クリニカルスペシャリストへの看護師転職|仕事内容・給与・メリット&デメリット

050_0-0_アイキャッチ画像 転職知識

PR 当サイトはマイナビ・リクルート等複数の企業のサービスを紹介しており、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

  • 「クリニカルスペシャリストはどんな仕事をするの?」
  • 「クリニカルスペシャリストにはどんな資格が必要?」
  • 「クリニカルスペシャリストの給料ってどのくらい?」

看護師の皆さん、これらの疑問をお持ちではありませんか?

看護師としてのキャリアアップを目指す中で、「クリニカルスペシャリスト」という選択肢に興味を持つ方も多いことでしょう。

しかし、具体的な仕事内容必要なスキル、さらには待遇面についての情報が乏しく、転職をためらうこともあるかもしれません。

この記事では、そんな看護師の皆さんが直面する悩みや課題に焦点を当て、クリニカルスペシャリストへの転職がどのようなものかを詳細に解説します。

特に、次のポイントについて深く掘り下げます。

  • クリニカルスペシャリストの業務内容や年収
  • クリニカルスペシャリストのメリット・デメリット
  • クリニカルスペシャリストに向いている人

などについて詳しく解説します。

クリニカルスペシャリストという選択が自分に合っているか、どのような準備が必要なのかを理解することで、より確かな一歩を踏み出すことができます

ぜひ最後までご覧ください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選l看護師ワーカー2

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする

1. クリニカルスペシャリストとは

050_1-0_クリニカルスペシャリストとは

クリニカルスペシャリストとは、医療機器メーカーで働く専門家で、医療従事者に向けて医療機器の使い方やデモンストレーションを行います

この職業は、看護師や臨床工学技士などの臨床経験を生かし、医療機関での説明会や研究会の企画・実施などを通じて、医療機器の適切な使用をサポートする役割を担っています

クリニカルスペシャリストは、学会などの繁忙期には休日出勤や出張が多くなることもありますが、臨床現場とは異なる形で社会貢献を果たすことができるやりがいのある職業です。

クリニカルスペシャリストとしてのキャリアを考える場合は、医療機器や技術の知識を深めることが重要です。また、様々な医療従事者とのコミュニケーション能力も大切になります。

2. クリニカルスペシャリストの業務内容

050_2-0_クリニカルスペシャリスト業務内容

クリニカルスペシャリストは医療機器メーカーの社員として、自社製品の販売促進を主な業務とします

具体的には、医療機関を訪問して医療関係者へ製品のプレゼンテーションを行ったり、製品の使用方法に関する説明会を開催したりすることが含まれます。また、販売した製品のアフターケアやフォローアップも重要な役割を果たします。

この職種は、製品の販売からサポートまでを一貫して担当し、顧客の満足度を高めることが求められます。クリニカルスペシャリストは医療行為を行うことはありませんが、セールスやマーケティング活動が主な業務です

医療機関とのコミュニケーションを通じて、ニーズを把握し、医療メーカーの売り上げ向上に貢献することが目指されています。

クリニカルスペシャリストとして成功するためには、医療機器に関する深い知識と共に、効果的なコミュニケーション能力が重要です。顧客のニーズを的確に理解し、適切な製品提案を行うことが求められます。

3. クリニカルスペシャリストの1日の流れ

050_3-0_クリニカルスペシャリスト1日の流れ

クリニカルスペシャリストは、医療機器メーカーでの通常の勤務時間を基本としています。病院勤務とは異なり、夜勤の必要がなく、勤務地によっては残業の有無が異なる場合があります。

一日は通常、メールチェックから始まり、営業担当者とのスケジュール確認に続きます。外回りが主な業務で、朝から直接取引先を訪れることもありますが、オフィスでのデスクワークも重要な部分です。

一日の大部分を、医療機関を訪問して医師や看護スタッフとコミュニケーションを取ることに費やします。ニーズを把握し、会社へフィードバックすることが主な役割です。営業担当者と共に動くことが多いですが、単独で活動することもあります。

この職種は、医療知識を活かして、営業職よりも詳細な説明が可能であることが大きな強みです

クリニカルスペシャリストとしての仕事は、医療知識を活かした営業活動が中心です。医療従事者の経験を生かしつつ、営業スキルを磨くことがキャリアアップにつながります。

4. クリニカルスペシャリストの平均年収

50_3-0_平均収入

クリニカルスペシャリストの年収は、経験やスキルに応じて異なりますが、平均で600万円~900万円程度とされています。これは一般の看護師よりも高い水準です。

特に外資系の医療機器メーカーに勤務する場合、実力次第でさらに高い年収を期待できます。ただし、外資系企業では語学力の必要性が高いため、そのスキルも重要です。

さらに、看護以外の経験や特別なスキルが年収アップに繋がることもあります。

クリニカルスペシャリストを目指す場合、看護以外のスキルや経験を積むことが、より高い年収を得るための鍵となります。

5. クリニカルスペシャリストの資格・スキル

050_3-0_ クリニカルスペシャリスト資格

クリニカルスペシャリストになるためには、看護師資格が基本です。さらに、臨床現場での経験が豊富であるほど、仕事の質を高めることが可能です。

ビジネスマナーコミュニケーションスキルも重要とされており、これらはクリニカルスペシャリストとしての業務遂行において必須です。

パソコン操作能力、特にワードやエクセルの使用技術は、業務を効率的に進めるために欠かせません。さらに、外資系企業での勤務を考えている場合、語学力は重要な要素となります。

TOEICなどの客観的なスコアを持っていると、就職や昇進に有利に働くことが期待できます。

クリニカルスペシャリストを目指す際は、医療技術だけでなく、ビジネススキルや語学力の向上にも注力することが重要です。これにより、より幅広い職種へのチャレンジが可能になります。

6. クリニカルスペシャリストのメリット

050_6-0_クリニカルスペシャリストのメリット

クリニカルスペシャリストへの転職には、看護師にはない魅力があります。

そこでこの章では、夜勤のない働き方が実現できる点や、医療以外の業務にもチャレンジできるなど、様々なメリットを紹介します。

6-1. 夜勤がなく仕事は日勤のみ

クリニカルスペシャリストの大きな魅力の一つは、夜勤がなく日勤のみで働けることです

多くの看護師が経験する肉体的、精神的負担の大きい夜勤を避けることができ、プライベートな時間を充実させやすい環境が整います。

これにより、仕事と私生活のバランスを取りやすくなり、仕事に対する集中力やモチベーションの維持にも繋がります。また、夜勤がないことで、体調管理がしやすく、健康面でのリスクも軽減されます。

このように、日勤のみの勤務形態は、長期的なキャリアを考えた時に看護師にとって大きなメリットとなります。

日勤のみの勤務では、夜勤手当てがないため、総収入は夜勤を含む職場より低くなることがあります。収入面でのバランスも考慮して転職を検討しましょう。

6-2. 医療行為以外の職務も携わることが可能

クリニカルスペシャリストには、医療行為以外にも様々な職務に携わるチャンスがあります

これには教育や研究、管理業務などが含まれ、看護師としての経験を活かしつつ、新しいスキルや専門知識を身につけることが可能です。

特に、教育分野では、後進の育成に関わることで看護の質の向上に寄与できるだけでなく、自己の専門性をさらに深めることができます。また、研究や管理業務を通じて、より広い視野を持って看護業界に貢献する道も開けます

このように、医療行為に留まらない多様な職務は、看護師としてのキャリアパスを広げる大きなメリットです。

医療行為以外の職務に就くことは、キャリアの多様性を高めると同時に、個々の興味や強みを生かす機会にもなります。自分のキャリアプランを考える際に、これらの可能性をぜひ検討してみてください。

6-3. 頑張った分だけ評価してもらえる

クリニカルスペシャリストとしての勤務は、頑張りが直接評価につながる環境が整っています

特に、専門知識や技術を活かした実績が明確に評価され、それがキャリアアップや給与面での反映に繋がります。これは、自身の専門性を深め、積極的に業務に取り組むことが奨励される環境であり、自己実現のチャンスも大きいと言えます

そのため、自身の成長を実感しやすく、モチベーションの維持にも寄与します。また、成果が目に見える形で評価されることは、仕事の満足度を高める重要な要素です。

自身の頑張りが評価される環境は魅力的ですが、過度なプレッシャーに感じる場合は、適切なサポートを求めることも大切です。

7. クリニカルスペシャリストのデメリット

050_7-0_クリニカルスペシャリストのデメリット

クリニカルスペシャリストとしてのキャリアは多くのメリットを持ちますが、一方でデメリットも存在します。

そこでこの章では、高度な営業能力やコミュニケーション能力が必要とされる点や、医療機器に精通する必要があることなど、様々なデメリットを紹介します。

7-1. 営業能力・コミュニケーション能力が必要

クリニカルスペシャリストのデメリットの一つとして、営業能力や高いコミュニケーション能力が求められる点が挙げられます

医療の現場では、患者やその家族、他の医療従事者との円滑なコミュニケーションは必須ですが、クリニカルスペシャリストとしてはさらに、医療機器や薬品の紹介、新しい医療技術の提案など、営業的な要素も含まれることがあります。

このため、看護の技術だけでなく、商談やプレゼンテーションのスキルも必要とされる場合が多く、これが苦手な方にとっては挑戦となるかもしれません。

営業能力やコミュニケーション能力は経験を通じて磨かれます。初めは不安でも、実践を積むことで徐々に向上しますので、チャレンジする心構えが大切です。

7-2. 医療機器に精通する必要がある

クリニカルスペシャリストになると、医療機器に精通することが求められます。これは、最新の医療機器や技術についての深い知識が必要となるため、継続的な学習と情報収集が欠かせません。

医療機器は日々進化しており、その操作方法や機能、効果について正確に理解し、患者への適切な説明と使用が求められるのです。このため、専門的なトレーニングやセミナーへの参加が必要となり、自己研鑽の時間と労力を要します

医療機器に関する知識は常に更新が必要です。最新情報を逃さずキャッチするために、業界のニュースや専門誌を定期的にチェックすることが重要です。

7-3. 患者と直接関わることができない

クリニカルスペシャリストの職務には多くのメリットがありますが、直接患者と関わる機会が少ないことはデメリットの一つです

看護師として患者との密接な関係を築き、日々のケアを通じて信頼関係を深めることは、多くの看護師にとって仕事の大きなやりがいの一つです。しかし、クリニカルスペシャリストはより専門的な職務に従事するため、患者との直接的なやり取りは減少します

その結果、患者からの直接的なフィードバックや、患者の回復を間近で見届ける機会が少なくなることがあります。

患者と直接関わる機会が減少することに不安を感じる場合は、患者ケアに関わる他の職務やボランティア活動に参加してみるのも良いでしょう。

8. クリニカルスペシャリストに向いている人

050_8-0_クリニカルスペシャリストに向いている人

クリニカルスペシャリストには特定の資質が求められます。

そこでこの章では、クリニカルスペシャリストに適した人物像について、詳しく見ていきましょう。

8-1. 営業や販売の仕事が大好きな人

クリニカルスペシャリストに向いている人の中でも、特に営業や販売の仕事を楽しむことができる方は適任です

クリニカルスペシャリストの職務には、医療機器や薬品の提案、新しい治療法の紹介など、営業的な要素が含まれます。

このため、営業や販売に関する経験やスキルがあると、クリニカルスペシャリストとしての業務をより効果的に遂行することが可能です。また、コミュニケーション能力や人間関係の構築能力も重要となります。

営業や販売が得意な方は、クリニカルスペシャリストとして大いに活躍できる可能性がありますが、医療知識や技術に関する継続的な学習も忘れずに行いましょう。

8-2. 体力に自信があり外回りの仕事が好きな人

クリニカルスペシャリストに向いている人の特徴の一つとして、体力に自信があり、外回りの仕事を好むことが挙げられます

クリニカルスペシャリストは、医療施設や病院を訪問し、医療機器や薬品のデモンストレーション、技術説明などを行うことが多いため、日々の移動が多く、それに伴う体力が要求されます。また、外回りの仕事は、様々な場所で多くの人々と接する機会が多いため、人とのコミュニケーションを楽しむことができる方に適しています

体力に自信がある方は、クリニカルスペシャリストとして活躍できる可能性が高いですが、定期的な健康管理と適切な休息を心がけることも重要です。

8-3. 初対面の人と距離を感じずに話せる人

クリニカルスペシャリストに向いている人の特徴の一つとして、初対面の人ともすぐに打ち解けることができる社交性が挙げられます

この職業は、日々新しい人々と接する機会が多く、その都度、信頼関係を築く必要があります。初めて会う医療関係者や患者とも円滑にコミュニケーションを取れる能力は、クリニカルスペシャリストにとって非常に重要です

このような人は、新しい環境や状況にも柔軟に対応でき、効率的に業務を進めることができます。

初対面の人ともすぐに打ち解ける能力は、人間関係を築く上で大きな強みですが、プロフェッショナルな態度を常に保つことも忘れないでください。

9. クリニカルスペシャリストに強い転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

効率的な転職活動と成功の可能性を高めたい人は、看護師転職サイトの利用をおすすめします。特に「看護roo!」は求人数とサポートが充実しているため、初めての転職サイト選びに最適です。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率よく進めたい方は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メール一つで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、おすすめの看護師転職サイトを3つご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

9-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

9-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

9-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

10. 面接や履歴書の志望動機・自己PR例文

採用されるためには、看護師の資格を持っているだけでは十分ではありません。他にも才能やスキル、経験があることをアピールしたいものです。

特に、営業の仕事は心身共にタフであることが求められます。打たれ強い性格であること、体力的にもタフであることをアピールすると効果的でしょう。

  • 「看護師として培った経験を生かし、医療機器メーカーで新たなキャリアを築きたいと考えています。特に、医療現場での実体験を活かして、より実用的な製品開発に貢献したいです。」
  • 「学生の頃には接客業をしていました。初対面の人と会話をすることが大好きで、売り上げにも貢献していたと思います。看護の資格を生かしながら、医療機器メーカーの分野で尽力していきたいです。」
  • 「以前から、セールスやマーケティング分野に興味を持っていました。看護の資格に加え、これまでの経験やスキルを生かした働き方をしたいです。」
  • 「看護師として培った経験を生かし、医療機器メーカーで新たなキャリアを築きたいと考えています。特に、医療現場での実体験を活かして、より実用的な製品開発に貢献したいです。」

このように言えば、営業職に求められる資質を持っているというアピールになりそうです。

自己PRでも、社交的で積極的な性格であることをアピールするのが高評価につながります。

  • 「臨床現場で培った卓越したコミュニケーションスキルとチームワークは、医療機器メーカーでの業務においても大いに役立つと考えています。特に、困難な状況下での冷静な判断力は、私の大きな強みです。」
  • 「看護師としての経験を通じて、患者さん一人ひとりに合わせた細やかな対応を心がけてきました。この細やかな観察力と対応力は、医療機器メーカーにおける顧客ニーズの把握や製品改良にも大いに役立つと自負しています。」
  • 「初対面の人とでも距離を感じさせることなく会話ができます。よく気が付く性格でもあり、アフターサポートをきめ細やかにできる自信があります。」

11. まとめ

今回は、クリニカルスペシャリストへの転職を考えている看護師の方に向けて、業務内容やスキル要件、メリット・デメリットなどについて解説しました。

本記事のポイントをまとめると、下記のとおりです。

本記事のポイント
  • 年収は600万~900万円と看護師より高い水準
  • 営業能力やコミュニケーション能力が必要
  • 夜勤がなく日勤中心の働き方が実現できる

何より大切なことは、クリニカルスペシャリストの仕事内容をしっかり理解し、自分に合っているかどうかを判断することです。

また、この記事で取り上げた転職への不安や疑問を解消するためにも、下記の看護師転職サイトを活用することをおすすめします。

ぜひこの記事を参考に、転職の成功に向けた一歩を踏み出してください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました