転職サイトは使わないほうがいい?|転職活動への影響とメリット・デメリット

102_0-0_アイキャッチ画像 転職エージェント

PR 当サイトはマイナビ・リクルート等複数の企業のサービスを紹介しており、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

看護師の皆さんは、転職を考える際に多くの不安や疑問を抱えていることでしょう。特に、転職サイトの利用に関しては、そのメリットとデメリットを理解することが不可欠です。

  • 「看護師の転職を有利に進めるのはどうしたらいいの?」
  • 「転職サイトを使うと自分に合った仕事が見付かる?」
  • 「紹介料が高いって本当?利用することで損をしない?」

このような疑問をお持ちではありませんか?看護師としてのキャリアを築く上で、転職サイトの利用は一つの選択肢となりますが、求人の質やキャリアアドバイザーとの相性など、課題が存在します

しかし、これらの悩みや課題を解消するために、本記事では以下の点について詳しく伝えます。

  • 看護師転職サイトの利用時に注意すべきポイント
  • 転職サイトを使わずに自分に合った仕事を見つける方法
  • キャリアアドバイザーとの良好な関係を築くコツ
  • 転職を成功させるための具体的なステップ

この記事を読むことで、看護師としてのさらなるキャリアアップを目指すあなたに、転職活動での成功の秘訣を提供します。ぜひ最後までご覧ください。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選l看護師ワーカー2

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする

1. 転職サイトを使わない方がいいと言われる理由

102_1-0_転職サイト使わない方がいい?

転職サイトは、求職者にとって多くの選択肢を提供する一方で、いくつかのデメリットも存在します。

本章では、なぜ「転職サイトを使わない方がいい」と言われるのか、その理由を解説していきます。

1-1. 転職活動の自由度が制限されるため

看護師転職サイトを利用する際の一つの懸念点は、転職活動の自由度が制限されることです。

サイトに登録すると、キャリアアドバイザーが紹介する求人に限定されることがあり、自分で探したい求人や条件に合わない場合も出てくることがあります。さらに、一部の転職サイトでは、登録後のキャリアアドバイザーとの連絡が煩雑になることもあり、これが転職活動のストレスにつながることもあります。

そのため、転職サイトを使う場合は、自分の希望に沿ったサービスを提供しているかどうか、事前に確認することが大切です。

転職サイトを選ぶ際は、どの程度自分の希望を反映できるかを確認しましょう。希望に沿わないサービスを提供するサイトは、転職活動の自由度を制限し、ストレスの原因になることがあります。

1-2. 求人の質とキャリアアドバイザーの専門性が不十分なため

看護師転職サイトの大きな問題点の一つは、提供される求人の質とキャリアアドバイザーの専門性がしばしば不十分であることです。

多くのサイトでは、量に偏重した求人紹介が行われることがあり、それらは必ずしも看護師のキャリアや希望に合致していない可能性があります。また、キャリアアドバイザーが看護業界の具体的な事情やニーズを十分に理解していない場合、適切なアドバイスが得られず、結果として不満足な転職に終わるリスクもあります

転職を成功させるためには、求人の質とアドバイザーの専門性を見極めることが重要です

転職サイトを利用する際は、求人の質とキャリアアドバイザーの専門性に注意し、自分のキャリアに合った適切なアドバイスを求めましょう。不十分なサービスでは、転職の満足度が下がる可能性があります。

1-3. 病院や施設が転職サイトに否定的な見解を持っているため

病院や施設が転職サイトに否定的な見解を持っている理由は、直接応募と比べてコストがかかるためです。転職サイト経由の採用は、病院側に高額な紹介料が発生することがあります。

そのため、一部の病院では転職サイトを通じた採用を敬遠し、直接応募を優遇する場合があるのです。この状況を知らずに転職サイトのみに依存すると、希望の職場を逃すリスクがあります。

転職活動では、複数のアプローチを併用することが重要です

転職サイトに登録する際は、病院側の転職サイトに対する姿勢も事前にリサーチしておくことが大切です。直接応募を優遇する病院もあるため、希望の職場に応募する際は、その病院の採用方針を確認しましょう。

1-4. キャリアアドバイザーとの不適切なマッチングのため

看護師転職サイトを利用する際、多くの看護師が直面する問題の一つが、キャリアアドバイザーとの不適切なマッチングです

転職サイトによっては、アドバイザーが看護師の専門性や希望を十分に理解していないことがあります。これにより、看護師にとって適切でない職場を紹介されるリスクが高まります。また、アドバイザーは場合によっては紹介料に焦点を当て、看護師のキャリアや個人的な要望よりも利益を優先することがあります。

このような状況は、看護師のキャリアにとって有益でない場合が多いです。

転職サイトを利用する際は、アドバイザーが看護師のニーズをどの程度理解しているか確認し、不安や疑問を解消できるアドバイザーを選ぶことが重要です

1-5. 紹介される求人が自分の希望と合わないことがある

看護師転職サイトを利用する際の一つの課題は、紹介される求人が自分の希望と合わないことがある点です。

転職サイトに登録されている求人の中には、看護師の専門性やキャリアプラン、勤務地の希望などを十分に反映していないものがあります。

これにより、☆看護師が理想とする職場☆を見つけるのが困難になることがあります。また、サイト側が紹介料を重視するために、看護師のニーズよりも求人数を優先することがある点も、この問題を引き起こしています。

転職サイトを利用する際は、自分の希望や条件を明確に伝え、それに合った求人を積極的に要求することが大切です。自分に合った職場を見つけるためには、積極的なコミュニケーションが必要です

1-6. サービスの質が一定ではなく満足できないことがあるため

看護師転職サイトを利用する際に遭遇する可能性があるのは、サービスの質が一定ではなく、結果的に不満足な転職に終わるケースです

転職サイトによってはキャリアアドバイザーの専門性や経験が不足していたり、求人の選択肢が限られることがあります。これにより、看護師が本当に望む条件に合った職場を見つけることが難しくなり、転職後に期待外れの状況に直面するリスクがあります。

そのため、転職サイト選びには慎重になる必要があります。

転職サイト選びでは、サービスの質やキャリアアドバイザーの専門性を事前に確認することが重要です。不十分なサービスに時間を費やすことなく、効率的な転職活動を行いましょう。

2. 転職サイトの利用メリット

102_2-0_転職サイトメリット

看護師としての転職は、単なる職場の変更にとどまらない重要なキャリアの一歩です。

本章では、転職サイトを通じて得られるさまざまなメリットを検証し、あなたの転職を成功に導くための情報を提供します。

2-1. 幅広い求人にアクセスでき、非公開求人も利用できる

転職サイトの大きな利点は、幅広い求人情報へのアクセスと、一般には公開されていない非公開求人へのアクセスが可能であることです。

非公開求人とは

一般に公開されている求人と比べて条件が良いため、非公開にしている求人のこと。実際にネットに公開してしまうと、「応募者が殺到してしまう」「現職の職員より高待遇になってしまう」など、非公開求人は非公開にすべき理由を持つ高待遇な求人が多いです。

これにより、看護師は自分の経験やスキルに合った多様な仕事の選択肢を得ることができます。また、非公開求人は、好条件のポジションやレア職場への転職のチャンスを提供することがあります。

非公開求人にアクセスするためには、転職サイトのキャリアアドバイザーとの良好な関係が重要です。積極的なコミュニケーションを心がけましょう。

▼非公開求人については、こちらの記事で詳しく解説しています。

2-2. 転職のプロがキャリア相談を提供し、サポートしてくれる

看護師転職サイトの利用メリットの一つは、キャリアアドバイザーによる専門的なキャリア相談とサポートが受けられることです。

転職のプロであるキャリアアドバイザーは、看護師のキャリアパスや希望条件を理解し、適切な求人を紹介してくれます。また、履歴書の書き方や面接のコツなど、転職活動全般にわたるサポートを提供してくれるため、看護師はスムーズに転職活動を進めることができます。

キャリアアドバイザーとの相性も重要です。相談しやすく、自分のキャリアに寄り添ってくれるアドバイザーを見付けましょう。

2-3. 条件交渉や面接対策をサポートしてくれる

看護師転職サイトの大きなメリットの一つは、条件交渉や面接対策をサポートしてくれる点です。

キャリアアドバイザーが、給与や勤務条件の交渉を代行し、面接の際には適切なアドバイスや対策を提供してくれます。これにより、看護師本人の負担が軽減され、スムーズで有利な転職活動をサポートします。

面接対策では、自己PRや志望動機の準備を念入りに行い、印象に残る応募者となるよう心がけましょう。

2-4. 派遣や単発など、多様な働き方を選ぶことができる

転職サイトの利用メリットの一つは、派遣や単発といった多様な働き方の選択肢が豊富にあることです。これにより、看護師は自分のライフスタイルやキャリアの目標に合わせて、柔軟に働き方を選択することが可能になります。

長期間の正職員ポジションだけでなく、短期間の派遣や単発の仕事も見付けることができるため、キャリアの幅が広がります

自分の希望する働き方を明確にして、適切な求人を選ぶ際には、それをキャリアアドバイザーに伝えることが重要です。

2-5. 転職活動の時間と労力を節約できる

転職サイトの利用は、転職活動に要する時間と労力を大幅に節約できる点でメリットがあります。

求人情報の検索、応募書類の準備、面接の手配など、転職活動に関わる様々なプロセスを、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます。これにより、忙しい日々の中でも効率的に転職活動を進めることが可能になります。

転職活動をスムーズに進めるためには、自分の希望条件やキャリア目標を明確に伝えることが重要です。これにより、より適切な求人の紹介を受けやすくなります。

2-6. 就職後のフォローアップやアドバイスを受けられる

転職サイトを利用するメリットの一つは、就職後もフォローアップやアドバイスが受けられることです。

キャリアアドバイザーは、新しい職場での適応やキャリアプランの相談に対応し、看護師の職場定着をサポートします。新しい環境での不安や疑問に迅速に対応できるため、転職後のストレス軽減にもつながります。

新しい職場での適応に苦労している場合は、積極的にキャリアアドバイザーに相談しましょう。第三者の視点からアドバイスを得ることで、問題の解決に繋がることがあります。

2-7. 病院や施設の内部情報や実際の職場環境を知ることができる

転職サイトを利用する大きなメリットとして、病院や施設の内部情報や実際の職場環境について詳しく知ることができる点が挙げられます。

キャリアアドバイザーは通常、病院の内部状況や職場の雰囲気、チームの文化など、公開されていない情報を提供してくれます。これにより、看護師は自分の希望やキャリアプランに合った職場を見付けやすくなります。

転職先を選ぶ際には、職場環境や文化が自分に合っているかを慎重に考慮することが重要です。キャリアアドバイザーに具体的な職場の情報を求めてみましょう。

▼病院の内部情報については、こちらの記事で詳しく解説しています。

2-8. 転職先の給与や労働条件の詳細情報を事前に得られる

転職サイトの利用には、転職先の給与や労働条件の詳細情報を事前に知ることができるというメリットがあります。

キャリアアドバイザーは、具体的な給与水準、勤務時間、休日数、福利厚生など、職場の詳細な情報を提供してくれます。これにより、看護師は自分の条件に合う職場を事前に選別し、納得のいく転職を実現することができます

転職先の選択にあたっては、給与や労働条件だけでなく、職場の雰囲気や人間関係も重要な要素です。面接時にこれらの点についても積極的に質問し、総合的な判断を心がけましょう。

3. 転職サイト利用のデメリット

102_3-0_転職サイトデメリット

転職サイトは多くの利便性を提供しますが、利用にはいくつかのデメリットも伴います。

この章では、転職サイトの利用が時にどのような不都合を生じさせる可能性があるのかを解説します。

3-1. キャリアアドバイザーとのやり取りが煩雑で時間がかかる

転職サイト利用のデメリットの一つは、キャリアアドバイザーとのやり取りが煩雑で時間がかかることがあります。

多くの場合、看護師とアドバイザーはメールや電話での連絡を頻繁に行い、条件の調整や面接のスケジュール調整などを行います。これにより、忙しい看護師にとっては、転職活動が思うように進まないストレスが生じることもあります。

キャリアアドバイザーとのやり取りは、効率的なコミュニケーションを心がけることが重要です。具体的な希望条件やスケジュールを最初に明確に伝え、無駄な時間を省くことを意識しましょう。

3-2. キャリアアドバイザーの専門性や対応が十分でないことがある

転職サイトを利用する際のデメリットとして、一部のキャリアアドバイザーの専門性や対応が不足している場合があります。

看護師の専門性やキャリアプランに精通していないアドバイザーがいることもあります。その結果、看護師のニーズに合わない求人を紹介されることや、十分なサポートが得られないことがあります。

転職サイトを利用する際は、キャリアアドバイザーとの相性を見極めることが大切です。自分の専門性やキャリアプランを理解してくれるアドバイザーを見付けることが、成功する転職には不可欠です。

3-3. 採用が不利になる可能性がある

転職サイトを通じて応募する際に考慮すべきデメリットの一つとして、紹介料が関与することにより、稀に直接応募者を優遇するケースが存在する点が挙げられます。

これは、転職サイトを介して採用する際に発生する高額な紹介料を避けたいと考える雇用主がいるためです。その結果、同じ資格や経験を持つ候補者であっても、直接応募した者がわずかに優遇される可能性があります。

直接応募のケースが稀であるため、転職サイトを通じた応募が不利になることは一般的にはありません。実際には、転職サイトを利用することにより、多くの求人情報にアクセスしやすくなるため、自分のキャリア目標に合った機会を見つけやすくなります。

3-4. 転職サイトの求人が希望と合わないことがある

転職サイトを利用する際のデメリットとして、提案される求人が自分の希望やキャリアプランと合わないことがあります

キャリアアドバイザーは、利用者のニーズに合った求人を見つけることを目指しますが、時には不適切なマッチングが生じることもあります。その結果、看護師が求める条件や職場環境に合致しない求人が紹介されることがあります。

転職サイトを利用する際は、自分の希望条件やキャリア目標を明確に伝えることが重要です。これにより、より適切な求人の紹介を受ける可能性が高まります。また、提案された求人が自分の希望と合わない場合は、遠慮なくその旨をアドバイザーに伝えましょう

4. 転職サイトを利用すべき人

102_4-0_転職サイト利用すべき人

看護師としての次のステップを考える際、転職サイトの利用が有効な場合があります。

この章では、どのような人が転職サイトの利用から恩恵を受けることができるのかを明らかにします。

4-1.初めての転職やブランクがある人

転職サイトは、初めて転職をする人や、キャリアにブランクがある人にとって大きなメリットがあります。

経験が少ない、またはブランクがある看護師は、転職市場における自分の価値を把握するのが難しい場合があります。転職サイトを通じて、キャリアアドバイザーが適切なアドバイスやサポートを提供し、自信を持って転職活動を進めることができます。

初めての転職やブランク後の転職は不安が大きいものです。転職サイトを利用することで、職場の選び方、面接の対策、履歴書の書き方など、具体的な転職活動のステップについて詳しいアドバイスを受けられます

4-2. 忙しくて転職活動に時間が取れない人

忙しい日々を送る看護師にとって、転職活動に十分な時間を割くことは困難です。転職サイトを利用することで、求人検索や応募プロセスの効率化を図ることができます

キャリアアドバイザーが求人の選定や応募手続きのサポートを行うため、忙しい看護師でもスムーズに転職活動を進めることが可能になります。

忙しくても転職を考えている看護師は、自分の希望条件やキャリアプランを明確に伝え、効率的な転職活動を心がけましょう。また、限られた時間の中で最大限の成果を出すために、キャリアアドバイザーとの密なコミュニケーションを取ることが重要です。

4-3. 1人で転職活動する自信がない人

転職活動は、特に初めての場合や長期間就業していた後の場合、多くの不安や疑問を抱えるものです。自信がない人にとって、転職サイトは有益なリソースとなります

プロのキャリアアドバイザーが、履歴書の作成、面接の準備、条件交渉など、転職の各ステップでサポートを提供します。これにより、転職活動に必要な自信と方向性を得ることができます。

転職活動に自信がない場合は、キャリアアドバイザーと綿密にコミュニケーションを取り、自分の希望や不安を正直に伝えましょう。プロの視点から適切なアドバイスが得られ、転職活動をよりスムーズに進めることができます。

4-4. 病院の内部情報を知りたい看護師

病院の内部情報を知りたい看護師にとって、転職サイトは貴重な情報源です。病院の雰囲気や働きやすさ、患者の対応など、実際に働くまで見えない情報が多くあります。

転職サイトを利用することで、その病院で働いた経験のある人からの口コミや、キャリアアドバイザーからの詳細な情報を得ることができます。

☆実際の職場環境やチームの雰囲気など、求人情報だけでは分かりにくい側面を知ることが可能☆になり、より自分に合った病院選びが可能なります

病院の内部情報を得る際は、情報の正確性や最新性を確認することが重要です。情報源の信頼性や時期によっては、実際の状況と異なる場合があります。

4-5. 派遣・単発・応援ナースとして働きたい人

派遣、単発、応援ナースとして働きたい看護師には、転職サイトが大変有効です。これらの働き方は、フレキシブルな勤務体系を求める看護師に最適で、短期間のみ働くか、特定の期間だけ働くかなど、自分のライフスタイルに合わせて選べます

転職サイトを利用すると、様々な種類の派遣・単発の求人情報にアクセスでき、自分の希望に合った働き方を見つけやすくなります。また、キャリアアドバイザーからのアドバイスも受けられ、自分に適した職場選びが可能です。

派遣や単発の仕事を選ぶ際には、勤務条件や報酬の確認を入念に行い、自分に合った職場かどうかを慎重に判断しましょう。

▼派遣、単発、応援ナースについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

4-6. 企業内看護師や産業保健師などレア求人を探している人

企業内看護師や産業保健師など、レア求人を探している看護師にとって、転職サイトは有益なツールです。一般的な病院の求人とは異なり、これらの特殊な職種は求人が少なく、見つけるのが難しいことがあります。

転職サイトを利用することで、これら特殊な職種の豊富な求人情報にアクセスできます。また、キャリアアドバイザーからの専門的なアドバイス☆も受けられ、希望する職種への転職を成功させるためのサポートを得ることが可能です。

レア求人は競争が激しい場合が多いので、履歴書や職務経歴書のブラッシュアップ、面接対策など、万全の準備をして臨むことが重要です。

5. 転職サイトを利用しない方がいい人

102_5-0_転職サイト利用しない方がいい人

看護師転職サイトの利用が必ずしも全ての看護師に適しているわけではありません。

この章では、転職サイトの利用を避けた方が良い可能性がある人について紹介します。

5-1. 国公立病院への転職を考えている人

国公立病院への転職を考えている人の場合、転職サイトを使わない方が良い場合があります。

国公立病院の採用は、多くの場合、公的な試験や手続きを経て行われるため、一般の転職サイトでは求人情報が限られていることが多いのです。また、これらの病院の採用プロセスは、特定の地方自治体や機関のウェブサイトで直接情報が提供されることが一般的です。

そのため、国公立病院に転職を希望する場合は、直接関連する公的機関のウェブサイトや公務員採用情報をチェックすることが重要です。

国公立病院の採用試験は専門性が高く、準備に時間が必要なことが多いです。試験内容や応募資格を事前にしっかり確認し、適切に準備を行いましょう。

5-2. 転職希望の病院や診療科が既に決まっている人

転職希望の病院や診療科が既に決まっている人は、転職サイトを使わない方が良い場合があります。

自分の希望が明確な場合、転職サイトを通じて様々な求人を検討するよりも、直接その病院や診療科への問い合わせや応募を行う方が効率的です

この方法なら、自分の希望に合わない求人を見る手間を省き、直接希望の職場とのコミュニケーションを図ることができます。また、病院の内部情報や勤務環境をより正確に把握する機会も増えるでしょう。

直接病院へ問い合わせる場合は、履歴書や職務経歴書をしっかりと準備し、自己PRができるようにしておくことが重要です。

5-3. 提案を断りづらく、他人の意見に流されやすい人

提案を断りづらく、他人の意見に流されやすい人は、転職サイトを使わない方がよいかもしれません。

転職サイトでは、キャリアアドバイザーからの積極的な求人の提案がありますが、それが必ずしもご自身の希望と一致するとは限りません

提案を断るのが苦手な人は、自分の意思とは異なる職場を選んでしまうリスクがあります。そのため、自分自身で情報を集め、自分の意志で決定する方法が望ましいです。この場合、自分で求人を探す際には、じっくりと自分に合った職場を見極める時間を持つことが大切☆です。

転職は自分のキャリアに大きく関わる重要な決断です。他人の意見に流されず、自分のキャリアプランに基づいて慎重に職場を選ぶようにしましょう。

5-4. 自分で転職活動を行いたいと考える自立志向の強い人

自立志向の強い人で、自分自身で転職活動を行いたいと考える人は、転職サイトを利用しない方がよいかもしれません。転職サイトは多くのサポートや便利な機能を提供しますが、これらは時に自分で決断を下す機会を制限することもあります。

自分で情報を収集して直接応募することで、自分の条件や希望に合った仕事を見付けることができます。また、独自のネットワークや知識を活用して転職活動を行うことは、自己成長にも繋がります

自分で転職活動を行う際は、市場の動向や各職場の詳細情報をしっかりとリサーチし、的確な判断を下すための準備が重要です。

6. 転職サイトの効果的な活用方法

102_6-0_転職サイト活用法

看護師としての転職活動を成功に導くためには、転職サイトの効果的な活用方法を理解することが重要です。

この章では、転職サイトを最大限活用するための活用法について解説します。

6-1. 複数のサイトに登録して比較検討

転職サイトを効果的に活用するための一つの方法は、複数のサイトに登録して比較検討することです

各サイトはそれぞれ異なる求人情報やサービスを提供しています。複数のサイトに登録することで、より広範な求人情報にアクセスし、自分に合った職場を見つける選択肢が増えます

各サイトのキャリアアドバイザーからのアドバイスを比較することで、より客観的な視点で転職先を選ぶことができるようになります。

複数のサイトを利用する際は、情報の整理と管理をしっかりと行いましょう。求人情報やアドバイザーの提案が重複しないように注意が必要です。

▼転職サイトの複数登録については、こちらの記事もご覧ください。

6-2. 相性の良いキャリアアドバイザーを見つける

看護師転職サイトを最大限に活用するためには、相性の良いキャリアアドバイザーを見付けることが重要です

キャリアアドバイザーは、転職活動における重要なパートナーであり、自分の希望や条件を理解し、適切なアドバイスを提供してくれます。

相性の良いアドバイザーとは、信頼関係を築きやすく、キャリアプランに沿ったサポートを受けられる関係です。また、自分の意見をしっかりと伝え、フィードバックを得ることができるアドバイザーを選ぶことが、成功へのカギとなります

キャリアアドバイザーとの相性は非常に重要です。初回の面談で自分の希望や条件を明確に伝え、その反応を見て判断しましょう。自分の意向を理解し、サポートしてくれるアドバイザーを選ぶことが大切です。

▼キャリアアドバイザーの役割については、こちらの記事もあわせてご覧ください。

6-3. 自分の希望条件を明確にして伝える

看護師転職サイトを効果的に活用するためには、自分の希望条件を明確にして伝えることが大切です

希望する勤務地、勤務時間、給与、キャリアアップの機会など、具体的な条件を事前に整理し、キャリアアドバイザーに伝えることで、より適切な求人を紹介してもらうことが可能になります。

自分の条件がはっきりしていれば、求人の選別も効率的に行え、自分に合った職場を見付ける時間も短縮されます。

希望条件を伝える際は、現実的な範囲で要望を伝えることが重要です。非現実的な条件は転職の障害になることもあるため、市場の動向を理解した上で希望を調整しましょう。

▼自己分析の方法については、こちらの記事をご覧ください。

6-4. 転職活動の進捗状況を定期的にチェック

転職サイトを効果的に活用するためには、転職活動の進捗状況を定期的にチェックすることが重要です

自分の応募状況、面接のスケジュール、キャリアアドバイザーからの連絡など、進捗を把握することで、計画的かつ効率的に転職活動を進めることができます

定期的なチェックにより、求人市場の動向や自分の立ち位置を理解することが可能になり、必要に応じて戦略を調整できます。

転職活動は思いがけず時間がかかることがあります。焦らずにじっくりと取り組むことが成功への鍵です。定期的な進捗チェックにより、焦りや不安を抑え、冷静な判断ができるようにしましょう。

▼転職活動におけるスケジュールの立て方については、こちらの記事をご覧ください。

7. 看護師転職に強い転職サイト3選

おすすめ転職サイト3選5

効転職活動において、最適な転職サイトの選択は重要なステップです。多くの選択肢の中から、どのサイトが自分に合っているかを見極めることは、一見困難に思えるかもしれません。

看護roo!」は、豊富な求人情報と手厚いサポートで、多くの看護師に選ばれています。転職の成功へ導くためのサポートが整っており、特に初めての転職活動には最適な選択と言えるでしょう。

ただ、どのサイトも担当者の良し悪しでサポートの質が変わることがあります。そのため、複数のサイトに登録して比較することが重要です。

各サービスでは求人情報の提供だけでなく、履歴書の添削や面接対策も行っています。転職活動を効率的に進めたい人は、2~3社まとめて登録するようにしましょう。

看護師転職サイトは、以下のような理由から、2~3社の転職サイトに登録しておくことで、より自分に合った転職が可能です。

複数登録のメリット
  • 様々な求人情報にアクセスでき、選択肢が格段に広がる。
  • 自分にぴったりのコンサルタントと出会う確率が上がる。
  • 他社の「非公開求人」や「独占案件」にも目を通せる。
  • 転職サイトの「弱み」を他社で補うことができる。

もし「このサイトは使えないかも」と思った場合も、メールで簡単に退会できます。ですから、転職サイトは2~3社まとめて登録し、多角的に転職活動を進めてみてください。

ここでは、JOBANUSがおすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

関連記事 【ライブラリ特集】看護師向けの転職サイトランキング12社

7-1. 看護roo!(看護ルー)

003_0-0_看護roo!|ホーム画面5
画像出典:看護roo!公式HP
看護roo!の特徴
  • 年間利用者2万人で利用満足度96%以上
  • 40,000件以上の豊富な求人
  • 履歴書と面接サポートが特に手厚い

看護roo!(看護ルー)は、看護師の転職に特化したサイトで、年間2万人以上が利用し、その満足度はなんと96%以上。業界内で高い信頼を集めています。

求人数も40,000件以上と圧倒的で、月給42万円以上や年休150日以上など、好条件の案件も豊富です。特に嬉しいのはLINEでのサポート。質問や相談がすぐにでき、応答も迅速です。

面接や履歴書のサポートも手厚く、転職活動が初めての方や不安を感じる方にも強くおすすめできます。

運営会社 株式会社クイック
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
会社の拠点 全国5拠点(東京、大阪、名古屋、横浜、神戸)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://www.kango-roo.com/career/

関連記事 看護roo!(看護ルー)評判は悪い?サービスの特徴やメリットを解説

7-2. レバウェル看護師(旧看護のお仕事)

レバウェル看護の特徴
  • 「友達に勧めたいサービス」で堂々の1位
  • 日本最大級の12万件以上の求人を提供
  • 忙しい日でも、LINEで気軽に相談可能

レバウェル看護師(旧:看護のお仕事)は、転職を考える看護師さんに手厚いサービスを提供する業界トップクラスの転職サイトです。

その信頼性から「友達に勧めたいサービスランキング」で1位に輝いています。

求人数は驚異の12万件以上あり、その数は日本最大級。加えて、病院のリアルな口コミやスタッフの声も確認できます。

そして何より、忙しい看護師さんでもLINEで気軽に相談ができ、キャリアアドバイザーからも丁寧な情報提供が受けられます。

このようにレバウェル看護師は、求職者が安心して転職活動を行える環境を整えています。

運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F、25F
会社の拠点 全国11拠点(東京、大阪、名古屋、埼玉、広島、立川、船橋、横浜、札幌、福岡、京都)
公開求人 12.3万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、助産師、保健師
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://kango-oshigoto.jp

関連記事 レバウェル看護師(旧看護のお仕事)評判は悪い?サービスの特徴を解説

7-3. 看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカーの特徴
  • 年間1万人以上の転職成功者を輩出
  • 看護師専門アドバイザーによる面接同行
  • 非公開求人を多数掲載

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、地域に精通した拠点が全国に広がり、非公開求人も豊富に取り扱っています。特に、年間10,000人もの看護師が転職に成功しており、その実績と信頼性は折り紙つきです。

独自のサービスとして、看護師専門アドバイザーが面接まで同行してくれるため、安心して転職活動ができます。

多様な雇用形態の求人も用意されているので、自分に合った働き方が見つかりやすいです。対応の速さも評価されているため、転職を急ぎたい方にもおすすめです。

運営会社 株式会社トライトキャリア
本社所在地 大阪市北区曽根崎2-12-7 清和梅田ビル13階
会社の拠点 全国20拠点(札幌、仙台、東京、横浜、大宮、船橋、高崎、新潟、名古屋、静岡、大阪、京都、神戸、広島、高松、岡山、福岡、熊本、鹿児島)
公開求人 5.6万件
対応年齢 20代 30代 40代 50代
求人職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師、管理職
対応地域 全国
料金 無料
公式サイト https://iryouworker.com/

関連記事 看護師ワーカー 評判は悪い?面接同行やサービスの特徴を解説

8. 転職サイトの活用に関する質問

102_8-0_利用に関するQ&A

看護師転職サイトの利用には多くの疑問や不安が伴うことがあります。

この章では、看護師転職サイトの利用に関するよくある質問に答え、看護師さんの疑問を解消するための情報を提供します。

Q1: 複数の転職サイトに登録する必要はありますか?

複数の転職サイトに登録することは、看護師の転職活動において有効な戦略の一つです。異なるサイトにはそれぞれ特色があり、独自の求人情報やサービスが提供されています

複数のサイトを利用することで、幅広い選択肢から自分に合った職場を探すことが可能になります。また、サイトごとに異なるキャリアアドバイザーの意見を参考にすることで、より多角的な視点から転職を考えることができます。

Q2: 看護師転職サイトの利用は無料ですか?

看護師転職サイトの利用は、基本的に無料です。求職者にとって料金が発生することはなく、求人情報の閲覧、キャリアアドバイザーとの相談、応募手続きなど、サイトの主要なサービスはすべて無料で提供されています。

転職サイトの運営費用は、主に採用企業からの広告料や成功報酬で賄われており、求職者に費用負担は求められません。したがって、看護師の方々は安心して、様々な転職サイトのサービスを利用することができます

Q3: 転職サイトを通じての就職で祝い金はもらえますか?

転職サイトを通じての就職で祝い金がもらえるかという質問に関しては、転職サイトでは、祝い金の制度は提供されていません

転職サイトの主な役割は、看護師の皆さんが希望に沿った職場を見つけるためのサポートを提供することにあります。したがって、転職サイトを利用しての就職では、通常、祝い金は支払われません

転職活動の際には、祝い金の有無ではなく、職場の条件やキャリアの発展の可能性など、他の重要な要素に注目して選択することが望ましいです。

Q4: 転職サイトは登録だけでも問題ないですか?

転職サイトに登録するだけでも、全く問題ありません。登録は、転職サイトが提供する情報やサービスを受けるための第一歩です。登録後、積極的に求人を探すことも、情報収集のためだけに利用することもできます

多くの看護師は、実際の転職活動を始める前に、市場の情報を得たり、どのような求人があるかを知るために転職サイトを利用します。

ただし、キャリアアドバイザーへの相談や履歴書の作成支援などのサービスは会員登録が必要です。これらのサービスを利用することで、より効率的かつ効果的な転職活動が可能になるため、会員登録することをお勧めします

Q5: 地方に住んでいる場合も転職サイトを利用できますか?

地方にお住まいの方でも、転職サイトを利用することは十分可能です。多くの転職サイトは全国各地の求人情報を扱っており、地方の病院やクリニック、介護施設など様々な勤務地の求人を紹介しています。また、オンラインでの面談や求人情報の閲覧ができるため、地理的な制約に関係なく転職活動を行うことができます。

地方の求人特有の情報や条件など、地域に精通したキャリアアドバイザーからのサポートも期待できるため、自宅近くの求人だけでなく、広範囲の選択肢を考慮することが可能です

Q6: 転職サイトの登録が現職に知られる心配はありますか?

転職サイトの登録が現職に知られる心配はありません。ほとんどの転職サイトは、利用者のプライバシーを厳守し、情報の秘密保持に最大限配慮しています

登録時に提供される個人情報は、サイト内での求人検索やキャリアアドバイザーからの連絡など、転職活動に必要な目的でのみ使用され、第三者に漏れることはありません。このため、現職に在籍中でも安心して転職サイトを利用することができます。

まとめ

今回の記事では、看護師の転職における転職サイトの利用について詳しく解説しました。

看護師が抱える転職に関する悩みや疑問に対して、本記事の重要なポイントをまとめると以下のとおりです。

本記事のポイント
  • 転職サイトの利用時の注意点
    転職サイトを利用する際の自由度の制限や、キャリアアドバイザーの専門性に注意が必要です。
  • 自分に合った仕事を見つける方法
    転職サイトを使わない場合のアプローチや、自分の条件に合った職場の探し方を理解することが大切です。
  • キャリアアドバイザーとの良好な関係の築き方
    効果的な転職のためには、適切なアドバイザーとのコミュニケーションが鍵です。
  • 転職を成功させるための具体的なステップ
    効率的で成功率の高い転職活動のための具体的なステップについて説明しています。

最も重要なことは、個々の看護師のニーズに合った職場を見つけるために、転職サイトの利用方法を理解した上で適切に活用することです。また、転職成功のためには、看護師転職サイトの利用が非常に有効です。

JOBANUSがおすすめする看護師転職サイト3社は以下のとおりです。

ぜひこの記事の転職を成功させるためのポイントを参考に、職探しにチャレンジしてください。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました