看護師が転職後1ヶ月で辞める場合の対処法と注意点

106_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

PR 当サイトは、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「転職して1ヶ月で辞めるのは早すぎるかな…」
  • 「転職先が合わなくて辞めたいけど、どうしたらいいの?」
  • 「転職して1ヶ月で辞めるのは後悔するかも…」

このような疑問や不安を抱えている看護師の方は少なくないでしょう。

せっかく転職したのに、新しい職場になじめなかったり、期待していた待遇と異なっていたりすると、「もう辞めたい」と感じてしまうものです。しかし、転職後すぐに退職を決断するのは、キャリアにも影響を及ぼす可能性があります

一方で、パワハラやセクハラを受けている場合や心身の調子を崩してしまった場合など、1ヶ月で辞めることが最善の選択となるケースもあるでしょう

そこで本記事では、以下の点について詳しく解説します。

  • 転職後1ヶ月で退職しても問題ないケースと、後悔する可能性が高いケース
  • 1ヶ月で退職する際の手順とポイント
  • 転職失敗を繰り返さないための心構えとコツ
  • 転職後1ヶ月の退職におすすめの転職サイト3選とその利用方法

本記事を読むことで、看護師として1ヶ月という短期間で退職する際の判断基準が明確になり、後悔のない転職を実現できるでしょう

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

1. 看護師が転職後1ヶ月で辞めても問題ないケース

no14_看護師が考えている姿(クエスチョンマーク)(1)_A

看護師の転職は、人生の転機となる大きな決断です。しかし、転職先で期待していたものと現実が異なり、早期に退職せざるを得ない状況に直面することもあります。そんな時、1ヶ月で辞めることは問題ないのでしょうか。

この章では、看護師が転職後1ヶ月で辞めても問題ないケースについて、詳しく見ていきましょう。

1-1. パワハラ・セクハラを受けている

看護師が転職後1ヶ月で辞めることを悩む理由の一つに、パワハラやセクハラがあります。新しい職場で上司や同僚から不当な扱いを受けている場合、我慢せずに辞めることが大切です

パワハラの例としては、以下のようなものがあります。

  • 必要以上に厳しい指導や叱責
  • 長時間の時間外労働の強要
  • 休憩時間の無視や休日出勤の強要
  • 仕事とは関係のないことの強要

一方、セクハラには以下のような行為が含まれます。

  • 性的な冗談や下ネタの強要
  • 必要以上に体に触れる行為
  • 食事やデートの強要
  • 性的な関係の強要

これらのハラスメントは、看護師の心身に大きな負担をかけ、仕事への意欲を低下させます。職場の雰囲気が改善される見込みがない場合は、早めに辞めることを検討しましょう。

転職後1ヶ月で辞める際は、上司に相談し、ハラスメントの内容を具体的に伝えることが重要です。一人で抱え込まず、信頼できる同僚や家族にも相談するようにしましょう。

ハラスメントを受けた場合は、証拠となるメールやメッセージを保存しておくことをおすすめします。労働基準監督署への相談も検討しましょう。

1-2. ひどいいじめにあっている

看護師が転職後1ヶ月という短期間で辞めることを検討する理由として、ひどいいじめが挙げられます。新しい職場で同僚や上司から継続的にいじめを受けているならば、早めに離職を検討すべきです。

いじめの具体例としては、以下のようなものがあります。

  • 必要以上に厳しい指導や過度な叱責
  • 仕事に関係のない私的な事柄の強要
  • 悪口や陰口を言われる
  • 無視をされる、仲間外れにされる
  • 暴力を振るわれる、物を投げつけられる

これらのいじめは看護師の心身に大きなダメージを与え、仕事への意欲を著しく低下させます。また、いじめがエスカレートすることで、更なる深刻な事態を引き起こす可能性もあります。

いじめを受けていることを一人で抱え込まずに、信頼できる上司や同僚、家族に相談することが大切です。組織の中でいじめの解決が難しい場合は、速やかに辞職の意思を伝えましょう

いじめの事実を記録に残すために、日記をつけたりメモを残したりしておくことをおすすめします。必要に応じて警察に相談することも検討しましょう。

1-3. 心身の調子を崩した

看護師として新しい職場に転職したものの、心身の調子を崩してしまうことがあります。これは、環境の変化によるストレスが主な原因となっています。新しい職場では、以下のような要因が重なり合い、心身に負担がかかることがあります。

  • 慣れない業務や環境への適応
  • 新しい人間関係の構築
  • 責任の増加や期待のプレッシャー

このような状況下で、体調不良や精神的な疲労が蓄積されると、仕事の継続が困難になることもあります。そのような場合、無理して続けるよりも、早めに退職を決断することが賢明な選択肢となります。

自身の健康を最優先に考え、長期的なキャリアプランを見据えた判断をすることが大切です。1ヶ月という短期間での退職であっても、心身の健康を守ることが最も重要です

心身の不調を放置することで、看護師の健康が深刻な状態に陥る可能性があります。
体調不良が続く場合は、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
また、職場の上司や同僚にも正直に相談し、業務の調整や休暇の取得などの配慮を求めましょう。

1-4. 応募時に確認した待遇と大きく異なる

看護師が転職先を選ぶ際、給与や福利厚生などの待遇面は重要な判断材料となります。しかし、実際に入職してみると応募時に確認した待遇と大きく異なるケースがあるのです。

例えば、以下のような状況が考えられます。

  • 聞いていた給与額と実際の給与明細が違う
  • 約束されていた手当てが支給されない
  • 応募時に提示された勤務シフトと実際のシフトが大きく異なる

このような場合、看護師は期待を裏切られたと感じ、モチベーションを大きく低下させてしまうでしょう。

応募時の待遇と実際の待遇が大きく異なる状況では、看護師が1ヶ月で退職を決断しても問題ありません。退職の際は、上司や人事部門に待遇面での不一致を正直に伝え、改善を求めることが大切です。

応募時の待遇と実際の待遇に差がある場合、看護師は転職先を信頼することができなくなります。自分に合った職場環境を探すために、再度転職活動を始めることをおすすめします

応募時の待遇と実際の待遇が異なる場合、労働基準法違反の可能性があります。労働条件通知書や雇用契約書など、応募時に提示された待遇の証拠を保管しておくことが重要です。必要に応じて、労働基準監督署や弁護士に相談し、法的な対処を検討しましょう。

2. 看護師が転職して1ヶ月で辞める理由

no06_看護師が困っている姿(1)_A

看護師の転職は、キャリアアップや働く環境の改善を目指して行われることが多いですが、転職先での現実が期待と異なり、早期退職を考えるケースも少なくありません。特に、転職後1ヶ月という短期間で辞める看護師も存在します。

この章では、看護師が転職して1ヶ月で辞める理由について、詳しく解説していきます。

2-1. 看護師チームになじめない・職場に合わない

看護師が転職して1ヶ月で辞める理由の一つに、看護師チームになじめない、あるいは職場に合わないという問題があります。新しい環境では、以下のような要因が影響することがあります。

  • 前職とは異なる看護方針や業務スタイル
  • 人間関係の構築の難しさ
  • コミュニケーションの取り方の違い

これらの要因により、職場への適応が困難になることがあります。特に、チームワークが重要な看護の現場では、スムーズな人間関係の構築が欠かせません

しかし、1ヶ月という短期間では、十分な適応期間とは言えないかもしれません。もう少し時間をかけて慣れる努力をすることで、状況が改善する可能性もあります。

一方で、価値観の違いや方針の不一致が明確な場合は、早めの判断も必要です。自分のキャリアプランや看護師としての理想と照らし合わせて、慎重に決断することが大切です

退職を決める前に、上司や先輩看護師に相談してみましょう。外部からの視点や助言が、状況改善のヒントになるかもしれません。

2-2. 仕事が覚えられない

仕事が覚えられないという理由で、転職後1ヶ月で辞めてしまう看護師さんもいます。新しい職場では、以下のような要因が影響することがあります。

  • 前職とは異なる医療機器や電子カルテシステム
  • 新しい治療法や看護プロトコル
  • 業務フローの違い

これらの要因により、業務に慣れるのに時間がかかることがあります。特に、専門性の高い部署や大規模な医療機関では、覚えることが多く、適応に時間を要することがあります。

しかし、1ヶ月という期間は短すぎるかもしれません。学習曲線は人それぞれであり、時間をかければ徐々に慣れていく可能性が高いです。

焦らずに自分のペースで学んでいくことが大切です。また、分からないことは積極的に質問し、先輩看護師や上司からサポートを受けることも重要です。

自己学習の時間を設けることも効果的です。業務後や休日を利用して、新しい知識やスキルの習得に取り組むことで、適応速度が上がる可能性があります。

2-3. 採用前に聞いた待遇と違う

転職を決める際、採用前に聞いた待遇と実際の待遇に大きな差がある場合、看護師さんが早期退職を考えることがあります。具体的には以下のような待遇の違いが問題となります。

  • 給与や手当の金額
  • 勤務時間や夜勤の頻度
  • 休日数や有給休暇の取得しやすさ

これらの待遇の差は、モチベーションの低下や将来への不安につながることがあります。特に、生活設計やキャリアプランに大きく影響する待遇の違いは深刻です

しかし、すぐに退職を決断する前に、まずは上司や人事部門と話し合うことをおすすめします。誤解や認識の違いがある可能性もあるためです。

また、待遇改善の可能性について相談することで、問題が解決する場合もあります。粘り強く交渉することで、より良い環境で働き続けられる可能性があります。

転職の際は、待遇に関する詳細な情報を書面で確認することが重要です。口頭での説明だけでなく、雇用契約書就業規則をしっかりと確認しましょう。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選lナース人材バンク2

3. 1ヶ月で辞める際の手順とポイント

no10_看護師がポイントを紹介する姿(1)_A

転職後1ヶ月で辞める決断をした看護師にとって、スムーズな退職と次の就職先の確保は大きな課題です。退職の理由を明確にし、次の仕事を見つけてから退職することが重要ですが、そのほかにも注意すべきポイントがあります。

この章では、1ヶ月で辞める際の手順とポイントについて、詳しく解説していきます。

3-1. 退職の一番の理由をはっきりさせる

看護師が転職して1ヶ月で辞める際は、退職の一番の理由をはっきりさせることが重要です。漠然とした不満や悩みを抱えたまま退職を決断すると、後悔につながる可能性があります。自分自身と向き合い、退職の理由を明確にすることで、今後のキャリアプランを立てやすくなるでしょう。

退職の理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • パワハラやセクハラなどの不当な扱いを受けている
  • 職場の人間関係に馴染めない
  • 仕事内容が自分に合わない
  • 待遇面での不満がある

退職の理由を明確にすることで、次の職場選びの際の判断基準にもなります。同じような理由で退職を繰り返さないためにも、自分の価値観やニーズを見直すことが大切です。

退職の理由をはっきりさせたら、上司や人事部門にも伝えましょう。建設的な意見として受け止めてもらえるよう、冷静かつ丁寧に説明することを心がけてください。

退職の理由を明確にすることは、自己分析にもつながります。自分の強みや弱み、働くうえで大切にしたい価値観などを見つめ直す良い機会となるでしょう。今後のキャリア形成に役立てていきましょう。

退職(転職)理由の上手な伝え方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-2. 次の仕事を見付けてから退職する

転職後1ヶ月で辞める際、次の仕事を見つけてから退職することをおすすめします。これにより、経済的な不安を軽減し、キャリアの空白期間を最小限に抑えることができます。

次の仕事を探す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 現在の職場の問題点を明確にし、同じ失敗を繰り返さない
  • 自分のスキルや経験に合った職場を選ぶ
  • 職場の雰囲気や方針をよく確認する

転職活動は在職中に行うため、時間的制約がありますが、慎重に選択することが大切です。また、次の職場が決まったら、現在の職場に退職の意思を伝えましょう。その際、引き継ぎ期間を考慮し、円滑な退職を心がけることが重要です

短期間での退職は、次の転職にも影響する可能性があるため、退職理由を整理しておくことをおすすめします

転職回数が多くなると、キャリアに悪影響を及ぼす可能性があります。次の転職先はじっくりと吟味し、長期的なキャリアプランを考えて選択しましょう。

転職の準備や流れについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-3. 面接でウソをつかない

転職活動において、面接で嘘をつかないことは非常に重要です。短期間での退職理由を説明する際も、正直に伝えることが大切です。

以下のポイントを押さえましょう。

  • 事実に基づいた説明をする
  • 自分の成長につながった点を強調する
  • 次の職場での意気込みを伝える

嘘をつくことで一時的に有利になったとしても、長期的には信頼関係を損なう可能性があります。また、嘘が露見した場合、採用取り消しや退職勧告などの深刻な結果を招くこともあります。

短期間での退職は必ずしもマイナスではありません。自己分析を通じて得た気づきや学びを素直に伝えることで、むしろポジティブな印象を与えることができます。

誠実な態度で面接に臨むことで、互いの期待がマッチした良好な関係を築くことがでるでしょう

面接官の質問に対し、答えられない場合は無理に回答せず、素直に「分かりません」と伝えることも大切です。誠実さを示すことで、かえって好印象を与える場合もあります。

面接対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。

3-4. 看護師専用の転職サイトを活用する

看護師が転職活動をする際は、看護師専用の転職サイトを活用することがおすすめです

看護師専用の転職サイトでは、病院や施設からの求人情報が豊富に掲載されています。また、看護師の経験やスキルに合わせた求人の紹介も受けられるため、効率的に転職活動を進められるでしょう。

さらに、転職サイトによっては、以下のようなサポートを受けられる場合があります。

  • 転職に関する相談や面接対策
  • 労働条件の交渉サポート
  • 職場の人間関係や仕事内容に関する情報提供

転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談できるのも、看護師専用の転職サイトの大きなメリットです。1ヶ月で退職を考えている看護師も、転職のプロに相談することで、適切なアドバイスを得られるはずです。

看護師専用の転職サイトを利用することで、自分に合った職場を見つけ、転職を成功させる可能性が高まるでしょう。

看護師専用の転職サイトは、各サイトで特徴が異なります。自分に合ったサービスを提供しているサイトを選ぶことが大切です。そのため、複数のサイトに登録し、比較検討することをおすすめします。サイトの利用は無料なので、積極的に活用しましょう。

看護師転職サイトの複数登録については、こちらの記事で詳しく解説しています。

4. 看護師が転職失敗を繰り返さないためのポイント

no10_看護師がポイントを紹介する姿(1)_C

看護師の転職は、より良い職場環境や条件を求めて行われますが、時には転職先が自分に合わず、再度転職を考えるケースもあります。しかし、転職を繰り返すことは、キャリアの安定性や信頼性に影響を与える可能性があります。

この章では、看護師が転職失敗を繰り返さないためのポイントについて、詳しく解説していきます。

4-1. 転職の優先順位を整理する

看護師が転職失敗を繰り返さないためには、転職の優先順位を整理することが大切です。自分にとって何が最も重要なのか、よく考える必要があります。

例えば、以下のような項目が考えられます。

  • 給与や福利厚生などの待遇面
  • 通勤時間や勤務時間などの労働環境
  • 職場の雰囲気や人間関係
  • 仕事内容やキャリアアップの可能性

これらの項目を自分なりに順位付けし、優先順位を明確にしておきましょう。転職先を選ぶ際は、優先順位の高い項目を重視して判断することが重要です

すべての条件を完璧に満たす職場を見つけるのは難しいかもしれません。しかし、自分にとって最も大切なポイントを犠牲にしてまで妥協するのは避けるべきでしょう。

優先順位を整理することで、自分に合った職場を見極める力が身につきます。転職失敗のリスクを減らすためにも、しっかりと自分の軸を持つことが大切です。

転職の優先順位は、人生のステージによって変化するものです。定期的に自分の価値観を見直し、優先順位を更新していくことが重要です
また、転職先の職場環境や待遇面については、実際に働いてみないと分からない部分もあります。入職後も、優先順位に沿って職場を評価し、必要であれば転職を検討するという柔軟な姿勢を持つことが大切です。

自己分析や転職条件の優先順位の付け方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-2. 退職理由別に転職先を選ぶ

看護師が転職失敗を繰り返さないためには、退職理由別に転職先を選ぶことが重要です。過去の転職で上手くいかなかった原因を分析し、同じ失敗を繰り返さないように注意しましょう。

例えば、以下のような退職理由に応じた転職先選びが考えられます。

  • パワハラや セクハラが原因での退職
    → 職場の人間関係や雰囲気を重視する
  • 仕事内容が合わなかったことが原因での退職
    → 事前に職場見学や面接で仕事内容を確認する
  • 待遇面に不満があっての退職
    → 給与や福利厚生など、待遇面を重視する

退職理由を明確にすることで、次の転職先に求める条件が見えてきます。また、転職先の職場が退職理由に関連する問題を抱えていないかどうかを確認することも大切です。例えば、人間関係の問題で退職した場合は、面接時に職場の雰囲気について質問してみるのも良いでしょう。

退職理由を踏まえて転職先を吟味することで、自分に合った職場を見つけられる可能性が高まります。転職失敗を防ぐためにも、過去の経験を活かした職場選びを心がけましょう。

転職先の職場環境や待遇面は、入職してみないと分からない部分もあります。そのため、入職後に退職理由に関連する問題が見つかった場合は、早めに対処することが重要です。上司や同僚に相談したり、必要であれば再度転職を検討したりするなど、臨機応変に対応しましょう。
転職は人生の一大イベントです。慎重に職場を選ぶことで、長く働き続けられる環境を見つけましょう。

4-3. 看護技術は「できること・できないこと」を明確に伝える

看護師が転職失敗を繰り返さないためには、看護技術に関してできることとできないことを明確に伝えることが大切です

転職先の職場では、これまでとは異なる看護技術が求められることがあります。しかし、自分の看護技術レベルを正直に伝えないまま転職すると、入職後に大きなギャップを感じてしまう可能性があります。

できる看護技術とできない看護技術を明確にしておくことで、自分に合った職場を見つけやすくなるでしょう

例えば、以下のように伝えることが考えられます。

  • 〇〇の看護技術は自信があるので、その経験を活かせる職場を希望します。
  • △△の看護技術は経験が浅いので、指導を受けられる環境を求めています。

面接での正直なコミュニケーションにより、転職先との期待のミスマッチを防ぐことができます。また、できない看護技術については、入職後の教育や研修で習得していく意欲を示すことも重要です。

自分の看護技術レベルを適切に伝えることで、長く働き続けられる職場を見つける助けになるはずです

看護技術のレベルを伝える際は、謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。できる技術を自慢するのではなく、経験を活かしたい気持ちを伝えることが大切です。
また、できない技術については、素直に認めた上で、学ぶ意欲を示すことが重要です。正直さと謙虚さを兼ね備えた自己アピールを心がけましょう。

5. 転職後1ヶ月の退職におすすめな転職サイト3選

no22_おすすめ看護師転職サイト3選_D2

看護師として転職したものの、わずか1ヶ月で退職を考えているあなた。職場の人間関係、仕事内容、待遇面など、さまざまな理由から「この職場は自分に合わない」と感じ、退職を決意したのかもしれません。でも、次の転職先選びは慎重にしたいですよね。

そんなときは、看護師専門の転職サイトを利用してみましょう。経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの経歴や希望を丁寧にヒアリングし、最適な求人を提案してくれます。

特に「看護roo!」は、利用者満足度が96%以上と非常に高く、あなたの理想の職場探しを手厚くサポートしてくれます。LINE相談にも対応しているため、忙しい看護師の方でも気軽に相談できるのが魅力です。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 特徴・職場・地域別おすすめ!看護師転職サイト3選

5-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

5-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

5-3. ナース人材バンク

ナース人材バンクの特徴
  • 年間10万人以上が利用し利用満足度97%
  • 地域専任の看護師専門キャリアパートナーが担当
  • 介護施設など病院以外の求人が豊富

ナース人材バンクは、年間10万人以上の利用者と97%の高い満足度で、看護師転職界の信頼性を証明しています。

地域専任の看護師専門キャリアパートナーが個々のニーズに合わせて最適なアドバイスを提供します。また、病院だけでなく、介護施設など多種多様な求人があり、全国どこでも活躍の場が見つかります。

転職を検討する看護師さんにとって、確かなサポートと多様な選択肢を提供するこのサイトは、一考の価値があります。

関連記事 ナース人材バンク口コミ評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

6. 看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

no18_看護師がパソコンを操作している姿_C

看護師専門の転職サイトは、看護師の転職活動を支援するために設計されたプラットフォームです。転職サイトを効果的に活用することで、自分に合った求人情報を入手し、スムーズな転職を実現することができます。しかし、転職サイトの利用方法や転職までの流れについて理解していないと、十分な効果を得られない可能性があります。

この章では、看護師転職サイトの登録から転職までの流れについて、詳しく解説していきます。

6-1. 利用登録をする

看護師転職サイトを利用するには、まず会員登録が必要です。登録方法は非常に簡単で、サイトのトップページにある「登録」や「無料会員登録」などのボタンをクリックし、必要事項を入力するだけです

入力項目は以下のようなものが一般的です。

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 看護師免許の有無

これらの情報を入力し、利用規約に同意すれば登録完了です。登録後は、各サイトが提供するサービスを利用できるようになります。

看護師転職サイトの多くは無料で利用できるので、複数のサイトに登録しておくことをおすすめします。それぞれのサイトで扱う求人情報や、提供されるサポートが異なる場合があるからです。自分に合ったサイトを見つけるためにも、まずは気になるサイトにいくつか登録してみましょう

6-2. 初回のカウンセリングを受ける

看護師転職サイトに登録後、初回のカウンセリングを受けることが重要です。このカウンセリングでは、以下の点について詳しく相談できます。

  • 希望する勤務条件や待遇
  • キャリアプランや将来の展望
  • 現在の悩みや転職の動機

カウンセラーは、あなたの経験やスキルを丁寧に聞き取り、最適な求人を提案してくれます。また、転職市場の動向や給与相場などの情報も提供してくれるため、現実的な転職プランを立てるのに役立ちます。

このカウンセリングは、転職成功の鍵となる重要なステップです。正直にそして具体的に自分の希望を伝えることで、より適切なサポートを受けられます。

短期間での転職経験がある場合も、率直に伝えることが大切です。担当アドバイザーは、その経験を踏まえて、より満足度の高い転職をサポートしてくれるでしょう。

6-3. 求人の紹介・求人への応募

カウンセリング後、あなたの希望に合った求人が紹介されます。この段階では、以下の点に注意して求人を検討しましょう。

  • 勤務条件(給与、勤務時間、休日等)
  • 職場の雰囲気や教育体制
  • 将来のキャリアアップの可能性

興味のある求人があれば、詳細な情報を求め、慎重に検討します。短期間での転職経験がある場合は、特に職場環境やサポート体制について詳しく確認することが大切です

求人に応募する際は、履歴書や職務経歴書を丁寧に作成します。転職理由や自己PRは、具体的かつ前向きな内容で記載しましょう

応募後は、面接の準備を進めます。過去の転職経験を踏まえ、自分の強みや成長したポイントをアピールできるよう準備することが重要です。

6-4. 新しい就職先との条件交渉

新しい就職先との条件交渉は、転職成功の重要なステップです。以下の点について、明確に交渉しましょう。

  • 給与や手当
  • 勤務時間と休日
  • 夜勤の頻度
  • 教育・研修制度

短期間での転職経験がある場合は、前職での課題を踏まえ、具体的な要望を伝えることが大切です。例えば、サポート体制勤務環境について詳しく確認しましょう。

交渉の際は、自分の価値を適切にアピールすることが重要です。これまでの経験やスキル、資格などを具体的に説明し、待遇への反映を求めます。

ただし、無理な要求は避け、双方にとって納得できる条件を目指しましょう。長期的なキャリアを見据えた交渉を心がけることが大切です

7. まとめ

今回の記事では、看護師の転職後1ヶ月での退職について説明しました。

「転職して1ヶ月で辞めるのは早すぎるかな…」「転職先が合わなくて辞めたいけど、どうしたらいいの?」と悩む看護師の方は、本記事で紹介した下記の重要なポイントをおさえることで、転職活動をスムーズに進めることができます。

本記事で紹介した重要なポイント
  • パワハラ・セクハラ、いじめ、心身の不調、待遇の不一致などの場合は、1ヶ月で退職を決断しても問題ない
  • 退職の理由を明確にし、次の仕事を見つけてから退職する
  • 面接では正直に伝え、看護師専用の転職サイトを活用する
  • 転職の優先順位を整理し、退職理由別に転職先を選び、看護技術のレベルを明確に伝える

何より大事なことは、自分に合った職場環境を見つけることです。

また、転職後1ヶ月での退職を繰り返さないためには、看護師専門の転職サイトを活用してキャリアアドバイザーに悩みを相談したり、条件に合った職場を効率良く探すことをおすすめします。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。迷ったらこの3社を併用することをおすすめします。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする
転職活動前
シェアする
JOBANUS
タイトルとURLをコピーしました