進められない、報告や記録に時間がかかりすぎるなど、時間管理ができない看護師は、業務に支障をきたしてしまいます

時間管理ができない看護師には、以下のような特徴があります。

  • 業務の優先順位がつけられない
  • 予定通りに業務を進められない
  • 報告や記録に時間がかかりすぎる
  • 残業が多い

スケジュール管理や時間管理能力を向上させるには、業務の優先順位を明確にし、計画的に仕事を進めることが大切です。また、先輩看護師のタイムマネジメントを観察し、自分なりのスケジュール管理方法を確立することも有効でしょう。

時間管理ができない状態が続くと、業務の質の低下だけでなく、自身の心身の健康にも影響を及ぼしかねません。無理せず、少しずつ改善していきましょう。

1-4. 責任感とチームワークを欠く

仕事ができない看護師は、責任感とチームワークに欠ける傾向があります。

看護師は、患者さんの生命に直接関わる重要な職務を担っています。しかし、責任感が乏しい看護師は、自分の仕事に対して真剣に取り組まず、ミスや事故につながりかねません。また、チームワークを大切にしない看護師は、同僚との連携が取れず、業務の効率が低下するだけでなく、職場の雰囲気を悪くする原因にもなります。

責任感とチームワークに欠ける看護師の特徴として、以下のようなものがあります。

  • 自分の仕事に対して真剣に取り組まない
  • ミスをしても反省しない、また繰り返す
  • 同僚との情報共有や連携を怠る
  • 自分勝手な行動が目立つ

責任感とチームワークを身につけるには、自分の役割を自覚し、常に患者さんのことを最優先に考えることが大切です。また、コミュニケーションを積極的に取り、同僚との協力関係を築くことも重要でしょう。

責任感とチームワークの欠如は、患者さんの安全を脅かすだけでなく、自分自身のキャリアにも悪影響を及ぼします。プロの看護師として、常に自己研鑽に励みましょう。

1-5. プロ意識がない

仕事ができない看護師は、プロ意識に欠ける傾向があります。

看護師は専門的な知識と技術を持つプロフェッショナルです。しかし、プロ意識が低い看護師は、自己研鑽を怠り、成長意欲に乏しいため、質の高い看護を提供できません。また、身だしなみや言葉遣いが適切でないことも、プロ意識の欠如を示す特徴の一つです。

プロ意識がない看護師は、以下のような行動が見られます。

  • 自己学習をしない
  • 新しい知識や技術の習得に消極的
  • 身だしなみや言葉遣いが適切でない
  • 患者さんへの接し方が丁寧でない

プロ意識を高めるには、常に向上心を持ち、自己研鑽に励むことが重要です。また、看護師としての誇りを持ち、患者さんに最高の看護を提供しようとする姿勢が必要不可欠でしょう。

プロ意識は、看護師としてのキャリアを積むにつれて自然と身につくものではありません。日々の努力と意識改革が必要です。自分自身の看護を振り返り、改善点を見つけていきましょう。

1-6. 同じミスや小さなミスを繰り返す

仕事ができない看護師は、同じミスや小さなミスを繰り返す傾向があります。

看護の現場では、些細なミスが患者さんの生命に関わる重大な事故につながる可能性があります。しかし、ミスを繰り返す看護師は、自分の行動を振り返り、改善しようとする姿勢に欠けているため、同じような過ちを何度も起こしてしまいます。また、小さなミスを軽視する態度も、仕事ができない看護師の特徴の一つです。

ミスを繰り返す看護師には、以下のような行動が見られます。

  • 注意力が散漫で、ケアレスミスが多い
  • 確認作業を怠る
  • ミスを報告しない、隠そうとする
  • 他人のミスから学ぼうとしない

ミスを減らすには、一つ一つの業務に集中し、確認作業を徹底することが大切です。また、ミスを恐れずに報告し、原因を分析して再発防止に努めることも重要でしょう。

ミスを繰り返すことは、患者さんの安全を脅かすだけでなく、自分や同僚の信頼を失うことにもつながります。小さなミスも大切に扱い、確実な看護を心がけましょう。

2. 仕事ができる看護師の特徴

no19_看護師が高齢者と話をしている姿_B

医療現場において、優れた看護師の存在は患者さんの回復や職場の雰囲気づくりに大きな影響を与えます。仕事ができる看護師は、高度な専門知識だけでなく、幅広いスキルと適切な態度を兼ね備えています。

この章では、仕事ができる看護師の特徴を詳しく探ります。

2-1. 計画性を持って仕事をこなしている

看護業務は多岐にわたり、限られた時間の中で効率的に仕事をこなす必要があります。計画性のある看護師は、業務の優先順位を適切に判断し、スケジュールを立てて確実に実行する人が多いです。また、予想外の事態にも臨機応変に対応できる柔軟性を持っているのも特徴です。

計画性を持って仕事をこなす看護師の特徴として、以下のような点が挙げられます。

  • 業務の優先順位を適切に判断できる
  • スケジュールを立て、確実に実行できる
  • 予想外の事態にも臨機応変に対応できる
  • 時間管理が上手く、効率的に業務をこなせる

計画性を身につけるには、業務内容を整理し、優先順位をつけることから始めましょう。また、先輩看護師の仕事ぶりを観察して学ぶことも大切です。

計画性は、看護師としてのスキルアップに欠かせない要素です。日々の業務の中で意識的に計画性を持って行動することで、仕事の質と効率が向上するでしょう。

2-2. 安全管理とリスク予防を徹底している

医療現場には様々なリスクが潜んでおり、ちょっとした不注意や判断ミスが重大な事故につながる可能性があります。優れた看護師は、起こりうるリスクを予測し、事前に対策を講じることで、患者さんの安全を守ります。また、ヒヤリ・ハット事例から学び、再発防止に努めることも重要です。

安全管理とリスク予防を徹底している看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • 起こりうるリスクを予測し、事前に対策を講じる
  • ヒヤリ・ハット事例から学び、再発防止に努める
  • 医療機器の取り扱いや薬剤管理に注意を払う
  • 感染対策を怠らない

安全管理とリスク予防の意識を高めるには、医療事故の事例を学び、自分の職場に当てはめて考えることが大切です。また、日頃から危険予知トレーニングを行い、リスクに対する感度を磨くことも有効でしょう。

安全管理とリスク予防は、患者さんの命に直結する重大な責務です。一人一人の看護師が高い意識を持ち、継続的に取り組むことが求められます。

2-3. 患者中心のコミュニケーションを実施している

看護師と患者さんとの良好なコミュニケーションは、患者さんの不安や疑問を解消し、治療への協力を得るために欠かせません。優れた看護師は、患者さんの気持ちに寄り添い、適切な言葉かけや態度で接することで、信頼関係を築いていきます。また、患者さんの意向を尊重しながら、必要な情報を分かりやすく説明することも重要です。

患者中心のコミュニケーションを実施している看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • 患者さんの気持ちに寄り添い、適切な言葉かけや態度で接する
  • 患者さんの意向を尊重しながら、必要な情報を分かりやすく説明する
  • 患者さんの不安や疑問に耳を傾け、解消に努める
  • 患者さんとの会話を通して、ニーズを的確に把握する

患者中心のコミュニケーション能力を高めるには、日頃から患者さんとの会話を大切にし、傾聴の姿勢を身につけることが重要です。また、自分自身のコミュニケーションスタイルを振り返り、改善点を見つけることも必要でしょう。

患者中心のコミュニケーションは、看護の質を大きく左右する重要な要素です。一方的な説明ではなく、患者さんとの対話を通して、互いに理解を深めていくことを心がけましょう。

2-4. 継続的な学習と適応を怠らない

医療技術の進歩やガイドラインの改訂など、看護の現場は常に変化し続けています。優れた看護師は、新しい知識や技術を積極的に吸収し、自己研鑽に励むことで、時代に即した看護を提供しています。また、職場の環境や患者さんのニーズに合わせて柔軟に適応することも重要です。

継続的な学習と適応を怠らない看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • 新しい知識や技術を積極的に吸収し、自己研鑽に励む
  • 職場の環境や患者さんのニーズに合わせて柔軟に適応する
  • 研修会や勉強会に参加し、最新の情報を取り入れる
  • 自分の経験を振り返り、改善点を見つけ出す

継続的な学習と適応能力を高めるには、好奇心を持ち、学ぶ姿勢を大切にすることが不可欠です。また、自分の強みと弱みを客観的に分析し、弱点を克服するための行動計画を立てることも有効でしょう。

継続的な学習と適応は、看護師としてのキャリアを積む上で欠かせない要素です。日々の業務に追われて学習の機会を逃さないよう、意識的に時間を確保することが大切です。

2-5. チームワークを重視し、円滑な情報共有を行っている

看護師は、医師や他の医療スタッフと協力して患者さんのケアにあたります。優れた看護師は、チームの一員としての自覚を持ち、他のスタッフと積極的にコミュニケーションを取ることで、情報を共有し、連携を深めています。また、報告・連絡・相談を怠らず、チームメンバーと認識を統一することも大切です。

チームワークを重視し、円滑な情報共有を行っている看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • チームの一員としての自覚を持ち、他のスタッフと積極的にコミュニケーションを取る
  • 報告・連絡・相談を怠らず、チームメンバーと認識を統一する
  • 他職種の役割を理解し、協力体制を築く
  • チームの目標に向かって、自分の役割を果たす

チームワークと情報共有能力を高めるには、コミュニケーションスキルを磨くことが重要です。また、他職種の業務内容を知り、相手の立場に立って考えることも必要でしょう。

チームワークと情報共有は、医療の質と安全性を確保する上で欠かせない要素です。自分だけでなく、チーム全体の成果を意識して行動することを心がけましょう。

2-6. 自分の感情をコントロールしている

看護の現場では、患者さんやご家族の感情に寄り添いながらも、冷静な判断力が求められます。優れた看護師は、ストレスや疲労といった自分の感情に流されることなく、適切な態度で対応することができます。また、困難な状況でも感情的にならず、問題解決に向けて行動することが重要です。

自分の感情をコントロールしている看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • ストレスや疲労といった自分の感情に流されることなく、適切な態度で対応する
  • 困難な状況でも感情的にならず、問題解決に向けて行動する
  • 患者さんやご家族の感情に共感しながらも、プロとしての立場を維持する
  • 自分の感情状態を客観的に把握し、セルフケアを怠らない

感情コントロール能力を高めるには、自分の感情を言語化し、客観的に捉えることが大切です。また、ストレス対処法を身に付け、適切に発散することも必要でしょう。

感情コントロールができないと、患者さんやご家族との信頼関係が損なわれるだけでなく、看護師自身のメンタルヘルスにも悪影響を及ぼします。無理に感情を抑え込むのではなく、適切に表出・処理することが重要です。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

3. 仕事ができる看護師になるための対処法

no20_看護師とキャリアアップ(階段をステップアップしていく姿)_R2_A

看護師として成長し、プロフェッショナルになるためには、日々の努力と自己研鑽が欠かせません。患者さんのケアや医療チームとの連携など、多岐にわたる業務を効果的にこなすためのスキルや心構えを身につけることが重要です。

この章では、仕事ができる看護師になるための具体的な対処法を探ります。

3-1. 看護師の役割と責任について考える

看護師は、患者さんの命と健康を守る重大な責務を担っています。医療チームの一員として、自分に求められている役割を理解し、責任を持って行動することが求められます。また、法的・倫理的な観点からも、看護師としての責任について理解を深める必要があります。

看護師の役割と責任について考える際のポイントは、以下のとおりです。

  • 患者さんの安全と権利を最優先に考える
  • 医療チームの一員としての自覚を持ち、他職種と協力する
  • 自分の知識や技術の限界を認識し、適切に判断・行動する
  • 看護師としての法的・倫理的責任を理解する

看護師の役割と責任を常に意識することで、専門職としての自覚が高まり、よりよい看護を提供できるようになります。また、自分の強みと弱みを把握し、成長につなげることもできるでしょう。

看護師の役割と責任は、時代とともに変化していきます。最新の知識や情報を取り入れ、常に学び続ける姿勢が大切です。自己研鑽を怠らず、看護師としてのスキルアップを図りましょう。

3-2. ミスを素直に認め、改善への努力を怠らない

看護の現場では、人命に関わるミスは許されません。しかし、誰しもミスを犯す可能性があります。大切なのは、ミスを隠さず、報告・連絡・相談を徹底することです。また、ミスの原因を分析し、再発防止策を立てることが重要です。

ミスを素直に認め、改善への努力を怠らない看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • ミスを隠さず、報告・連絡・相談を徹底する
  • ミスの原因を分析し、再発防止策を立てる
  • 自分のミスから学び、成長につなげる
  • 他者のミスにも真摯に向き合い、改善策を共有する

ミスを恐れず、積極的に報告・改善する姿勢を身に付けるには、組織の風通しの良さが不可欠です。また、個人の責任を追及するのではなく、システムの改善に焦点を当てることも大切でしょう。

ミスを報告しないことは、患者さんの安全を脅かすだけでなく、自分自身の成長も阻害します。ミスを恐れず、積極的に報告・改善する姿勢を身につけましょう。

3-3. 目標とする先輩看護師を見付ける

優れた先輩看護師は、専門的な知識や技術だけでなく、患者さんとの接し方や仕事への姿勢など、多くの学びを提供してくれます。また、困ったときに相談できる心強い存在でもあります。

目標とする先輩看護師を見つけるためのポイントは、以下のとおりです。

  • 専門知識や技術に優れている
  • 患者さんから信頼され、良好な関係を築いている
  • 同僚や他職種とのコミュニケーションが円滑
  • 仕事に対する姿勢が真摯で、向上心がある

目標とする先輩看護師を見付けたら、積極的に関わりを持ち、アドバイスを求めることが重要です。また、先輩看護師の姿勢や行動を観察し、自分の仕事に取り入れていくことも大切でしょう。

目標とする先輩看護師は、必ずしも同じ職場にいるとは限りません。学会や研修会などで出会った先輩看護師とも、積極的に交流を持つことをおすすめします。

3-4. 仕事中の言い訳は控える

看護の現場では、常に患者さんの命が最優先されます。しかし、時には思うようにいかないことや、ミスをしてしまうこともあるでしょう。そのような時、言い訳をするのではなく、真摯に反省し、改善策を考えることが大切です。

言い訳をせず、責任を持って行動する看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • ミスを隠さず、報告・連絡・相談を徹底する
  • 問題が発生した際は、迅速に対応策を講じる
  • 自分の責任を認め、チームで解決策を探る
  • 言い訳をするのではなく、何ができるかを考える

言い訳をしないためには、自分の行動に責任を持ち、常に改善意識を持つことが重要です。また、ミスを恐れず、積極的にコミュニケーションを取ることも必要でしょう。

言い訳をすることは、自分の成長を妨げるだけでなく、チームの信頼を失うことにもつながります。困難な状況でも、言い訳に頼るのではなく、解決策を見つけることに注力しましょう。

3-5. 要点をまとめて報告・連絡・相談を行う

看護の現場では、患者さんの状態や治療方針など、多くの情報が飛び交います。これらの情報を的確に伝達することは、チーム医療を円滑に進める上で欠かせません。優れた看護師は、情報の優先順位を見極め、簡潔かつ明瞭に要点をまとめて報告します。

要点をまとめて報告・連絡・相談を行う看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • 情報の優先順位を見極め、重要な点から伝える
  • 簡潔かつ明瞭に要点をまとめて報告する
  • 報告する際は、5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)を意識する
  • 相手の反応を確認し、必要に応じて補足説明を行う

要点をまとめる力を身につけるには、日頃から情報の整理と分析を心がけることが大切です。また、報告の際は、相手の立場に立って、必要な情報は何かを考えることも重要でしょう。

要点をまとめる力は、看護師としてのキャリアを積むほどに必要とされる能力です。日々の業務の中で意識的に鍛えていくことが、スキルアップにつながります。

3-6. 複数のタスクの優先順位を決めて行動する

看護業務は多岐にわたり、同時に複数のタスクを抱えることが少なくありません。そのような状況で、優れた看護師は、タスクの緊急度と重要度を見極め、優先順位を付けて効率的に業務をこなす特徴があります。また、状況に応じて柔軟に優先順位を変更することも必要です。

複数のタスクの優先順位を決めて行動する看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • タスクの緊急度と重要度を見極め、優先順位をつける
  • 優先順位に基づいて、効率的に業務をこなす
  • 状況に応じて柔軟に優先順位を変更する
  • タスクの進捗状況を把握し、必要に応じて調整する

優先順位を決める力を身に付けるには、日頃からタスクを整理し、重要度を分析する習慣をつけることが大切です。また、先輩看護師の時間管理術を観察し、自分なりの方法を確立していくことも有効でしょう。

優先順位の判断を誤ると、重要なタスクが後回しになってしまう恐れがあります。患者さんの安全を最優先に考え、緊急度の高いタスクから着手することを心がけましょう。

3-7. ワークライフバランスを維持する

看護師の仕事は肉体的にも精神的にも負担が大きく、ストレスを抱えやすい職種です。優れた看護師は、仕事と私生活のバランスを取ることで、心身の健康を保ち、長く看護師として活躍しています。また、リフレッシュの時間を確保することで、仕事に対するモチベーションも維持しています。

ワークライフバランスを維持している看護師の特徴は、以下のとおりです。

  • 仕事と私生活のバランスを取り、心身の健康を保っている
  • リフレッシュの時間を確保し、仕事に対するモチベーションを維持している
  • 自分の限界を知り、無理をし過ぎないよう注意している
  • 同僚や上司に相談し、必要な支援を求めている

ワークライフバランスを維持するには、自分の時間の使い方を見直し、優先順位を付けることが大切です。また、ストレス解消法を見付け、積極的に取り入れることも重要でしょう。

ワークライフバランスが崩れると、看護の質の低下だけでなく、バーンアウト(燃え尽き症候群)につながる恐れがあります。自分の心身の状態に気を配り、適切な休息を取ることを心がけましょう。

4. 仕事ができる看護師になるために必要なこと

no21_看護師が勉強している姿_B

看護師として成功するためには、技術的なスキルだけでなく、適切な態度や人間関係構築能力も重要です。患者さんへの思いやりの心を持ちつつ、チーム内でも信頼される存在になることが求められます。

この章では、仕事ができる看護師になるために必要な要素を詳しく解説します。

4-1. 報告・連絡・相談+挨拶は欠かさない

仕事ができる看護師になるためには、報告・連絡・相談+挨拶を欠かさないことが重要です。

看護師は、患者さんの状態や治療方針などの重要な情報を、医師や他の医療スタッフと共有する必要があります。報告・連絡・相談を怠ると、チーム医療に支障をきたし、患者さんの安全が脅かされかねません。また、挨拶は良好な人間関係を築く上で欠かせないものです。

報告・連絡・相談+挨拶を欠かさない看護師は、以下のような行動を取ります。

  • 患者さんの状態変化や気づきを、速やかに医師や他の看護師に報告する
  • 治療方針や看護計画の変更など、重要な情報は確実に連絡する
  • 自分だけでは判断しかねる事柄は、上司や先輩看護師に相談する
  • 出勤時や退勤時、患者さんの病室に入る際は、必ず挨拶をする

報告・連絡・相談+挨拶を習慣づけるには、日頃からコミュニケーションを大切にし、情報共有の重要性を意識することが大切です。また、自分の役割と責任を理解し、チームの一員としての自覚を持つことも必要でしょう。

報告・連絡・相談+挨拶は、患者さんの安全と信頼関係の構築に直結します。多忙な業務の中でも、これらを疎かにしないよう心がけましょう

4-2. 最初は新しい職場のルールに従う

仕事ができる看護師になるためには、最初は新しい職場のルールに従うことが大切です。

中途採用の看護師は、前職での経験や習慣が染み付いているため、新しい職場の規則やルーチンに戸惑うことがあります。しかし、それぞれの職場には、その環境に合わせた最適な方法があるものです。新しい職場のルールを受け入れ、従うことで、スムーズに職場に適応し、仕事を覚えていくことができます

新しい職場のルールに従う際は、以下の点に注意しましょう。

  • 分からないことがあれば、遠慮せずに質問する
  • 自分の経験を押し付けるのではなく、まずは職場の方法を学ぶ
  • ルールの背景にある理由を理解するよう努める
  • ルールに疑問がある場合は、上司や先輩に相談する

新しい職場のルールに従うことは、職場への適応を早め、信頼関係を築く上で重要なステップです。一方で、ルールの改善案があれば、適切なタイミングで提案することも大切でしょう。

新しい職場のルールに従うことは、謙虚な姿勢を示すことにもつながります。自分のやり方に固執するのではなく、柔軟に適応する姿勢が評価されることもあります

4-3. 分かったふりはせず「謙虚に質問」

仕事ができる看護師になるためには、分かったふりはせず、「謙虚に質問」することが重要です。

中途採用の看護師は、経験があるがゆえに、分からないことがあっても聞きづらく、わかったふりをしてしまいがちです。しかし、これは大きな落とし穴となります。わかったふりをすることで、業務上のミスや患者さんの安全を脅かす可能性があるからです。

謙虚に質問するためのポイントは、以下のとおりです。

  • 恥ずかしがらずに、分からないことは素直に認める
  • 質問する際は、自分なりに調べたり考えたりしてから行う
  • 質問の際は、相手の都合を考慮し、タイミングを見計らう
  • 教えてもらったことはメモを取り、復唱して確認する

謙虚に質問することは、自分の成長につながるだけでなく、周囲からの信頼も得られます。一方で、質問ばかりしていては、自立性に欠けると思われることもあるので、バランスが大切です。

わかったふりをすることは、自分の成長を妨げるだけでなく、重大な医療ミスにつながる危険性もあります。分からないことは、恥ずかしがらずに質問する習慣を身につけましょう。

4-4. 新人看護師のような「やる気と学び」を持つ

仕事ができる看護師になるためには、新人看護師のような「やる気と学び」を持つことが大切です。

中途採用の看護師は、経験や知識があるからこそ、新しいことを学ぶ姿勢を忘れがちです。しかし、医療の現場は常に変化し、新しい技術や知見が生まれています。新人看護師のように、謙虚な気持ちで学ぶ姿勢を持ち続けることが、成長につながります

新人看護師のような「やる気と学び」を持つためのポイントは、以下のとおりです。

  • 常に向上心を持ち、新しいことにチャレンジする
  • 先輩看護師の技術や知識を吸収しようと努める
  • 自分の知識や技術に満足せず、常に上を目指す
  • 失敗を恐れず、経験から学ぶ姿勢を持つ

新人看護師のような「やる気と学び」を持ち続けることで、看護の質の向上につながり、患者さんにより良いケアを提供できるようになります。また、自分自身のキャリアアップにもつながるでしょう。

新人看護師のような「やる気と学び」を持つことは、年齢や経験に関係なく、全ての看護師に求められる姿勢です。日々の業務の中で、常に学ぶ機会を見つける努力が大切です。

4-5. 職場の習慣をまずは受け入れる

仕事ができる看護師になるためには、職場の習慣をまずは受け入れることが重要です。

中途採用の看護師は、前職での経験や習慣が身についているため、新しい職場の習慣になじめないことがあります。しかし、それぞれの職場には、長年培われてきた独自の文化や習慣があるものです。新しい職場の習慣を受け入れ、理解しようと努めることが、スムーズに職場に適応するための第一歩となります。

職場の習慣を受け入れる際のポイントは、以下のとおりです。

  • 前職との違いを比較するのではなく、新しい職場の習慣を学ぶ
  • 習慣の背景にある理由や意味を理解しようと努める
  • 習慣に疑問がある場合は、上司や先輩に相談する
  • 自分なりのアイデアがある場合は、タイミングを見て提案する

職場の習慣を受け入れることは、チームの一員として認められるための大切なプロセスです。一方で、習慣の改善案があれば、適切な方法で提案することも重要でしょう。

職場の習慣を受け入れることは、自分を無くすことではありません。自分の個性や強みを活かしながら、職場に適応していくバランス感覚が求められます

4-6. 人間関係を分析する

仕事ができる看護師になるためには、人間関係を分析することが大切です。

看護師は、多職種と協働しながら患者さんのケアにあたります。特に中途採用の看護師にとって、新しい職場の人間関係を理解することは、スムーズな職場適応に欠かせません職場の人間関係を観察し、分析することで、各スタッフの役割や特性を把握し、効果的なコミュニケーションを取ることができます

人間関係を分析する際のポイントは、以下のとおりです。

  • 各スタッフの役割と責任を理解する
  • スタッフ間の関係性やコミュニケーションの特徴を観察する
  • 職場の意思決定プロセスや問題解決方法を把握する
  • 自分の役割と他のスタッフとの関わり方を考える

人間関係を分析することで、職場の力学を理解し、自分なりの立ち位置を見付けることができます。また、スタッフ間の協力関係を築くためのヒントも得られるでしょう。

人間関係の分析は、他人の弱点を探すためではありません。あくまでも、よりよいチームワークを築くための手段であることを忘れないようにしましょう

4-7. 遠慮し過ぎず、率先して動く

仕事ができる看護師になるためには、遠慮し過ぎず、率先して動くことが重要です。

中途採用の看護師は、新しい職場に慣れるまで、遠慮から自分の意見を言えなかったり、行動を控えたりしがちです。しかし、看護師としての経験や知識を活かし、率先して行動することで、チームに貢献し、自分の存在価値を示すことができます

率先して動くためのポイントは、以下のとおりです。

  • 自分にできることを見つけ、積極的に取り組む
  • 先輩看護師の業務を観察し、サポートできる部分を探す
  • アイデアや改善案があれば、上司や先輩に提案する
  • 自分の経験や知識を活かし、後輩看護師の指導にも携わる

遠慮し過ぎず、率先して動くことで、チームの一員としての自覚が生まれ、職場に溶け込むことができます。また、自分の能力を発揮する機会にもつながるでしょう。

率先して動くことは大切ですが、暴走しないよう注意が必要です。上司や先輩の指示に従いつつ、バランスを取ることが求められます

4-8. 批判的な意見は避ける

仕事ができる看護師になるためには、批判的な意見は避けることが大切です。

中途採用の看護師は、前職での経験から、新しい職場の方針や習慣に疑問を感じることがあるかもしれません。しかし、批判的な意見を安易に口にすると、同僚や上司との関係が悪化し、職場への適応が難しくなる恐れがあります

批判的な意見を避けるためのポイントは、以下のとおりです。

  • 新しい職場の方針や習慣を理解しようと努める
  • 疑問点があれば、批判するのではなく、尊重して質問する
  • 自分の意見を押し付けるのではなく、建設的な提案をする
  • 同僚や上司の良い点を見つけ、ポジティブなフィードバックを行う

批判的な意見を避け、ポジティブな態度で職場に臨むことで、同僚や上司との信頼関係を築くことができます。また、自分自身のストレスも軽減できるでしょう。

批判的な意見を完全に抑え込むことは、かえって良くありません。適切なタイミングで、建設的な意見を述べることも必要です。状況を見極める力が求められます。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

5. 中途採用看護師のための転職活動の進め方

no17_看護師が面接を受けている姿_A

看護師の転職は、キャリアアップや働き方の見直しなど、様々な理由で検討されます。中途採用の場合、経験を活かしつつ新たな環境に適応することが求められます。

この章では、中途採用看護師のための転職活動の進め方について、効果的なアプローチを詳しく解説します。

5-1. 働きたい病院のWebサイトをよく見る

中途採用者の転職活動の進め方として、働きたい病院のWebサイトをよく見ることが重要です。

病院のWebサイトには、病院の理念や方針、診療科目、施設の特徴など、多くの情報が掲載されています。これらの情報を入念にチェックすることで、自分の価値観や目指すキャリアに合った病院を見つけることができます

Webサイトで確認すべき主な情報は、以下のとおりです。

  • 病院の理念や方針
  • 診療科目と専門分野
  • 看護部の体制や教育制度
  • 福利厚生や勤務条件

また、病院の口コミや評判を確認することも大切です。現場の雰囲気や働きやすさを知る手がかりになるでしょう。

病院のWebサイトは、あくまでも病院側の視点で作られています。実際の職場環境を知るためには、病院見学や職場体験などで、直接現場の雰囲気を確かめることをおすすめします

5-2. 周囲の人に意見を求める

中途採用者の転職活動の進め方として、周囲の人に意見を求めることが大切です。

転職は人生の大きな決断であり、一人で悩むよりも、信頼できる人に相談することで、新たな視点や気づきを得ることができます。家族や友人、同僚や先輩など、様々な立場の人から意見を聞くことで、多角的に転職先を検討できるでしょう

意見を求める際のポイントは、以下のとおりです。

  • 自分の価値観やキャリアプランを明確に伝える
  • 相手の立場や経験を考慮し、適切な人に相談する
  • アドバイスは参考にするが、最終的な決断は自分で行う
  • 相談に乗ってくれた人には、感謝の気持ちを伝える

周囲の人の意見を参考にしながら、自分に合った転職先を見つけることが、中途採用者の成功の鍵となります。

周囲の人の意見は、あくまでも参考です。自分の人生は自分で決めるという意識を持つことが重要です。周囲の意見に流されすぎないよう注意しましょう。

5-3. 働きたい病院を見学しイメージを膨らませる

中途採用者の転職活動の進め方として、働きたい病院を見学し、イメージを膨らませることが重要です。

病院見学では、実際の職場の雰囲気や設備、スタッフの働きぶりを直接感じ取ることができます。Webサイトや求人情報だけでは分からない、生の情報を得ることができるのが大きな利点です。また、見学を通じて、自分がその病院で働くイメージを具体的に描くことができます

病院見学の際は、以下の点に注意しましょう。

  • 事前に見学の目的と質問内容を整理する
  • 見学当日は、身だしなみと時間厳守に気を付ける
  • スタッフとの会話では、笑顔と礼儀を忘れない
  • 見学後は、感想や気づきをメモしておく

働きたい病院を見学し、イメージを膨らませることで、自分に合った職場を見つけることができます。また、見学時の対応や雰囲気から、病院の文化や価値観も感じ取れるでしょう。

病院見学は、転職活動の重要なステップです。複数の病院を見学し、比較検討することで、自分に最もフィットする職場を見つけられるでしょう。

病院見学の申込方法などについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

5-4. 看護師転職サイトを利用する

中途採用者の転職活動の進め方として、看護師転職サイトを利用することがおすすめです

転職サイトは、看護師専門のものから総合的なものまで、多種多様なサイトが存在し、豊富な求人情報を提供しています。自分に合った求人を検索し、応募できるだけでなく、職場の雰囲気や条件など、詳細な情報も得られるのが大きな利点です。また、職務経歴書や面接対策など、転職活動に役立つ情報も充実しています

転職サイトを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 複数のサイトを活用し、幅広い求人情報を収集する
  • 自分の希望や条件に合った求人を丁寧に探す
  • 求人内容だけでなく、職場の雰囲気や評判も確認する
  • 応募前に、職務経歴書や志望動機をしっかり準備する

転職サイトを上手に活用することで、中途採用者の転職活動はより効果的に進められます。また、転職サイトは、自分のペースで情報収集や応募ができるので、仕事との両立もしやすいでしょう。

転職サイトは情報収集の手段であり、実際の転職活動では、病院見学や面接など、直接コミュニケーションを取ることが重要です。サイトの情報を参考にしつつ、自分の目で職場の雰囲気を確かめることを忘れないようにしましょう

6. 中途採用者の転職に強い看護師転職サイト3選

no22_おすすめ看護師転職サイト3選_D2

中途採用の看護師として新しい職場に適応するのは容易ではありません。職場の雰囲気や人間関係、業務内容の違いに戸惑うこともあるでしょう。そんな時、看護師転職サイトを活用することで、自分に合った職場を見つけ、スムーズに転職活動を進められます

看護師転職サイトでは、豊富な求人情報の中から自分の希望に合った求人を探すことができます。また、転職のプロによる的確なアドバイスやサポートを受けられるため、効率的に転職活動を進められます。さらに、履歴書の書き方や面接対策など、転職に必要なスキルやノウハウを学ぶこともできます

特に「看護roo!」は、業界最大級の求人数を誇り、専任のキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが魅力です。初めての転職でも安心して利用できるでしょう

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 特徴・職場・地域別おすすめ!看護師転職サイト3選

6-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

6-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

6-3. ナース人材バンク

ナース人材バンクの特徴
  • 年間10万人以上が利用し利用満足度97%
  • 地域専任の看護師専門キャリアパートナーが担当
  • 介護施設など病院以外の求人が豊富

ナース人材バンクは、年間10万人以上の利用者と97%の高い満足度で、看護師転職界の信頼性を証明しています。

地域専任の看護師専門キャリアパートナーが個々のニーズに合わせて最適なアドバイスを提供します。また、病院だけでなく、介護施設など多種多様な求人があり、全国どこでも活躍の場が見つかります。

転職を検討する看護師さんにとって、確かなサポートと多様な選択肢を提供するこのサイトは、一考の価値があります。

関連記事 ナース人材バンク口コミ評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

7. まとめ

今回の記事では、中途採用看護師の転職活動の進め方と仕事ができる看護師になるための方法について説明しました。

中途採用の看護師は、本記事で紹介した下記の重要なポイントをおさえることで、転職活動をスムーズに進め、新しい職場に適応することができます。

本記事で紹介した重要なポイント
  • 働きたい病院のWebサイトをよく見る
    病院の理念や方針、診療科目、施設の特徴などを入念にチェックし、自分に合った病院を見つける
  • 周囲の人に意見を求める
    家族や友人、同僚や先輩など、様々な立場の人から意見を聞くことで、多角的に転職先を検討する
  • 働きたい病院を見学しイメージを膨らませる
    実際の職場の雰囲気や設備、スタッフの働きぶりを直接感じ取り、具体的なイメージを描く
  • 報告・連絡・相談+挨拶を欠かさない
    チーム医療を円滑に進め、良好な人間関係を築くために重要

何より大事なことは、新しい職場の習慣をまずは受け入れ、謙虚に学ぶ姿勢を持つことです。

また、中途採用看護師は前職との違いに戸惑うことがあります。そのため、看護師転職サイトを活用してキャリアアドバイザーに悩みを相談したり、条件に合った職場を効率良く探すことをおすすめします

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。迷ったらこの3社を併用することをおすすめします。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました