妊娠希望の看護師のための転職活動と職場選びの成功術

090_0-0_アイキャッチ画像 転職知識

PR 当サイトはマイナビ・リクルート等複数の企業のサービスを紹介しており、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「妊娠を希望しているけど、転職活動はどう進めたらいいの?」
  • 「採用面接で妊娠の希望を伝えるべきか悩んでいます」
  • 「妊娠・出産後も働きやすい職場を見つけたい」

このような疑問をお持ちの看護師の方は少なくありません。

「妊娠を希望しているからといって、転職活動を躊躇すべきではない」というのが、専門家の意見です。しかし、実際には、「妊娠希望」という事実が転職活動にどのような影響を与えるのか、具体的な策が見えず不安に思う方も多いでしょう。

特に、採用面接での妊娠の希望の伝え方や、妊娠・出産後も続けられる職場選びは、慎重に行いたいポイントです

この記事では、妊娠を希望する看護師が直面する悩みや課題、そしてそれに伴うデメリットを解消するために、以下の点について詳しく解説します。

  • 採用面接での「妊娠希望」の伝え方
  • 妊娠・出産後も続けられる職場の選び方
  • 妊娠希望の看護師に適した転職サイトの活用法
  • 妊娠中や産後のキャリアプランの立て方

この記事を読むことで、妊娠を希望しながらもキャリアを継続したい看護師の皆さんが、不安を解消し、より良い職場環境を見つけるための具体的なステップが明確になります

ぜひ最後までお読みいただき、あなたの転職活動に役立ててください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選l看護師ワーカー2

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする

1.「妊娠希望」看護師が転職を成功させるコツ

090_1-0_妊娠希望転職成功のコツ

妊娠希望の看護師が転職を成功させるためには、情報と計画が鍵です。

この章では、妊娠希望の看護師が転職を成功させるコツについて、具体的なアドバイスを提供します。

1-1. キャリアプランを明確にする

妊娠を希望する看護師が転職を成功させるためには、まず自分のキャリアプランを明確にすることが重要です。具体的には、妊娠・出産を経ても続けられる職種や勤務形態を考え、それに沿った職場を選ぶことが必要です。

妊娠前・妊娠中・産後のそれぞれのステージでどのように働きたいかを具体的に想定し、面接時にはそのプランを伝えることで、職場側もあなたのキャリアプランを理解しやすくなります。このプロセスは、あなたが妊娠・出産後も働きやすい環境を見つけるうえで大きな助けとなります。

キャリアプランの策定には、自身の健康状態や家族のサポート体制も考慮すると良いでしょう。

1-2. キャリアプランと妊娠計画のバランスを取る

妊娠希望の看護師が転職を成功させるためには、キャリアプランと妊娠計画のバランスを取ることが重要です。まず、自分のキャリア目標を明確にし、それを踏まえた上で、妊娠・出産のタイミングを考える必要があります。

キャリアと家庭生活の両立は計画的に進めることで、よりスムーズに実現可能となります。また、転職先を選ぶ際は、出産・育児支援の制度が整っている職場を優先的に考慮しましょう。これにより、妊娠中や産後も安心して働ける環境を確保することができます。

転職活動では、現在のキャリアだけでなく、将来の家族計画も視野に入れることが大切です。キャリアプランを慎重に立て、長期的な視点で職場を選びましょう。

1-3. 人員と福利厚生が整った職場を選ぶ

妊娠を希望する看護師が転職を成功させるためには、人員体制がしっかり整っており、充実した福利厚生を提供する職場を選ぶことが重要です。充実した福利厚生は、妊娠中や出産後の働きやすさに直結します。

例えば、産前産後休暇や育児休業制度、時短勤務などの制度が整っている職場は、妊娠・出産後も安心して働ける環境を提供してくれます。また、十分な人員体制がある職場では、妊娠中の負担軽減や産後の復帰もスムーズに行える可能性が高まります。

転職先を選ぶ際は、福利厚生の詳細に加えて、実際の勤務条件や人員体制についても、具体的な情報を事前に確認することが大切です。

2. 採用面接で「妊娠希望」を伝えるメリット

090_2-0_妊娠希望面接伝えるメリット

採用面接において妊娠希望を伝えるメリットは、多方面に及びます。

この章では、採用面接で妊娠希望を伝えるメリットについて考察します。

2-1. 出産・育児に理解のある職場に出会える

採用面接で「妊娠希望」を伝えるかどうかは、多くの看護師さんにとって大きな悩みです。しかし、この段階で妊娠の希望をオープンにすることは、出産・育児に理解のある職場を見つける重要な一歩となります。

職場がこの事実を受け入れてくれるかどうかは、そこがあなたにとって適した環境かどうかを判断するためのバロメーターです。また、妊娠・出産後も働きやすい職場であれば、あなたのキャリアと家庭の両立がスムーズに進む可能性が高まります。

面接では、妊娠希望を伝える際に、それによって仕事に対する意欲や責任感が変わらないことを強調しましょう。

2-2. 妊娠したときに報告しやすい

採用面接で「妊娠希望」を伝えることのメリットに、実際に妊娠した際の報告がしやすくなることがあります。面接の段階で妊娠の意向を伝えておくと、後々その話題を持ち出しやすくなり、職場側もその可能性を考慮した対応をしてくれることが期待できます。

これにより、妊娠が発覚した際のストレスや不安が軽減され、より働きやすい環境が整えられる可能性が高まります。また、妊娠希望を伝えることで、職場がどのように反応するかを見ることができ、職場のサポート体制や理解度を事前に知ることができます。

妊娠希望を伝える際は、職場の反応を見て、現職が自分にとって長期的に働ける環境かどうかを判断する材料にしましょう。

3.「妊娠希望」看護師の面接対策

090_3-0_妊娠希望面接対策

妊娠希望の看護師が転職を成功させるためには、面接での自身の経験とスキルの効果的なアピールが不可欠です。

この章では、妊娠希望の看護師のための具体的な面接対策について詳しく解説します。

3-1. 経験やスキルをアピールする

「妊娠希望」看護師が面接で成功するためには、自分の経験やスキルをしっかりとアピールすることが大切です。看護師としての専門知識や技術、これまでの職務経験を詳細に伝えることで、あなたの価値を高めることができます。

患者ケアやチームワーク、緊急対応能力など、看護師としての強みを強調することが重要です。これらのスキルがあれば、妊娠・出産後も職場での貢献が期待できると雇用主にアピールできます。

面接では、自分の経験やスキルを具体的なエピソードとともに伝えることで、より印象に残りやすくなります。あなたの看護師としての実績を具体的な事例で示しましょう。

3-2. 即戦力で貢献できることをアピールする

「妊娠希望」を伝える際の面接で重要なのは、自分が即戦力であり、職場に貢献できることをアピールすることです。具体的には、これまでの経験で培ったスキルや、状況に応じた柔軟な対応能力、チームでのコミュニケーション力などを具体的な例を交えて説明しましょう

即戦力であることを示せば、妊娠の希望があっても、その能力を評価してもらいやすくなります。また、職場への貢献意欲を見せることで、面接官に良い印象を与えることができます

面接では、自分がどのようにして職場に貢献できるかを具体的な成果や経験をもとに伝えると効果的です。あなたのプロフェッショナルとしての価値をアピールしましょう。

3-3. 妊娠・出産後のキャリアプランを明確にする

「妊娠希望」看護師の面接対策として、妊娠・出産後のキャリアプランを明確にすることは非常に重要です。面接では、自身の長期的なキャリアビジョンをしっかりと示し、それがどのように職場に貢献できるかをアピールすることが求められます。

妊娠や出産を経てもキャリアを継続する意欲と計画を示すことで、雇用主に安心感を与えることができます。また、産後の職場復帰に向けた具体的なプランを持っていることが、採用の際の大きなプラスポイントになります。

面接では、現実的で実行可能な産後のキャリアプランを準備することが重要です。このプランがあれば、妊娠・出産後も職場で活躍し続けることへの自信と説得力を持つことができます。

4.「妊娠希望」看護師が求人を探す時の注意点

090_4-0_妊娠希望求人探し注意点

「妊娠希望」看護師が求人を選ぶ際は、育児休業の取得実績や職場の支援体制など特別な考慮が必要です。

この章では、「妊娠希望」看護師が求人を探すときの注意点について解説します。

4-1. 育児休業の取得実績を確認する

妊娠希望の看護師が求人を探す際に重要なのは、その職場が育児休業の取得実績を持っているかどうかを確認することです。育児休業の取得実績がある職場は、従業員のライフイベントをサポートする意識が高く、妊娠・出産後も働きやすい環境が期待できます

育児休業を取得した看護師が職場に復帰しているかどうかも重要なポイントです。これらの情報は、求人情報だけでなく、面接時や職場見学を通じて確認することが可能です。

職場の育児休業取得実績については、求人情報だけでなく、実際に働いている看護師や人事担当者から直接話を聞くことがおすすめです。実際の声を聞くことで、職場の雰囲気やサポート体制をより深く理解できます。

4-2. 育児休業の取得時期や期間を確認する

妊娠希望の看護師が求人を探す際は、育児休業の取得時期や期間についても詳細に確認することが大切です。育児休業制度の内容は職場によって異なり、取得できる時期や期間、条件が明確に定められていることが多いです。

特に、妊娠中や産後すぐに働くことが難しい場合、休業期間の長さや復職後の勤務形態について理解しておくことが重要です。これらの情報を事前に把握することで、将来的なキャリアプランと家庭生活のバランスをとる上で役立ちます。

育児休業制度の詳細は、職場のホームページや求人情報だけでなく、面接時や職場見学の際に直接聞くことがおすすめです。具体的な制度内容を把握することで、より安心して転職活動を進めることができます。

4-3. 病院見学でママナースに理解がある職場か確認する

妊娠希望の看護師が求人を探す際の重要なポイントは、病院見学を通じて、その職場がママナースに理解があるかどうかを確認することです。病院見学では、現場の雰囲気やスタッフの働き方、育児と仕事の両立に対する支援体制など、実際の職場環境を直接観察することが可能です。

他のママナースの存在や彼女たちの働き方を見ることで、妊娠・出産後も働きやすい環境かどうかを判断する手助けとなります。

病院見学の際には、実際に育児をしながら働いている看護師と話す機会を設けるとよいでしょう。彼女たちの経験談から、職場のママナースへの理解度や支援の実態をより具体的に知ることができます。

5.「妊娠希望」看護師の理想職場とは

090_5-0_妊娠希望理想の職場

「妊娠希望」看護師にとって、職場選びはライフスタイルに大きく影響します。

この章では、「妊娠希望」看護師の理想職場を見付けるためのヒントを提供します。

5-1. 妊娠・育児中のママナースが多数在籍している

「妊娠希望」看護師が理想とする職場の一つは、妊娠・育児中のママナースが多数在籍している環境です。ママナースが多い職場は、妊娠や育児に対する理解が深く、支援体制も整っていることが多いため、安心して働くことができます

同じ境遇の同僚がいることで、相談や助け合いがしやすく、ワークライフバランスを保ちながら働くことが可能になります。このような職場を選ぶことで、キャリアを継続しつつ、家庭との両立も実現しやすくなります

求人を探す際には、職場に在籍するママナースの数や彼女たちの経験談を確認することが重要です。ママナースが活躍している職場環境は、妊娠・育児を経ても長期的に働ける環境と言えるでしょう。

5-2. 時短勤務や夜勤免除など柔軟な働き方ができる

「妊娠希望」看護師にとって理想的な職場は、時短勤務や夜勤免除など、柔軟な働き方が可能な環境です。妊娠中や育児中の体調や家庭の状況に合わせて勤務時間を調整できる職場は、看護師としてのキャリアを継続しつつ、健康管理や家族との時間を大切にすることができます。

特に、夜勤なしの日勤のみや短時間勤務が可能な職場は、妊娠中や産後の体調回復にも配慮した働き方がしやすく、仕事と家庭のバランスを取りやすくなります。

転職先を選ぶ際には、時短勤務や夜勤の有無など、勤務条件について詳細に確認しましょう。また、実際にそのような働き方をしている看護師の意見を聞くことも重要です。これにより、実際の職場環境をよりリアルに理解することができます。

5-3. 年休が取りやすい職場環境

「妊娠希望」看護師にとって理想的な職場環境は、年休が取りやすい環境です。妊娠中や育児中は、定期的な医療チェックや子どもの急な体調不良など、予期せぬ休暇が必要になることがあります。そんな時、年休をスムーズに取得できる職場は、働くママにとって大きな安心材料となります。

年休が取りやすい職場は、従業員のワークライフバランスを尊重する風土があることの表れでもあります。

転職活動時には、職場の年休取得状況について事前に確認し、実際に年休を取得している看護師の声を聞くことがおすすめです。これにより、職場の実際の休暇取得のしやすさを把握できます。

6.「妊娠希望」看護師におすすめの転職先

090_6-0_妊娠希望おすすめ転職先

妊娠希望の看護師には、特定の職場環境が特に適しています。

この章では、夜勤のないクリニックなど、妊娠希望の看護師におすすめの職場環境を探ります。

6-1. 夜勤のないクリニック

妊娠を希望する看護師におすすめの職場環境の一つが、夜勤のないクリニックです。夜勤がないため、妊娠中や育児中の体調管理がしやすく、日中のみの勤務は生活リズムを整えやすいという利点があります。

クリニックは大規模な病院よりも勤務体制が柔軟であり、家庭とのバランスを取りながら働ける可能性が高いです。妊娠中や産後の体調に合わせて勤務スケジュールを調整しやすい環境は、看護師としてのキャリアを継続する上で重要な要素です。

夜勤のないクリニックを選ぶ際は、その他の勤務条件や職場の雰囲気、患者様の種類なども確認すると良いでしょう。特に妊婦や小児を診るクリニックなら、妊娠や育児に関する理解が深い場合が多いです。

6-2. 産業看護師(託児施設がある企業)

妊娠希望の看護師に適した職場として、産業看護師が挙げられます。特に、託児施設を備えた企業での勤務は、子育てと仕事の両立に大きな利点をもたらします。託児施設のある職場では、小さな子どもを持つ看護師が安心して働ける環境が整えられており、育児の負担を感じることなく仕事に集中できます。

企業内の保健室などで働く産業看護師は、一般的な病院勤務と比較して勤務時間が固定されていることが多く、規則正しい生活リズムを保ちやすいです。

産業看護師のポジションを検討する際は、託児施設の利用条件や待機児童の状況、企業内での看護師の役割と責任範囲を事前に確認することが重要です。また、企業文化や社員の健康管理に対する姿勢も、働きやすさを左右する要因となります。

6-3. 献血看護師

妊娠希望の看護師にとって、献血看護師の仕事は魅力的な選択肢です。献血センターでの勤務は、一般的な病院勤務と比較して定時退社がしやすく夜勤ないため、妊娠中や育児中の看護師にとって働きやすい環境を提供します。

献血センターでは、ドナーへの健康相談や血液採取など、患者のケアに集中できる点も魅力です。これにより、妊娠を希望する看護師は仕事とプライベートのバランスを取りやすくなります。

献血看護師として働く場合、献血に関連する専門知識や技能を身に付けることができます。これは、キャリアアップにも繋がる貴重な経験となるでしょう。献血センターでの勤務を検討する際は、その業務内容や勤務時間について事前に確認しておくことが重要です。

6-4. 派遣看護師

妊娠希望の看護師にとって、派遣看護師の仕事は柔軟な働き方を実現できる魅力的な選択です。派遣看護師は、勤務地やシフト、勤務期間を選ぶ自由度が高く、個々のライフスタイルや家庭の状況に合わせた働き方が可能です

妊娠中や産後の体調に合わせて勤務時間を調整したり、子育てとの両立を図りやすい環境を選ぶことができます。また、多様な勤務先で経験を積むことができるため、キャリアの幅も広がります。

派遣看護師として働く場合は、契約内容を十分に理解し、自分の希望に合った勤務条件を事前に交渉することが重要です。また、派遣先のサポート体制や教育環境についても確認しておくと良いでしょう。

6-5. 保育園

妊娠希望の看護師にとって、保育園での勤務は非常に適した環境です。保育園では、小さな子どもたちと接する機会が多く、子育てに対する理解が深い職場です。また、育児の経験を活かした看護ケアができるため、母性や看護師としてのスキルを両立させることが可能です。

保育園で働くことは、子育て中の看護師がプロフェッショナルとしての役割を果たしながら、子育てに関する実践的な知識や経験を深める機会にもなります。

保育園での勤務を考える際は、保育園の健康管理体制や看護師の業務範囲について事前に確認することが重要です。また、勤務時間や休日の取りやすさ、園の立地やアクセスなど、日常生活に影響する要素も考慮しましょう。

7.「妊娠希望」看護師は転職サイト活用がおすすめ

090_7-0_妊娠希望転職サイト活用がおすすめ

妊娠希望の看護師にとって、転職サイトの活用は出産や育児に理解ある職場を見付けるのに非常に有効です。

この章では、転職サイトを通じて理想の職場を見付ける方法を、わかりやすく解説します。

7-1. 病院の内部情報で出産・育児しやすい職場を探す

妊娠希望の看護師が転職を考える際、転職サイトを活用することで、出産や育児に理解のある職場を見付けやすくなります

転職サイトでは、病院の内部情報が提供されるため、育児休暇の取得実績や時短勤務の可否など、出産・育児と仕事の両立に関する重要な情報を事前に把握できます

内部情報とは

病院の内部情報とは、職場の給与福利厚生人間関係離職率残業時間有休取得率などの情報のことです。内部情報は、本来であれば実際に働かなければ分からない情報であり、事前に把握することで入職後のミスマッチを防ぐことができます。

また、転職サイトの専門アドバイザーを利用すれば、個々の希望に合った職場を効率よく探すことが可能です

転職サイトを利用する際は、自身のキャリアプランや家庭の状況を明確に伝えることが大切です。また、提供される情報の信頼性を確認し、複数のサイトを比較検討することで、より適切な職場選びが可能になります。

7-2. 担当アドバイザーにキャリアプランを相談する

妊娠希望の看護師が転職を考える際は、転職サイトの担当アドバイザーにキャリアプランを相談することが非常に重要です

これらの専門家は、看護師の職場環境や求人市場に精通しており、妊娠・出産に理解のある職場を見付ける手助けをしてくれます。また、個々のキャリア目標やライフステージに合わせたアドバイスを受けることで、より自分に合った職場選びが可能になります

担当アドバイザーは、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策など、転職活動全般にわたってサポートを提供してくれます。

転職サイトの担当アドバイザーに相談する際は、自分の希望条件や不安点を正直に伝えましょう。明確なコミュニケーションによって、より適切な職場紹介や効果的なサポートを受けることができます。また、複数のアドバイザーの意見を聞いてみるのも良いでしょう。

8.「妊娠希望」看護師におすすめな転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

妊娠を希望されている場合、柔軟な勤務体系や子育て支援が整った職場を見付けることは、安心してキャリアを続ける上で欠かせません。そんな看護師の方のニーズに応えるために、看護師専門の転職サイトは大変役立ちます

特に「看護roo!」では、妊娠・出産に理解のある職場や、産休・育休制度が充実している求人情報が豊富に用意されています。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

8-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

8-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

8-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

9. まとめ

今回の記事では、妊娠を希望する看護師の転職活動と職場選びについて解説しました。

妊娠希望の看護師が直面する悩みとしては、「妊娠の希望をいつ、どのように職場に伝えるか」「妊娠・出産後も働きやすい職場の見つけ方」などがあります。

この悩みを解決策として、本記事では次のポイントをお示ししました。

本記事のポイント
  • キャリアプランを明確にする
    妊娠前、中、産後の各ステージでの働き方を考慮し、面接で伝える。
  • キャリアプランと妊娠計画のバランスを取る
    キャリア目標と妊娠・出産のタイミングを計画的に考える。
  • 充実した福利厚生がある職場を選ぶ
    産前産後休暇や育児休業制度が整っている職場を優先する。
  • 採用面接で「妊娠希望」を伝えるメリット
    出産・育児に理解ある職場を見つけることができる。

最も重要なのは、自分のキャリアプランを明確にし、それに基づいて職場を選ぶことです。

また、妊娠希望の看護師には、看護師転職サイトの利用をおすすめします。これにより、キャリアアドバイザーに相談し、条件に合った職場を効率よく探すことが可能になります。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。

ぜひ本記事の転職を成功させるポイントを参考にして、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました