転職したけどすぐに辞めたい…|看護師が新しい職場に馴染めないときの対処法

083_0-0_アイキャッチ画像 転職活動前

新しい職場で働き始めたけれど、なかなか馴染めずに困っていませんか?

転職する前には、多くの人が情報収集をします。しかし実際に働き始めると、予想と違うことはあるものです。

そんな時、対処法を知っていれば馴染めなくてもパニックに陥る心配がなくなるでしょう。

そこで本記事では、すぐに辞めたいと悩んでいる看護師さん向けに対処法をご紹介します

駒田
駒田

万が一にも転職直後に後悔した時は、ぜひ参考にしてください。

新しい職場に馴染めない方は看護師転職サイトを利用しよう!

新しい職場に馴染めず困っている看護師さんは、『看護師転職サイト』を利用することをオススメします。

看護師転職サイトを利用すると、転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの悩みを親身になって聞いてくれます。また、悩みの解決に転職が必要と判断されれば、あなたにベストマッチな求人を紹介してくれます。

こちらでは、利用者から高い評価を得ている看護師転職サイトを3社お伝えします。まずは、この中から1~3社登録するのがおすすめです。

看護師さんにオススメ転職サイト

順位 転職サイト 登録 総合評価 特徴
王冠|第1位第1位 アイコン|看護roo!関連記事
4.8/5.0
  • 利用満足度96%
  • 常に5万前後の求人を掲載
  • 非公開求人業界トップクラス
王冠|第2位第2位 アイコン|レバウェル関連記事
4.8/5.0
  • 友達に勧めたいサービスNo1
  • 約12万件の求人を保有
  • 医療機関の内部情報に精通
王冠|第3位第3位 アイコン|医療ワーカー3関連記事
4.8/5.0
  • 4年連続支持率1位
  • 保有求人数トップクラス
  • Web面接履歴書添削を実施

その他、看護師転職サイトの特徴や看護師転職サイトランキングを知りたい方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

関連記事

【看護師転職サイト】おすすめランキング12選|採用担当者が25評価項目を基に徹底比較

この記事を書いた人

駒田 太一

▶市立病院の総務課へ5年間出向し、医師・看護師の給与支給、福利厚生業務などを担当した。
▶現在は出向元に戻り、人事部で職員採用、定員管理、研修の立案・実施などを担当している。

駒田 太一をフォローする

1. 看護師が転職後にすぐ辞めても大丈夫?

新しい職場で働き始めたけれど、なんとなく肌に合わないということは珍しくありません。看護師という仕事でなくても、起こる可能性は十分にあります。

それでは、働き始めたばかりなのに、すぐ辞めるという選択肢はあるのでしょうか?

1-1. 退職は2週間前に意思表明すればOK

雇用期間に特別な定めがなければ、退職の申入れから2週間が経過すると雇用契約は終了します。これは民法が定めたもので、働き始めたばかりの使用期間中も適用されます。

民法 第627条第1項

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する

仕事をまだ覚えていないから、即日退職できるわけではありません。その点は、注意したほうが良いでしょう。

働き始めたばかりで辞めると、ネガティブな印象を与えてしまいます。「嫌なことがあったら我慢できない人なのかな」と思われてしまうかもしれません。

駒田
駒田

このようなネガティブな印象は、次の仕事探しに影響することもあります。

すぐに辞める場合は、最低でも2週間前に予告をすればOKです。しかし、その先の仕事探しにどんな影響を与えるかを考えた上で決めてください。

1-2. 試用期間中であれば辞めやすい

前述のとおり、民法では辞めるときに最低でも2週間前の予告が必要と定めています。

しかし、これは業務の引き継ぎなどを想定した最低ラインです。

働き始めたばかりの人は、業務を誰かに引き継ぐという作業はありません。また、仕事を覚えていないので、すぐに退職しても業務に大きな影響はないでしょう。つまり、仕様期間中は比較的辞めやすいと言えます。

病院によっては、2週間を待たずして「もう来なくて良い」と言われるかもしれません。仕事ができないうえに、既に辞めると分かっている人は戦力にならないからです。

ただし、全ての病院で辞めたいと思ったらすぐに辞められるわけではありません。具体的な対処方法は病院によって異なりますので、注意が必要です。

2. 次の仕事探しに不利になる?

すぐに辞めたいと考えている看護師さんは、退職後のことを考える必要があります。それでは、入職してすぐに辞めると次の仕事探しに影響があるのか、見ていきましょう。

2-1. もともと看護業界は人の出入りが激しい

看護業界は、他の業界と比べて人の出入りが激しいという特徴があります。

スキルアップやキャリアアップのために職場を変える人は、それほど珍しくありません。そのため、職場を変えることが大きなマイナスになるリスクは少ないと言えます。

特に看護師は全国的に不足してます。前職をすぐに辞めても、即戦力になりそうな人なら採用してくれる病院は多いです。

他の職種なら大きくマイナスになっても、看護師ならそれほど問題になりません。これは、すぐに辞めたいと悩んでいる人にとっては、大きな安心感となるでしょう。

2-2. 頻繁に転職していなければ問題ない

転職回数が他の業界と比べて多めの看護業界であても、多過ぎると印象が悪くなります。ただ、頻繁に職場を変えていなければ大きな問題とはならないでしょう。

例えば、辞め癖が付いてしまって半年に1回職場を変えている、というケースはマイナス評価になります。一方、前職はすぐに辞めたけれど、その前の職場は数年間勤務していた場合はどうでしょう。

このような場合は、勤続年数および職場を変えた回数を総合的に判断してくれます。そして、「前職は合わなかったのかもしれない」と考えてくれるでしょう。

2-3. 新卒・第二新卒は今後の伸びしろを考慮してくれる

新卒や第二新卒は、職場をすぐに辞めると看護師としての経験値はゼロに近いです。

病院は、教育研修を通じて真っ白な状態から戦力になるまで看護師を育てる必要がありますが、「変な癖が付いていない」という点では、プラスのポイントと捉えることができます。

また、「伸びしろが期待できる」という点においても、新卒や第二新卒にはメリットがあります。経験もスキルもゼロな若手看護師なら、ポテンシャルを評価してもらえます。

ただし、新卒や第二新卒であっても、転職回数が増えるとマイナス評価になるので、注意しましょう。

2-4. 誰もが納得できる理由であれば問題ない

すぐに辞めることは、決して理想的な辞め方ではありません。しかし、理由によっては必ずしもマイナスというわけでもないのです。

前職をすぐに辞めると、その次の面接では必ず退職理由を質問されます。その時に、誰もが納得できる理由であればマイナス評価となる心配はないでしょう。

なんとなく合わなかった、という漠然な理由は、残念ながらNGです。面接官を納得させるためには、明確で納得できる理由が必要不可欠になります。

駒田
駒田

例えば、次のような理由なら、納得してもらえるでしょう。

  • 「求人内容と労働条件が違っていた」
  • 「〇〇のスキルを身に着けたいから」
  • 「明確な評価基準のもとで働きたいから」
  • 「チームで一体感を持ちながら働きたいから」

3. 転職後すぐに辞めるリスク2つ

短期間で離職することは、好ましいものではありません。退職する理由によっては、次の仕事探しに影響が出るリスクもあります。

そのため、もしもすぐにやめたいと考えている人は、次の2つのリスクを理解した上で、慎重に行動しましょう。

3-1. 辞め癖がついてしまう

最も大きなリスクは、辞め癖がついてしまうという事かもしれません。

嫌なことがあっても辞めたら解放されると考えると、逃げ癖が付くのです。その結果、自身で解決できることでも解決する努力を放棄して、すぐに退職の道を選ぶかもしれません。

辞め癖がつくことは、看護師自身にとって次のマイナス面があります。

  • スキルや経験値を高められない
  • 問題解決能力が養えない
  • 問題に向き合わずに逃げる印象を与える
駒田
駒田

頻繁に職場を変えている人は、病院は採用したくないというのが本音です。

3-2. 短期間で辞めると書類選考や面接で不利になる

明確な理由があれば、すぐに辞めても面接官に納得してもらうことは可能です。しかし、面接前の書類選考で不採用となることは、否めません。

書類選考を通過して面接までたどり着いてたとしても、退職理由について聞かれることは確実です。

面接官に納得してもらえる明確な理由を、分かりやすく説明しなければいけません。また、さらに突っ込まれた質問を受ける可能性もあります。もし上手く説明できなければ、マイナスの印象を与えるでしょう。

短期間で辞めることは、ケースバイケースでそれほど問題にならない可能性はあります。しかし、不利になる可能性が大きいことは、理解しておきましょう。

4. 短期間で辞めるべきかの判断基準

合わない職場で長く働き続けることは、精神的な苦痛以外の何物でもありません。しかし、合わないからと言ってすぐに辞めることが、必ずしも正解ではないでしょう。

それでは、辞めるべきかどうかを判断するには、どんな基準で考えたら良いのか、詳しくお伝えします。

4-1. 入職ギャップの原因分析できているか

なぜ辞めたいのか、その理由や原因を明確にすることは、次の仕事探しでは必要不可欠です。

なんとなく辞めたいという気持ちが芽生えたというのは、残念ながら不十分です。明確に入職前後のギャップを分析し、同じ失敗を繰り返さない対策が必要です。

入職ギャップの原因分析は、次の仕事探しをする上でも役立ちます

面接では、前職をすぐに辞めた理由は必ず聞かるでしょう。明確に納得できる説明ができれば、マイナスの印象を与えずに採用されやすくなります。

しかし、原因をきちんと分析できていないと、面接官にマイナスのイメージを持たれるでしょう。不採用の結果となってしまうのは、そうした部分に原因があるのかもしれません。

4-2. 転職で現在の悩みが解決できるか

辞める理由によっては、職場を変えても同じ問題に直面するかもしれません。その場合には、職場を変える解決方法ではなく、その職場で問題解決する方が得策です。

どんな悩みで辞めたいと考えているのかによって、退職がベストかどうかは異なります。

例えば人間関係のトラブルなどは、職場を変えても根本的に解決できないかもしれません。新しい職場で再びトラブルになったら、また仕事を変えるのでしょうか?それは本人にとっても病院側にとってもマイナスでしかないでしょう。

そうした根本的な理由を分析した上で、退職が最適かどうかを判断しなければいけません。

4-3. 職場の異動で解決できないか

大きな病院なら、退職しなくても職場内の異動という形で解決できる可能性があります。

やりたかった仕事とは異なる部署になるかもしれません。しかし、退職しても解決できないなら、そうした解決方法も模索することをおすすめします。

働き始めてすぐに退職することを何度もしていると、仕事探しではマイナスとなります。そのため、辞めたいけれど退職がベストの選択肢ではないと考える人もいるでしょう。

そんな時には、人事へ相談して職場内の異動をまずはリクエストするのが良いでしょう。それができなければ、退職も含めて検討すれば良いのです。

4-4. 心身に不調をきたしていないか

合わない職場で長く働き続けることは、精神的なストレスが大きくなってしまいます。辞めたいけれど辞めることがベストか分からないという気持ちは、健康的ではありません。

もしも続けることで精神的負担が大きくなるのなら、辞めるという選択がベストです。精神的なストレスを放置していると、やがては鬱などの精神疾患になるリスクがあります。

そうなってしまうと、キャリアやスキルなどの心配をすることはできません。働きたいという気持ちを叶えることもできなくなってしまうかもしれません。

退職することのマイナス面はありますが、心身に不調をきたしているなら話は別です。まずは健康第一を考えましょう

5. まとめ

今回の記事では、働き始めた直後に辞めることの影響やリスクについて説明しました。

辞める原因によっては、必ずしもマイナスになることはありません。しかし、それはあくまでも面接官にどのような心象を与えられるかによって変わります。

合わない職場で我慢しながら働き続けることは、精神的な負担が大きくなる原因です。対処法を知っていれば、自身にとってベストな選択ができるのではないでしょうか。

ぜひこの記事で紹介した対処法を念頭に入れて、自身に最適な行動をしてください。以上、最後までお読みいただきありがとうございました。


JOBANUSがおすすめする看護師転職BEST3

転職した看護師さんの4人に1人は転職サイトを利用していることをご存知ですか?そこで、JOBANUSが自信を持っておすすめする看護師転職サイトを3社ご紹介します。

駒田
駒田

会員登録は3分程度で済みますし、気に入らなければメールで簡単に退会できますので、気軽に登録してみてくださいね♪

登録はとっても簡単!3分完了

順位 転職サイト 登録 総合評価 特徴
王冠|第1位第1位 アイコン|看護roo!関連記事
4.8/5.0
  • 利用満足度96%
  • 常に5万前後の求人を掲載
  • 非公開求人業界トップクラス
王冠|第2位第2位 アイコン|レバウェル関連記事
4.8/5.0
  • 友達に勧めたいサービスNo1
  • 約12万件の求人を保有
  • 医療機関の内部情報に精通
王冠|第3位第3位 アイコン|医療ワーカー3関連記事
4.8/5.0
  • 4年連続支持率1位
  • 保有求人数トップクラス
  • Web面接履歴書添削を実施

こちらでは、厳選した3社をご紹介しましたが、他の看護師転職サイトも見たい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

≫【看護師転職サイト】おすすめランキング12選|採用担当者が25評価項目を基に徹底比較

タイトルとURLをコピーしました