良い病院の見分け方!ホワイト病院へ看護師転職する方法

095_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「ハードワークが続き、自分の時間が持てない…」
  • 「職場の人間関係に疲れてしまった…」
  • 「もっと自分のスキルを活かせる環境で働きたい…」

このような悩みをお持ちではないでしょうか?

看護師の仕事はやりがいがある一方で、体力的・精神的な負担が大きいことも事実です。不規則な勤務、厳しい職場環境、専門性の高いスキルが求められるなど、日々の業務は多岐にわたります。

しかし、それらの悩みや課題、デメリットを解消し、より良い職場環境で働くためにはどうすれば良いのでしょうか

本記事では以下の点に焦点を当てていきます。

  • ホワイトな看護職場の特徴とは何か
  • ホワイトな職場を見分ける方法
  • 看護師としての質の高い職場の探し方
  • 転職を成功させるためのコツ

この記事では、看護師が心身ともに健康を保ちながら働けるホワイトな職場の選び方についてご紹介します

これを読めば、条件が良い病院の傾向がわかり、ワークライフバランスがとれる職場への転職が実現しやすくなるでしょう。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. ホワイトな看護職場の6つの特徴

095_1-0_ホワイト職場の特徴

看護職場は、働く人々の心身の健康に直結するため、その環境は極めて重要です。

本章では、ホワイトな看護職場の6つの特徴に焦点を当て、快適で生産性の高い職場環境を探究します。

1-1. 7対1を導入している病院で働く

転職先を探す際には、看護師の人員配置基準についてチェックし「7対1」を導入している病院を選びましょう

同じ一般病棟でも「7対1」、「10対1」、「13対1」などと、看護師の配置人数は異なります。7対1をとっている病院では、患者7名に対し、看護師が1名勤務します。10対1や13対1よりも看護師一人あたりの業務が軽減され、質の高い看護を提供しやすくなるでしょう。

病院が7対1の人員配置をとるためには、手術の実績や設備面で高い基準を超える必要があります。この基準を超えると診療報酬上のメリットが高くなります。そのため、7対1を導入している病院は経営状況が安定していることが多いです。

せっかく転職するのであれば、設備が整い実績がある病院で働きたいと思う方は多いはずです。7対1を導入している病院では、看護師一人当たりの負担が少ないだけでなく、充実した職場環境が保証されています

7対1の基準を採用している病院は多くありません。そのため、これらの病院への求人情報には早めに目を通し、適切な時期に応募することが重要です。

1-2. 教育・研修制度が整っている

看護師は、継続して学び新しい知識を獲得していく必要がある職業です。そのため、病院の教育・研修制度についても確認しましょう

新人教育がしっかりと骨組み化されていない病院では、看護師のスキルにばらつきがみられ、チームワークがとりにくくなってしまいます。ラダー制度を導入し、経験年数毎にスキルを磨いていける病院を選ぶと安心です

さらに「認定看護師」「専門看護師」などの取得を支援してくれる病院もあります。資格取得のサポートが受けられる病院に転職すれば、キャリアアップを目指すことも可能です。

研修には実践的なものから理論的なものまでさまざまあります。自分の興味や必要性に応じて参加する研修を選ぶことで、より効果的な学びが得られます。

1-3. 看護師の年齢層に偏りがない

待遇が悪い病院や職員の負担が大きいブラックな病院は、看護師の年齢層に偏りが生じることがあります。それは、ある程度のキャリアを身につけた中堅層の看護師が、より待遇の良い病院に転職してしまうからです。

そのような病院では、新人~3年目くらいの層とベテラン管理職といった年齢層になっており、中間層の看護師が少ないことも珍しくありません。

その一方、年齢層に偏りのない職場は、家庭を持つ方や子育て中の方も働きやすいホワイトな職場である可能性が高いです。

看護師の年齢層が幅広い職場では、世代間のコミュニケーションを活発にすることで、より良い職場環境を築くことが可能です。新しいアイデアや経験の共有に積極的に取り組むと良いでしょう。

1-4. 寮や院内保育所など福利厚生が充実している

ホワイトな病院は、看護師寮や院内保育所などが整っていることが多いです。

看護師寮は病院の近くにあることが一般的で、通勤の負担が少なく生活できます。院内保育所がある病院は育児休業後に復職しやすく、勤務先に子どもを預けられる安心感にも繋がるでしょう。

このような福利厚生が充実している病院は、看護師をはじめとするスタッフを病院経営のための「駒」ではなく「貴重な人材資源」として認識しています

そのような病院の理念は、職員が働きやすい環境づくりや給与にも反映されることが多く、長く働きやすい職場と言えるでしょう。

福利厚生の詳細については、転職前にしっかりと確認し、自分のライフスタイルに合っているかを考えることが重要です。特に家族を持つ看護師やこれから家庭を持つ予定のある方は、将来のことを見据えて選ぶと良いでしょう。

1-5. 上長や同僚に相談しやすい環境が整っている

相談しやすい環境が整っていることも重要です。

看護師として勤務していると、日々さまざまな気付きがあります。それを見過ごさず確認・相談することによって、患者さんの急変を防いだりインシデントが予防できた経験のある看護師は少なくありません。

しかし、忙しく雰囲気の悪い職場では、上長や同僚に相談しにくくなります。「報・連・相」が行いにくい職場では、伝達不足による医療ミスが起こる可能性が高まります。また、人間関係が悪い職場では、精神的なストレスが蓄積してしまいます

上長や同僚に相談しやすい環境が整っているかについて、ぜひ確認してみてください。

面接の際には、職場のコミュニケーションスタイルについて尋ねてみると良いでしょう。オープンで相談しやすい環境かどうかを事前に知ることで、職場選びの判断材料になります。

1-6. メンタルケアの仕組みが整っている

看護師の職務は精神的なプレッシャーが伴うことが多く、メンタルケアの仕組みが整っている職場は看護師にとって大きな安心材料です。

ホワイトな看護職場では、定期的なストレスチェックやカウンセリング、休息のためのシステムなどが整備されています。これにより、看護師は自身のメンタルヘルスを適切に管理でき、精神的な不調に早期に対応することが可能です。

メンタルケアを重視する職場は、スタッフ間のサポート体制も充実しており、お互いを気遣う文化が根付いています。これは、職場の雰囲気や人間関係においてもポジティブな影響をもたらし、看護師が働きやすい環境を作り出します。

職場のメンタルケアの取り組みについては、転職前の面接や病院見学時に確認することをお勧めします。メンタルヘルスへの配慮が、職場選びの重要なポイントになるでしょう。

2. ホワイトな看護職場を見分ける方法

095_2-0_ホワイト職場の見分け方

看護師として新たな職場を探す際、理想的な環境を見極めることは重要なステップです。

本章では、ホワイトな看護職場を見分ける方法について解説し、適切な職場選びのための手引きを提供します。

2-1. 圧迫面接を行っていないか?

看護師の欠点を探すような圧迫面接を行う病院はブラックな職場の可能性が高いです。圧迫面接では、面接官が高圧的な態度をとったり、答えにくい質問を繰り返してきたりします。このような面接では、萎縮してしまい、自己PRどころではありません。

実は、病院にもよりますが、意図的に圧迫面接を行っている場合があります。圧迫面接によって、ストレス耐性をチェックしているのです。

ストレスが多い環境でも耐えられるかを確認するために圧迫面接を行うような職場は、ホワイトな病院とは言えません。職員のメンタルケアを重視している病院を選んだ方が、心身ともに健康的に長く勤務できるでしょう。

面接での圧迫感や面接官の態度は、その病院の職場文化や人間関係の雰囲気を反映していることが多いです。面接を通じて感じた不快感や違和感は、転職先を選ぶ際の大切な指標になります。

2-2. 面接時の逆質問に誠実に答えてくれるか?

面接時に「何か質問はありますか」と面接官から逆質問される場合があります。この逆質問に対して、誠実に回答してくれるかがポイントです。

回答をはぐらかされる場合には、「離職者が多い」「残業が多い」など、何か公表したくない内部事情があるのかもしれません。その一方で、看護師が働きやすい職場では隠すことがないため、誠実に回答してもらえるでしょう。採用後の「こんなはずではなかった」というミスマッチも少なくなります。

面接時に逆質問をすると、ホワイトな職場を見分けられるだけでなく積極性をアピールできます。事前に質問を用意して、面接に挑みましょう。

面接時の逆質問は、事前に準備しておくとスムーズに進行します。病院の文化やチームワーク、福利厚生など、自分にとって重要なポイントを質問に盛り込むことをお勧めします。

▼面接対策については、こちらの記事もあわせてご覧ください。

2-3. ライフスタイルに合ったシフトが選択できるか?

看護師にとって、シフト制度は職場選びの重要な要素の一つです。自分のライフスタイルや家庭の事情に合わせたシフトが選べるかどうかは、ワークライフバランスを保つ上で大きな影響を与えます

例えば、家庭を持つ看護師や子育て中の看護師にとっては、夜勤の回数を調整できる職場や、日勤専従の選択肢がある職場が理想的です。夜勤の負担を減らし、家族との時間を大切にできる環境は、看護師としての長期的なキャリアを支えます

面接時にシフト制度について詳しく聞き、自身のニーズに合った職場を選ぶことが重要です。

転職先を選ぶ際は、シフト制度だけでなく、残業の有無や休日の取りやすさも確認すると良いでしょう。これらの要素も、働きやすさを大きく左右します。

2-4. 病院見学が可能か?

病院見学は、ホワイトな職場かどうかを見極める上で非常に有効です。

病院見学の際は、単に設備の綺麗さだけでなく、職員の雰囲気や入院患者さんの表情にも注目しましょう。明るく働きやすそうな雰囲気が感じられる病院であれば、ホワイトな職場の目安になります。

また、面接官とのコミュニケーションの中から、働く環境が読み取れることも多いものです。質問を活用し、自分なりに病院の雰囲気を確かめることが大切です。

積極的に見学に参加して、ホワイトな病院かどうかを判断しましょう。

面接に合格した後の病院見学は、就職前に職場の雰囲気をつかむ絶好の機会です。事前の病院見学と合わせて、より正確な判断ができるはずです。

▼病院見学については、こちらの記事で詳しく解説しています。

2-5. 有給休暇の消化率は十分か?

有給休暇の取得状況も、ホワイトな職場を見分ける判断材料になります。

有給休暇は雇用形態に関わらず、一定の条件を満たせば6カ月以上勤務している職員に付与されます。常勤職員の場合、有給休暇は年間20日程度付与されることが一般的です。しかし、肝心なのは、有給休暇がどの程度消化されているかということです。

ホワイトな看護職場では、有給休暇の消化率が高い傾向が見られます。

有給休暇の取得に関する規則や実際の取得状況は、面接や見学の際に確認すると良いです。有給休暇が十分に取得できる職場は、従業員の健康と働きやすさを大切にしている証拠です。

3. ホワイトな看護職場の探し方

095_3-0 _ホワイト職場の探し方

看護師としてホワイトな職場を見つけることは、仕事の満足度に大きく影響します。

この章では、ホワイトな看護職場の探し方を紹介し、効果的な職場探しの方法を提供します。

3-1. 雇用形態から探す

求人情報の検索は、雇用形態を選択してからスタートすることが一般的です。雇用形態は、大きく常勤職員と非常勤職員に分かれます。

常勤は、何かと制約があるものの、充実した福利厚生が受けられます。常勤には「夜勤をしなければならない」というイメージがありますが、夜勤がない日勤専従が選択できる病院もあります。そのほか、家庭との両立のために、時短常勤を希望する方もいるでしょう。

その一方でプライベートを重視し、非常勤として勤務することを希望する方は、パートや臨時職員、派遣という働き方もあります。

看護師にはさまざまな選択肢があり、どの雇用形態にもメリット・デメリットがあります。どのように働いていきたいのかを検討したうえで、雇用形態を選択してください。

雇用形態を選ぶ際には、将来のキャリアプランや家庭の事情も考慮に入れることが大切です。ライフスタイルやキャリアの目標に合わせた雇用形態を選ぶことで、ワークライフバランスを保ちながら働き続けることが可能になります。

▼派遣看護師については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-2. 給与や雇用条件から探す

希望する給与や雇用条件をメインにホワイトな求人を探すことも可能です。

職場や雇用形態によって、給与は大きく異なります。まずは、看護師の平均年収とあなたの年収と比較してみることも有効です。

厚生労働省の調査 によると、看護師の平均年収は498万6,200円です。月収は34万4,300円で、ボーナスは85万4,600円でした。

まずは、現在の給与に満足しているのかを考えてみましょう。給与に不満がある場合には、給与UPのためには、どんな地域でどんな雇用条件の求人であれば理想の年収に近づけるのかを検討しながら探してみることもおすすめです。

給与や雇用条件の確認は面接時にも行うと良いでしょう。面接で明確な回答が得られない場合、その職場の透明性に疑問を持つことも必要です。また、職場選びでは給与だけでなく、仕事の内容や職場環境も重要な検討ポイントです。

3-3. 勤務地から探す

希望する勤務地を選択すると、エリアを絞った求人検索ができます。

ハードな日勤や夜勤を終えたあとで、自宅まで電車を乗り継いで帰宅するのは大変ですし、3交代の病院では、準夜勤後に残業があると終電に間に合わない場合もあるでしょう。通勤時間は30分程度が理想的です

看護師寮がある場合には、入寮条件を確認しましょう。転居が可能な方は、生活してみたい地域や理想的な勤務地から探してみてください。寮に入ることも視野に入れて情報収集をすると、選択肢が広がります。

勤務地を選ぶ際には、通勤方法や時間だけでなく、周辺環境や施設の充実度も考慮すると良いでしょう。自分のライフスタイルに合った場所での勤務は、仕事の満足度を高める要素の一つです。

▼看護師の通勤時間については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-4. 休日の日数から探す

年間休日の日数から探す方法もあります。

病院によって休日日数は異なり、「4週8休制」をとっているところも少なくありません。このような病院は、祝日を付与されないことが一般的で、年間休日は平均104日です。

カレンダー通りに祝日が付与される職場では、4週8休の職場よりも休日が多く、年間約120日間付与されます。

常勤職員として勤務される方は、必ず年間休日の日数を確認しましょう。

休日の日数だけでなく、その休日が連続しているかどうかも重要です。連続した休日があると、家族や趣味の時間を充実させることができます。また、休日出勤がどの程度あるかも確認しておくと良いでしょう。

3-5. 転職サイトを活用してホワイトな看護職場を探す

ホワイトな看護職場を探す際、転職サイトを活用する方法が非常に効果的です。

転職サイトには、各職場の詳細な情報が掲載されており、看護師の募集条件、給与水準、勤務体系、福利厚生など、多岐にわたる情報を比較検討することができます。また、転職サイトでは、職場の内部情報や職場の雰囲気についての生の声も入手できることがあり、これらの情報は自分ひとりで探すよりも信頼性が高いです。

内部情報とは

病院の内部情報とは、職場の給与福利厚生人間関係離職率残業時間有休取得率などの情報のことです。内部情報は、本来であれば実際に働かなければ分からない情報であり、事前に把握することで入職後のミスマッチを防ぐことができます。

加えて、転職サイトのキャリアアドバイザーによるサポートを受けることで、自分に合った職場選びのアドバイスを得ることも可能です。

転職活動を効率的かつ効果的に進めるためには、転職サイトの活用をおすすめします。

転職サイトを選ぶ際には、看護師専門のサイトかどうか、サポートの充実度などを事前に確認すると良いでしょう。また、複数の転職サイトを併用することで、より多くの情報を得ることが可能です。自分に合ったホワイトな職場を見つけるために、積極的に転職サイトのリソースを利用しましょう。

▼病院の内部情報については、こちらの記事で詳しく解説しています。

≫JOBANUSがすすめする看護師転職サイト3選はこちら

4. 看護師の転職を成功させるコツ

095_4-0_看護師転職成功のコツ

看護師としての転職は、キャリアアップの大きな一歩です。

この章では、希望条件の明確化や求人の比較など、看護師の転職を成功させるコツに焦点を当てます。

4-1. 希望条件を明確に設定する

看護師として転職を成功させるためには、希望条件を明確に設定することが重要です。具体的に何を求めているのか、どのような職場環境や仕事内容を望むのかを自問自答しましょう。

たとえば、シフトの種類、勤務地、給与水準、キャリアアップの機会、教育・研修制度の有無など、自分にとって重視すべきポイントを洗い出します。

これらの条件を明確にすることで、求人検索がスムーズになり、自分に合った職場を見つけやすくなります。また、転職の動機やキャリアプランも考えておくと良いでしょう。

希望条件を明確にすることで、自分に合った求人を見極めやすくなるだけでなく、面接時に自分の希望を伝えやすくなります。条件に合った職場選びは、長期的な職業生活の満足度を高める鍵です。

▼自己分析のやり方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-2. 複数の求人を比較・検討する

看護師として転職を考える際、一つの求人だけに焦点を当てるのではなく、複数の求人を比較・検討することが成功のコツです

異なる求人を比較することで、各職場の給与、勤務条件、職場環境、福利厚生などの違いをより深く理解できます。また、多くの選択肢を検討することで、自分のニーズに最も適合する職場を見つける可能性が高まります。

求人サイトや求人誌、転職サイトを活用して、幅広く情報収集を行いましょう。自分のキャリアプランやライフスタイルに合った職場選びをするために、複数の求人の中から最適なものを選び出すことが重要です。

複数の求人を比較する際には、自分の優先順位を明確にしておくと良いでしょう。たとえば、給与、勤務地、勤務時間、教育研修制度の有無など、何を最も重要視するかによって、選択肢が変わってきます。自分にとって重要な条件を満たす職場を見つけるために、複数の求人の比較・検討を行うことをおすすめします。

4-3. 病院見学や面接のポイント

看護師の転職を成功させるには、病院見学や面接の際のポイントを押さえることが大切です

病院見学をする際は、職場の雰囲気やスタッフの様子、設備の充実度を観察しましょう。また、面接では自分の経験やスキルをアピールするだけでなく、職場の環境や勤務体系について質問することも重要です。

面接官の返答から、職場の実情やカルチャーを推測することができます。加えて、自分の希望条件やキャリアプランについても伝えることで、互いの期待を合わせやすくなります。

転職先が自分に適しているかを見極めるためにも、積極的に質問し、情報を収集しましょう。

面接では自己PRだけでなく、転職の動機や職場選びの基準についても話すと良いでしょう。これにより面接官はあなたが何を重視しているのかを理解しやすくなり、マッチする職場かどうかの判断がしやすくなります。また、病院見学時には、患者さんとスタッフとのコミュニケーションも注視すると良いです。

5. ホワイト病院の求人に強い転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

看護の道を歩むあなたが日々抱える想い、それは「もっと働きやすい環境で活躍したい」という願望かもしれません。

質の高い医療を提供する「良い病院」、働き手を大切にする「ホワイト病院」での勤務は、多くの看護師にとって理想の環境です。しかし、そんな理想の職場を見つけるのは一筋縄ではいかないかもしれません。

ここで重要なのが、信頼できる転職サイトへの登録です。特に「看護roo!」では、厳選された質の高い求人情報が豊富にあり、理想的な働き場所を見付ける手助けをしてくれます。また、あなたにぴったりの病院を見つけるための、個別カウンセリングや面接対策も提供されています。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

5-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

5-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

5-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

6. まとめ

今回の記事では、看護師がホワイトな病院を見分け、転職を成功させる方法について詳しく解説しました。

看護師の皆さんが直面する悩みの解決策をまとめると、以下のとおりです。

ホワイト病院を見付けるためのポイント
  • 人員配置の基準
    看護師と患者の比率が7対1で設定されている病院は、適切な人員配置を重視している証拠です。この基準に達している病院は、看護師の負担を軽減し、質の高いケアを提供することに努めています。
  • 教育・研修制度
    資格取得のためのサポートや継続的な研修が提供される病院は、看護師のスキルアップを支援しています。このような制度は、看護師のキャリア成長に欠かせない要素です。
  • 看護師の年齢層のバランス
    様々な年齢の看護師が働いている病院は、多様な経験や知識が共有される良い職場環境を提供します。年齢層がバランス良く構成されていると、新しい看護師も学びやすくなります。
  • 福利厚生
    看護師の生活をサポートするための福利厚生、例えば寮や院内保育所があるかどうかは、働きやすさの重要な指標です。これらの設備が整っている病院は、看護師のライフバランスを考慮しています。

転職を成功させるためには、職場の雰囲気や人間関係を重視することが重要です。そして、看護師転職には、看護師転職サイトの利用が非常に役立ちます

JOBANUSが推奨する看護師転職サイト3社は以下のとおりです。

ぜひこの記事を参考に、理想の職場を見つけてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました