看護師転職|病院見学で必要な持ち物|当日の持ち物リスト付き

059_0-0_アイキャッチ画像 転職活動中

PR 当サイトはマイナビ・リクルート等複数の企業のサービスを紹介しており、アフィリエイトプログラムにより売上の一部が運営者に還元される場合があります。また、記事に掲載されている口コミは、看護師の皆様から寄せられた声の一部を掲載しています。

病院見学を控えており、何を持って行くべきか分からず悩んでいる方はいませんか?

病院からの指示がない場合、当日の持ち物で迷うと思います。見学時の服装によっても必要な物は異なります。しかし、基本的な持ち物リストを知っておけば、解決可能です

本記事では、病院見学に参加する看護師さん向けに、持って行くべき物をご紹介します。持ち物に関するよくある疑問も解説します。これを知れば、あなたも準備を整えた上で見学に参加できますよ。

\ 転職サイトおすすめ3選 /
転職サイトおすすめ3選l看護roo!2 転職サイトおすすめ3選lレバウェル看護師2 転職サイトおすすめ3選l看護師ワーカー2

この記事を書いた人

駒田 太一

医療機関の人事担当として活躍中。過去5年間、市立病院で医師・看護師の給与支払いや福利厚生業務を経験し、現在は職員採用や研修の立案・実施を行っています。医療現場の深い理解と経験を基に、看護師の皆様への信頼性の高い情報提供を心掛けています。

駒田 太一をフォローする

1.病院見学の持ち物リスト

病院見学で必要な持ち物を、申込みの時点で教えてくれる病院は多いです。ホームページや資料に記載されているケースもあります。事前に必ず確認して、指示に従いましょう。

指定がない場合は、何を持って行くべきか分からず不安を感じるかもしれません。しかし、不安だからといって持ち物が多すぎると邪魔になります。

一般的に必要とされる持ち物を理解して、最低限の物を準備しましょう。なお、スーツで参加する場合と白衣を身につけるケースで持ち物は変わります。

1-1. スーツ着用時|病院見学の持ち物

55_2-3_当日の持ち物

まずは、基本的な持ち物をチェックしましょう。最低限以下の物があれば、特に困ることはありません。指定された物も、忘れずにカバンに入れましょう。

他に必需品があれば持参してもかまいませんが、なるべく身軽で行くのがおすすめです。

A4サイズの書類が入るカバン
病院見学には身軽で行くべきですが、あまりにも小さいカバンだと荷物が入りません。病院から渡される、パンフレットや資料なども収納する必要があります。

折って入れるべきではないため、A4の紙がそのまま入るサイズがぴったりです。スーツと一緒に購入した、ビジネス用バッグなどが適しているでしょう。持っていなければ、シンプルで地味な色のカバンを選びます。

駒田
駒田

リュックはたくさんの荷物が入りますが、フォーマルなシーンには適しません

メモ帳・筆記用具
メモ帳と筆記用具も必須アイテムです。説明会やレクリエーションでは、重要なポイントや質問事項をメモします。見学中もメモをとるシーンは多いです。歩きながらでも書きやすい、機能的なメモ帳を選びましょう。

書類にサインするケースがあるので、筆記用具は黒色のボールペンが適しています。インクが切れていないか、事前に確認することが大切です。

白いマスク
病院では、院内感染を防止する必要があります。病院を利用している患者さんに配慮して、マスクの持参は欠かせません。カラフルなマスクや模様入りのデザインではなく、無地の白色を選びましょう。

布製ではなく、不織布マスクを指定される可能性もあります。念のため数枚持って行くと安心です。

印鑑(シャチハタOK)
病院によっては、見学時に誓約書などの記入が必要です。ボールペンでの署名だけでなく、押印を求められるケースもあります。対応できるよう、カバンに印鑑を入れておくことが大切です。

駒田
駒田

基本的にはシャチハタでも問題ありません。

1-2. 白衣着用時|病院見学の持ち物

59_1-2_白衣着用時の持ち物

見学時、スーツではなく白衣の着用を求められる場合もあるでしょう。病院で着替える必要があるため、スーツの場合よりも荷物は増えます

忘れ物がないよう、前日までにしっかりと確認してください。持っていない物があれば、早めに揃えることが大切です。

白い無地の白衣
白衣は、基本的に白色の無地を選ぶのがおすすめ。清潔感や落ち着いた印象を与えます。手持ちの白衣が白以外の場合、薄い青などであれば問題ないでしょう。

駒田
駒田

一方で、派手な色や奇抜なデザイン、ポップなプリント入りの白衣はおすすめできません。

名札
名前が分かるよう、名札も忘れずに持参します。小さいアイテムなので、あらかじめ白衣に付けておくのがおすすめです。白衣に名前が刺繍されている場合、名札が不要なケースもあります。

ナースシューズ・白系のスニーカー
病院見学では病棟内を歩き回るでしょう。働いている方や患者さんの迷惑にならないよう、足音には気をつける必要があります。

基本的には、普段履いているナースシューズで対応可能です。持っていなければ、白色のシンプルなスニーカーを選びます。

靴下 ・ストッキング
白衣を着用する際、靴下やストッキングは必須アイテムです。どちらも、無地でベーシックなデザインが適しています。

2. 病院見学の持ち物に関するQ&A

ここからは、看護学生の持ち物と履歴書や証明写真の必要性を解説します。ただし、学校や病院からの指示に従うことを最優先にしてください。不安な場合は直接問い合わせることが大切です。

Q1:看護学生の病院見学の持ち物は?

看護学生が病院見学に参加する場合、一般的には白衣を着ます。学校で使用している白衣とナースシューズを持って行けば、特に問題ありません。この他、メモ帳やマスクなどの基本アイテムも持参します。病院からの指示に従い、学生証も忘れずに携帯しましょう

Q2:病院見学に履歴書・証明写真は必要?

病院見学に対する考え方は、病院によってさまざまです。あくまでも見学だけを行う病院もあれば、転職の面接を兼ねているところもあります。病院の規模や参加人数にも左右されるでしょう。

履歴書や証明写真を持参すると、面接にも対応できます。見学によって志望度が高まることも考えられるので、念のため用意しましょう

3.まとめ

今回の記事では、看護師の病院見学の持ち物についてご説明しました。必要なアイテムが分かり、今までよりも迷いがなくなったのではないでしょうか?

きちんと用意すれば忘れ物を防げるので、ぜひこの記事を参考に準備してください。もしも、足りない物があると気がついたら、間に合うように用意しましょう。履歴書の提出を求められた場合は、特に早めに対応する必要があります。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました